オーストラリアで究極のワイナリー体験

オーストラリア全土にはワイン産地が65ヵ所以上あり、2,400を超えるワイナリーがあちこちに点在しています。 オーストラリアのワイン産地では、100品種以上のブドウが栽培され、世界中で毎日グラス3,000万杯以上ものオーストラリア産ワインが消費されています。 オーストラリアには、1850年代に植樹された世界最古のブドウの木があります。 オーストラリアで究極のワイナリー体験
オーストラリアで究極のワイナリー体験
Site Requires Javascript - turn on javascript!

オーストラリアで究極のワイナリー体験

「オーストラリアで究極のワイナリー体験」では、オーストラリアの有名なワイン産地にあり、受賞歴を誇る素晴らしいワイナリーの数々をご紹介します。

オーストラリア全土にはワイン産地が65ヵ所以上あり、2,400を超えるワイナリーがあちこちに点在しています。 オーストラリアのワイン産地では、100品種以上のブドウが栽培され、世界中で毎日グラス3,000万杯以上ものオーストラリア産ワインが消費されています。 オーストラリアには、1850年代に植樹された世界最古のブドウの木があります。 

「オーストラリアで究極のワイナリー体験」では、オーストラリア有数のワイン産地にある受賞歴を誇る素晴らしいワイナリーの数々をご紹介します。また、ワイナリー以外のさまざまな体験の情報も提供します。 

ここで紹介するワイナリーは、単にワインのテイスティングをして、ワインを購入するだけの場所ではありません。 レストラン、イベント、アート、醸造工程を見学する興味深いツアー、プライベート・テイスティング、ワイン講習、ワインに合う料理の試食といったさまざまな楽しみを、オーストラリア屈指の雄大な景色の中で満喫できます。

Leeuwin Estate Winery, Margaret River, WA

Leeuwin Estate Winery, Margaret River, WA

Voyager Estate, Margaret River, WA

Voyager Estate, Margaret River, WA

マーガレット・リバー、西オーストラリア州

リーウィン・エステート

リーウィン・エステートは、上質なワインの産地として世界的に有名な西オーストラリア州のマーガレット・リバーにあります。 マーガレット・リバーは、白ワインの産地として名高く、特にシャルドネとセミヨン・ソービニョンのブレンドに定評があります。 リーウィン・エステートは、最高品質のワインの生産者として国際的に評価されています。 ここでは、シャルドネ、ソービニョン・ブラン、シラーズ、リースリング、セミヨンといった品種を栽培しています。 

1979年に初めての商用ビンテージ・ワインを販売すると、またたく間に世界的に注目されるワイナリーとなりました。 現在は、30ヵ国以上にワインを輸出しています。 

リーウィンの「アート・シリーズ(Art Series)」のワイン・ラベルも有名です。 リーウィン・エステートのアート・ギャラリーには、ワイン・ラベルのデザインを手がけているオーストラリアを代表する現代芸術家たちの絵画が100点以上展示されています。 ワインセラーを訪れて、ワインとそれに合う料理を気取らない雰囲気の中で楽しむことができます。 ワインの醸造工程を見学し、いろいろなワインの試飲もできます。 

受賞歴のあるリーウィン・レストラン(Leeuwin Restaurant)では、海と森を背景にブドウ畑がなだらかに続く雄大な景色を見ながら、地元産の食材を活かした料理を堪能しましょう。 年間を通じて、料理クラス、ワイン・ディナー、毎年恒例の野外サマー・コンサートなど、さまざまな特別イベントが開催されます。 

リーウィン・エステートは、パース(Perth)中心部から車で約3時間でたどり着けます。 飛行機をチャーターして、パースからリーウィンの専用飛行場まで45分間の遊覧飛行を楽しめば、忘れられない旅の思い出を作ることができます。

ボイジャー・エステート

西オーストラリア州の南西端に位置するマーガレット・リバーは、オーストラリア最大で最も特徴的なワイン産地の1つです。 土壌、微気候、地形、海からの影響などが、世界最高級ワインの生産に理想的な環境を作り上げています。 

ケープ・ダッチ様式の建築物、壮大な庭園、印象的なワイン・ルーム(Wine Room)、受賞歴を誇るレストランなど、マーガレット・リバーのボイジャー・エステートは独創的な体験をできるワイナリーです。 設立当初から、マーガレット・リバーの他のワイナリーにはない体験を提供することをビジョンに掲げてきました。 

20年以上の間、ボイジャー・エステートのワイン作りの哲学は繊細な醸造技術の中に生きています。洗練されたバランスと複雑な風味を醸し出す上質のワインは高い評価を得ています。 ボイジャー・エステートは、主にカベルネ・ソービニョン・メルロー、シャルドネ、シラーズ、ソービニヨン・ブラン・セミヨン、シュナン・ブラン、カベルネ・メルローといった品種のワイン作りをしています。 また、ワイン樽の並ぶ地下のワインセラーは国内最大規模を誇ります。 

ボイジャー・エステートのワイン・ルームでは、新しいワインを発見したり、醸造工程について学習したりできます。 オープンエアのバスで敷地内を巡る見学ツアーに参加すると、ガイドが案内するワイン・テイスティングやレストランでのランチを楽しむことができます。 南アフリカのケープ・ダッチ様式に従って手入れされた、見事な庭園や芝生も目を楽しませてくれます。 

ボイジャー・エステートのレストランは、高い天井、アンティークな木製家具、暖炉、真ちゅうのシャンデリア、特別にあつらえたオランダ風の食器類で彩られた壮麗な建築が自慢です。 レストランのメニューは季節によって変わり、地元の生産者から入手する厳選食材を使用しています。 毎日営業しており、朝と午後のティー・タイムにも利用できます。 

マーガレット・リバーは、パースから約270km(車で3時間)の場所にあります。

Jacob's Creek, Barossa Valley, SA

Jacob's Creek, Barossa Valley, SA

Solero Wine and Canape Tasting at Seppeltsfield Estate, SA

Solero Wine and Canape Tasting at Seppeltsfield Estate, SA

バロッサ・バレー、南オーストラリア州

ジェイコブス・クリーク

ジェイコブス・クリーク・ビジター・センター(Jacob's Creek Visitor Centre)は、国内有数のワイン産地である南オーストラリア州バロッサ・バレーに位置し、ジェイコブス・クリークのワイン・ブランドを支える拠点です。アデレード(Adelaide)中心部からは車でわずか1時間の場所にあります。 このセンターは、オーストラリアを代表するワイナリー観光地として知られ、ベスト・メジャー・ツーリスト・アトラクション(Best Major Tourist Attraction)を3年連続で受賞した後、2010年にはサウス・オーストラリアン・ツーリズム・ホール・オブ・フェーム(South Australian Tourism Hall of Fame)で殿堂入りを果たしました。その他にも、2011年度オーストラリアン・ツーリズム・アワード(2011 Australian Tourism Awards)でベスト・ツーリズム・レストラン(Best Tourism Restaurant)、ベスト・ツーリズム・ワイナリー(Best Tourism Winery)を受賞しています。 

このセンターでは、料理とワインの絶妙な組み合わせやブドウ園や丘の素晴らしい風景を堪能できる、忘れられない食の旅を体験できます。 息をのむような美しい建物には、持続可能性、リサイクル、省エネルギーの原則にもとづいて、環境に配慮した設計が施されています。 

ジェイコブス・クリークは、バロッサ・バレー初の商用ブドウ園です。 このブドウ園は、近くに流れていた川の名前を取って名づけられました。 今日、このワイナリーでは、シラーズ、ソービニョン、セミヨン、リースリング、カベルネ・メルロー、シャルドネなどの品種のワインを生産しています。 

ジェイコブス・クリーク・ビジター・センターを訪れたら、受賞歴のあるジェイコブス・レストラン(Jacob's Restaurant)のゆったりとした雰囲気の中で、料理とワインの絶妙な組み合わせを堪能できるランチを楽しみましょう。 デッキでは、ブドウ園やバロッサ山脈(Barossa Range)のパノラマを眺めながらワイン・グラスを傾ける、ぜいたくな時間を過ごすことができます。 ブドウ園見学ツアーでは、ブドウ栽培やワインの醸造について詳しく知ることができます。 料理クラスへの参加や、ジェイコブス・クリークの岸辺でピクニックといった楽しみ方もあります。 

バロッサ・バレーまでは、アデレードから車で約1時間です。

セッペルツフィールド・ワイナリー

セッペルツフィールドは、1851年設立の歴史を誇るオーストラリアの代表的なワイナリーです。 

セッペルツフィールドの豊かな遺産は、雄大なワイナリーの観光の見どころでもあります。 このワイナリーと復元された村は、創設者ジョゼフ・セッペルツ(Joseph Seppelt)とその息子ベノ・セッペルツ(Benno Seppelt)のビジョンを今も忠実に守っています。 ブドウの段々畑の中腹に1888年に建てられた、歴史あるグラビティ・フロー・ワイナリー(Gravity Flow Winery)は修復され現在も使用されています。 このワイナリーは、主にカベルネ・ソービニョン、グルナッシュ、シラーズ、トゥリガ、サンジョベーゼ、ネロ・ダーヴォラ、パロミノといった品種のワインを生産しています。 

セッペルツフィールドは、100年物のシングル・ビンテージを毎年販売する世界で唯一のワイナリーです。 1878年から現在まで途切れることのないビンテージ・コレクション「センテニアル・コレクション(Centennial Collection)」が広く知られています。 セッペルツフィールド・センテナリー・ツアー(Seppeltsfield Centenary Tour)では、セッペルツフィールド・センテニアル・セラー(Seppeltsfield Centennial Cellar)を見学し、ワイン樽から直接注がれた自分の生まれ年のトーニー・ポートを試飲できます。 グラビティ・フロー・ワイナリーで作られた上質の赤ワインや、有名な100年物のビンテージ・ポートも試飲できます。 

また、樽工場を見学したり、歴史を感じさせる庭園を散策したりする楽しみもあります。ピクニック場の伝統的な売店では、ドイツ・スタイルのビールを楽しむことができます。

Penfolds Magill Estate Winery, Adelaide, SA

Penfolds Magill Estate Winery, Adelaide, SA

アデレード・ヒルズ、南オーストラリア州

ペンフォールズ・マギル・エステート

アデレード・ヒルズは、オーストラリアで最も活気のある冷気候ワインの産地です。独特の上質なワイン、特徴的なブドウ栽培、壮大な風景で世界的に知られています。 

ペンフォールズは、オーストラリアでワイン醸造開始当初から著名なワイナリーで、最上級ワインの生産で国際的に定評があります。 

歴史を誇るマギル・エステート・ビニヤード(Magill Estate Vineyard)は遺産登録されており、1844年にクリストファー・ローソン医師(Dr Christopher Rawson)とメアリー・ペンフォールド(Mary Penfold)によって設立されました。アデレード市の建設からわずか8年後の出来事でした。 

元々、このブドウ園はグランジ・ビニヤード(Grange Vineyard)と呼ばれていましたが、これは彼らの新しい邸宅「ザ・グランジ(The Grange)」にちなんで名づけられたものです。このコテージは、現在もブドウ畑の中にそのままの姿で残されています。 その後、このブドウ園はオーストラリアの最上級ワインとして有名なペンフォールズ・グランジ(Penfolds Grange)を作るブドウを生み栽培することになります。 このブドウ園に最初に植えられたのは、南フランスから持ち込まれた挿し木から生まれたグルナッシュでした。 

このワイナリーは、165年以上前にオーストラリア人の家庭にペンフォールズ・ワインを広めようとした設立者の開拓者精神を今も受け継ぎ、その魅力と個性を守り続けています。 

現在では、シラーズ、シャルドネ、カベルネ・ソービニョン、サンジョベーゼ、ピノ・ノワール、トラミネール、ピノ・グリ、テンプラニーリョ、ヴィオニエ、グルナッシュ、ムールヴェードル、リースリング、メルロー、セミヨン、ソービニョン・ブランといった品種を栽培しています。 

ペンフォールズ・マギル・エステートの伝統を学ぶツアーに参加すると、オーストラリアのワイン産業の歴史、哲学、精神に触れることができます。 興味深い地下トンネル、ワイナリーの原点となったコテージ、歴史的遺産であるブルーストーンのワインセラーを見学した後には、ペンフォールズの有名な高級コレクションの試飲を楽しみましょう。 

アデレード・ヒルズのワイン産地は、アデレード中心部から車で約15分のマウント・ロフティ山脈(Mount Lofty Ranges)の近くにあります。

Chapel Hill Winery, McLaren Vale, SA

Chapel Hill Winery, McLaren Vale, SA

The Blending Bench, d’Arenberg Winery, McLaren Vale, SA

The Blending Bench, d’Arenberg Winery, McLaren Vale, SA

マクラーレン・ヴェイル、南オーストラリア州

ダーレンベルグ

なだらかに続く丘、絵のように美しい海岸線に挟まれたマクラーレン・ヴェイルの地中海性気候は、ブドウ栽培に理想的な条件を作り出しています。 シラーズはこの産地で栽培される最も重要なブドウ品種で、この地域のワイン生産のおよそ半分を占めています。 この地域の気候と土壌が味の濃い果実を育て、ボトル内で数十年にわたって熟成する深い紫色のワインが生産されます。 

1912年に設立されたダーレンベルグは、マクラーレン・ヴェイルで最も優れたワイナリーの1つです。 ダーレンベルグのワインは、1970年代までに国内外で高い評価を確立しました。 

ダーレンベルグでは、伝統的なワイン醸造工程を守り続けています。 ワインは少量ずつで醸造され、マクラーレン・ヴェイル地域の本来の味わいを閉じ込めています。 ブドウはすべてバスケット・プレスで搾汁されます。 赤ワインは今も伝統的な方法で発酵させて、古くからのブドウの足踏みも行っています。 

ワイナリーのデリーズ・ベランダ・レストラン(d'Arry's Verandah Restaurant)は南オーストリア州屈指の受賞歴を誇るレストランで、ワインセラーに隣接する絵のように美しい丘の上に建っています。 プライベート・テイスティングを予約すれば、伝統的なワイン醸造の秘密を探ることができます。 ブレンディング・ベンチ(Blending Bench)では、ワイン作りの職人をまねてブレンドしてみましょう。自分だけのワインに名前を付け、自宅に持ち帰ることができます。 

ウィランガ(Willunga)とシーフォード(Seaford)をかつて結んでいた鉄道の廃線跡に沿ってウォーキングやサイクリングを楽しむこともできます。 ブドウ畑を抜けて、野性のオリーブの木やユーカリの古木の間を通り過ぎれば、このカントリーサイドの壮大な自然を肌で感じることができます。 

マクラーレン・ヴェイル地域には、50軒以上のワイナリーが点在しています。 約270軒の独立ブドウ栽培農家も集まっています。 マクラーレン・ヴェイルはアデレードから南へ約35kmの場所にあります。

チャペル・ヒル

マクラーレン・ヴェイル地域には豊かな歴史があります。 ここは、南オーストラリアのワイン産業発祥の地であり、世界最古のブドウの木などユニークな歴史的遺産があります。 

チャペル・ヒル・ワイナリーは、1865年に敷地内に鉄鉱石で建築された歴史のある礼拝堂にちなんで名付けられました。 元々、地元の教会として使用され、その後教区の学校に転用され、現在では素晴らしいワイナリーとアート・ギャラリーに生まれ変わっています。 

チャペル・ヒル・ワイナリーはこの古い建物の大規模な修復を経て、1973年に設立されました。 現在、チャペル・ヒルは44ヘクタールのブドウ園を所有、運営し、マクラーレン・ヴェイルとアデレード・ヒルズのブドウ園から精選されたブドウを購入しています。 

このワイナリーでは、シャルドネ、シラーズ、グルナッシュ、ムールヴェードル、カベルネ・ソービニョン、サンジョベーゼ、ロゼ、テンプラニーリョ、ヴェルデホなど、さまざまな種類のワインを生産しています。 

ワイナリー内には定員14名の宿泊施設、ザ・リトリート(The Retreat)があります。ここからはオンカパリンガ渓谷(Onkaparinga Gorge)からセント・ビンセント湾(Gulf St Vincent)まで、すばらしい景観が楽しめます。 レストランでマクラーレン・ヴェイルの名産物を味わってみませんか。 料理クラスに参加したり、受賞歴のあるワインを片手に暖炉のそばでくつろぐこともできます。 

このワイナリーはオンカパリンガ国立公園(Onkaparinga National Park)に隣接しています。 南オーストラリア州で2番目に長いオンカパリンガ川(Onkaparinga River)に沿ってカヌーを漕いで、絶壁に囲まれた壮大な渓谷まで行ってみてはいかがですか。 河口には絶好の釣り場があり、気軽な散策からハードなハイキングまでさまざまなウォーキング・トレイルもあります。 エキドナ・トレイル(Echidna Trail)をたどると、1880年代に建造された遺産登録の小屋や家屋の遺跡を見ることができます。 

マクラーレン・ヴェイルはアデレードから南へ約35kmの場所にあります。

Audrey Wilkinson Winery, Brokenback Ranges, Hunter Valley, NSW

Audrey Wilkinson Winery, Brokenback Ranges, Hunter Valley, NSW

Dalwood House, Wyndham Estate, Hunter Valley, NSW

Dalwood House, Wyndham Estate, Hunter Valley, NSW

ハンター・バレー、ニュー・サウス・ウェールズ州

ウィンダム・エステート

ハンター・バレーはオーストラリア最古のワイン生産地であり、ウィンダム・エステートはオーストラリア最古のブドウ園の1つです。 1830年にオーストラリア初のシラーズ種の商用ブドウ園が開始して以来、ウィンダム・エステートは、コクのある芳醇で豊かな香りのワインの生産に力を注いできました。 そのワインは65ヵ国に輸出され、シラーズを初めとするその他の品種のワインは、国際的に高い評価を得ています。 

この長い歴史を誇るワイナリーは、美しいハンター川(Hunter River)を目の前に100ヘクタールのブドウ畑とのどかな田園に囲まれています。 ブドウ畑をダルウッド・ヘリテージ・トレイル(Dalwood Heritage Trail)をたどって、オーストラリアのワイン醸造の父の1人であるジョージ・ウィンダム(George Wyndham)が住んでいた180年前の家屋を訪れ、公園のような川べりを散策して、ハンター・リバー保護プロジェクトについて学びましょう。 ワイン・テイスティングのマスター・クラスに参加したり、ワインセラーで厳格な管理のもとで熟成されたビンテージ・ワインも含む各種ワインを試飲してみてはいかがですか。 地中海風のオリーブ・ツリー・レストラン(Olive Tree Restaurant)では、地元の旬の食材を用いた料理が堪能でき、ワイナリーの素晴らしい眺めが彩りを添えます。 

ハンター・バレーは、シドニー(Sydney)から北に車で約2時間のところにあります。

オードリー・ウィルキンソン

ハンター・バレーはオーストラリア最古のワイン産地で、最初のブドウの木は1820年代に植樹されました。 

オードリー・ウィルキンソン・ワイナリーの歴史は、ウィルキンソン家が現在のブドウ畑を入手した1866年にまでさかのぼります。 ウィルキンソン家はオーストラリアのワイン産業誕生の一翼を担い、フランスとドイツでワイン醸造を学んだ後にワイナリーを設立しました。 ワイナリーは、父の死後に15歳でブドウ園を引き継いだオードリー・ウィルキンソンにちなんで名づけられました。 オードリーは人並み優れた鋭い味覚の持ち主であり、オーストラリア最高級のワインを生み出しました。 1900年代の初期には、オードリー・ウィルキンソンはホック、クラレット、ポートワインでいくつもの賞を受賞しました。 このワイナリーからはロンドンに大量のワインが輸出されていました。 

現在オードリー・ウィルキンソン・ワイナリーは最先端のワイン醸造技術を駆使して、手作業でワインを醸造しています。 受賞歴のあるセミヨン・ソービニョン・ブラン、ヴェルデホ、シャルドネ、ロゼ、メルロー、カベルネ、ソービニョン、シラーズなどの品種のワインを生産しています。 

ワイナリーの敷地内には博物館があり、ワイナリーの長い歴史を垣間見ることができます。昔使われていた醸造用の桶、ワインや樽を作る道具などが展示されています。 

敷地内には家族や6組のカップルが宿泊できるゲスト用コテージが2棟あります。プライベートな空間でゆっくりとブドウ園の美しい景観を堪能できます。 

オードリー・ウィルキンソン・ワイナリーはブロークン・バック・レンジ(Broken Back Range)の丘陵にあり、ハンター・バレーの360度の眺望を楽しむことができます。 ワイナリーはクリスマスの日以外はオープンしています。 ハンター・バレーは、シドニーから北に車で約2時間のところにあります。

De Bortoli Yarra Valley Estate, Yarra Valley, VIC

De Bortoli Yarra Valley Estate, Yarra Valley, VIC

TarraWarra Estate, Yarra Valley, VIC

TarraWarra Estate, Yarra Valley, VIC

ヤラ・バレー、ビクトリア州

デ・ボルトリ

デ・ボルトリはメルボルン(Melbourne)から車でわずか1時間の場所にあります。壮大な景色の中に建つこのワイナリーは、ワインと食事を家族や友人と分け合って楽しむという家族の哲学が生きています。 

デ・ボルトリ・ワインは、1928年にニュー・サウス・ウェールズ州のビルバル(Bilbul)に設立されました。 現在4代目となるデ・ボルトリ家は、ヤラ・バレーなどオーストラリアで有数のワイン産地にブドウ園を所有しています。 デ・ボルトリのヤラ・バレー・エステートの歴史は、1970年までさかのぼり、ヤラ・バレーで最も古いブドウの木が植えられた場所の1つです。 現在、デ・ボルトリでは、シャルドネ、ビノ・グリ、リースリング、セミヨン、ゲヴュルツトラミネール、ソービニョン・ブラン、ビノ・ブラン、ピノ・ノワール、カベルネ・ソービニョン、シラーズ、サンジョベーゼ、ネッビオーロ、メルローなどの品種を栽培しています。 

ブドウ園とワイナリーで上質なワインの醸造工程を見学するツアーに参加して、樽で熟成中のワインを試飲してみてください。 ワインセラーで最新のビンテージの最高級ワインを試飲したり、絵のように美しいブドウ畑を望むチーズ・ショップで美味しく熟成したチーズを試食することができます。 

ワイナリー・レストランのロカール(Locale)では、デ・ボルトリ家の豊かなイタリアの伝統を感じることができます。 エステートで栽培された極上ワインとワインにマッチする地元の旬の食材を楽しむには絶好の場所です。

タラワラ・エステート

ビクトリア州のヤラ・バレーにあるタラワラ・エステートでのワイン・テイスティングとレストランでの食事は忘れがたい思い出となります。 このワイナリーでは、ピノ・ノワール、シャルドネ、メルロー、シラーズ、ヴィオニエ、ルーサンヌ、マルサンヌなどの品種のワインを生産しています。 

ワイナリーの印象的で現代的な建築からは、ブドウ園とさらに広がる農場と谷の美しい眺めが、額に収められた絵のように見えます。 このブドウ園に初めてブドウの木が植えられたのは1983年です。 ワイン醸造者の厳しい監視のもと、タラワラのブドウは細心の注意をもって栽培され、手摘みされてエステートで熟成されます。 ワイン熟成室を訪れるツアーに参加すると、エステートの歴史とワイン醸造工程について学ぶことができます。 

豊富な知識のワイナリーのスタッフが、受賞歴を誇るワインについて説明してくれます。これらのワインはレストランでも提供されており、キッチン・ガーデンと地元のヤラ・バレーの農園で収穫された旬の食材と合わせて堪能できます。 エステートのソムリエが厳選したワインと旬の食材を用いたメニューのランチをお楽しみください。 

タラワラ・エステートは、メルボルンから北東へ車で約1時間の場所にあります。

Montalto Vineyard & Olive Grove, Mornington Peninsula, VIC

Montalto Vineyard & Olive Grove, Mornington Peninsula, VIC

モーニントン半島、ビクトリア州ペンフォールズ・マギル・エステート

モンタルト・ビニヤード・アンド・オリーブ・グローブ

アデレード・ヒルズは、オーストラリアで最も活気のある冷気候ワインの産地です。独特の上質なワイン、特徴的なブドウ栽培、壮大な風景で世界的に知られています。 

ペンフォールズは、オーストラリアでワイン醸造開始当初から著名なワイナリーで、最上級ワインの生産で国際的に定評があります。 

歴史を誇るマギル・エステート・ビニヤード(Magill Estate Vineyard)は遺産登録されており、1844年にクリストファー・ローソン医師(Dr Christopher Rawson)とメアリー・ペンフォールド(Mary Penfold)によって設立されました。アデレード市の建設からわずか8年後の出来事でした。 

元々、このブドウ園はグランジ・ビニヤード(Grange Vineyard)と呼ばれていましたが、これは彼らの新しい邸宅「ザ・グランジ(The Grange)」にちなんで名づけられたものです。このコテージは、現在もブドウ畑の中にそのままの姿で残されています。 その後、このブドウ園はオーストラリアの最上級ワインとして有名なペンフォールズ・グランジ(Penfolds Grange)を作るブドウを生み栽培することになります。 このブドウ園に最初に植えられたのは、南フランスから持ち込まれた挿し木から生まれたグルナッシュでした。 

このワイナリーは、165年以上前にオーストラリア人の家庭にペンフォールズ・ワインを広めようとした設立者の開拓者精神を今も受け継ぎ、その魅力と個性を守り続けています。 

現在では、シラーズ、シャルドネ、カベルネ・ソービニョン、サンジョベーゼ、ピノ・ノワール、トラミネール、ピノ・グリ、テンプラニーリョ、ヴィオニエ、グルナッシュ、ムールヴェードル、リースリング、メルロー、セミヨン、ソービニョン・ブランといった品種を栽培しています。 

ペンフォールズ・マギル・エステートの伝統を学ぶツアーに参加すると、オーストラリアのワイン産業の歴史、哲学、精神に触れることができます。 興味深い地下トンネル、ワイナリーの原点となったコテージ、歴史的遺産であるブルーストーンのワインセラーを見学した後には、ペンフォールズの有名な高級コレクションの試飲を楽しみましょう。 

アデレード・ヒルズのワイン産地は、アデレード中心部から車で約15分のマウント・ロフティ山脈(Mount Lofty Ranges)の近くにあります。

Josef Chromy Wines, Relbia, TAS

Josef Chromy Wines, Relbia, TAS

Moorilla Winery, Hobart, TAS

Moorilla Winery, Hobart, TAS

タスマニア州

ジョセフ・クローミー・ワインズ、テイマー・バレー(Tamar Valley)

ジョセフ・クローミー・ワインズのワインセラーとレストランは、極上のタスマニア・ワインと地元の新鮮な食材を使った美味しい料理を味わうには最高の場所です。 

昔風のイングリッシュ・ガーデンと樹齢100年のオークの木立に囲まれ、絵のように美しい湖、ワイナリー、ブドウ園を見渡す場所にあるこのワイナリーは、オーストラリアのトップ10位に入っています。 ワインセラーは現存する1880年代の農家を使用しています。 暖炉には常に火が赤々と燃え、窓からはすばらしい風景が広がる場所で、スパークリング、ピノ・グリ、リースリング、ソービニョン・ブラン、シャルドネ、ピノ・ノワール、メルロー、ボトリティス・リースリング、赤ピノ・ポート・ワインなど、受賞歴のある各種冷気候ワインを味わうことができます。 

ワイナリーの名前ともなったジョセフ・クローミー(Josef Chromy)はタスマニアの食とワイン産業の著名人です。 1950年代にヨーロッパからオーストラリアに渡り、驚くべき人生を送りました。 クローミーの目標は、ワイン、食、そして並外れた高品質を実現することでした。 

ブドウ園を歩き回ってみましょう。 レストランで受賞歴のあるワインと相性が抜群の地元の食材で作った料理を堪能してください。 冒険心にあふれている人なら、フライ・キャスティングの技術を習い、初級のフライ・フィッシングに挑戦してみませんか。ゆっくりとランチを楽しんだ後は、タスマニアを代表する原生地域の上空を飛行してみるのもいいでしょう。 

ジョセフ・クローミー・ワインズは、ロンセストン(Launceston)から車で南に15分ほどのテイマー・バレーにあります。

ムーリラ・エステート、ホバート(Hobart)

ムーリラ・エステートはタスマニアの州都であるホバートにあり、ワイン、食、アート、高級宿泊施設がすべてそろった稀有な場所です。 

ムーリラはタスマニア最古のブドウ園に建設された最新のワイナリーです。 このエステートでは、シャルドネ、ピノ・ノワール、リースリング、ソービニョン・ブラン、カベルネ・メルロー、シラーなどの品種から、少量の冷気候ブティック・ワインを生産しています。 

ムーリラ・エステートは、オーストラリア最大の個人コレクションを所蔵する、ミュージアム・オブ・オールド・アンド・ニュー・アート(MONA)と敷地を共有しています。この美術館では示唆に富んだ面白い展示がされています。 オーストラリアの建築家と芸術家の名前が付けられた、モダンで豪華なMONAパビリオンに宿泊してみてはいかがでしょうか。 

敷地内には、フランス料理の影響を受けたザ・ソース・レストラン(The Source Restaurant)、料理をシェアできるムーリラ・ワイン・バー(Moorilla Wine Bar)、カジュアルなMONAカフェなど、さまざま食事を選択できます。 ムー・ブルー(Moo Brew)ビールもここで醸造されています。 

ムーリラは、ホバートの中心部から北へ12km、ダーウェント・リバー(Derwent River)川岸にあります。 ホバートからフェリーで川をさかのぼってワイナリーを訪れるのもおすすめです。