Site Requires Javascript - turn on javascript!

シドニーの大晦日 12月 31

シドニー・ハーバー、シドニー(Sydney)、ニュー・サウス・ウェールズ州


最高のパーティーが楽しめるシドニーで、少なくとも一度は大晦日を過ごして自分にご褒美をあげましょう。 世界中どの国際都市よりも、シドニーには一足早く深夜がやってきます。そのため、世界中のテレビ局が集まり、ドラマティックな花火の様子を中継します。 でも、生で見るともっと最高です!

お勧めする理由

1. 世界で最も有名な新年の祭典に、参加してみませんか。 華やかな港、独特な「ハンガー型」の橋と印象的なシドニー・オペラ・ハウス(Sydney Opera House)など、シドニーにはその年最後の忘れられないパーティーを演出する最高のステージが揃っています。レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)やパリス・ヒルトン(Paris Hilton)などの国際的なセレブも魅了されています。 そしてもちろん、クライマックスには有名な花火が打ち上がります。

2. シドニー・ハーバーに集う上機嫌な人々に混じって、新しい友達を作りましょう。 波打ち際には毎年何百万人もの人が明るい希望を胸に集まっているので、友達候補は無限大です。 その雰囲気も、忘れられない思い出となるでしょう。

3. 事前に計画して、自分にとって最高のビュー・ポイントを見つけましょう。 観望できる場所は、シドニーの巨大な港のあちらこちらにあり、その多くは無料で入場できます。 お望みであれば、高級なVIPエリアを予約することもできますし、ハーバー・オブ・ライト・パレード(Harbour of Light Parade®)に参加するヨットやボートの1隻を貸し切って、大晦日クルーズを楽しむこともできます。これなら、すぐに見物できますし、がっかりしないで済みます。

4. 大混雑に巻き込まれる心配もありません。 シドニーの大晦日は、よくまとまっており、安全で安心できるイベントです。 ビュー・ポイントには、公認エリアやアルコール禁止エリアなどさまざまありますが、やはり新年はオーストラリアの素敵なスパークリング・ワインで迎えたいですね。

5. 大晦日は、1日中楽しめます。 暗くなって花火が上がるはるか前も、シドニー・ハーバーでは航空ショー、放水銃を使った水上ショーのほか、アボリジニとトレス海峡諸島民(Torres Strait Islander)の伝統的なスモーキング・セレモニーなど、さまざまなアクティビティが開催されます。スモーキング・セレモニーでは、ユーカリのタバコを使って港に潜む悪い精霊を「除霊」する儀式です。

6. 「インスパイア」のテーマと、2014年のクリエイティブ・アンバサダーのジャック・トンプソン博士(Jack Thompson AM PhD)を迎えた今年は、どんな「ブリッジ・エフェクト(Bridge Effect)」があるのでしょうか。想像してみるのも楽しいですね。 シドニー・ハーバー・ブリッジ(Sydney Harbour Bridge)は、毎年シドニーの大晦日の心臓部でもあります。クリエイティブ・デザイナーが新しいテーマを選び、「ブリッジ・エフェクト」と呼ばれる光のアートワークを橋の中央に浮かび上がらせて、特別な作品を生み出します。 デザインは大晦日の夜に映し出されるまで秘密にされ、地元の人たちは目に見える外観からどんなデザインになるか推測ゲームを楽しんでいます。

7. どんな花火が見たいか選んだら、NYEサウンドトラックにチューンインしてください。 午後9時のファミリー・ファイアワークス(Family Fireworks)には、子供たちも参加できます。 そして深夜ちょうど、何百万もの声がカウントダウンをする中、シドニーの地平線でみごとな花火の祭典が始まります。

8. 印象的な「ウォーターフォール・エフェクト」にも注目してください。最初に登場したときからの、人気のショーです。 ハーバー・ブリッジの道路の高さから炎の滝がこぼれ落ち、その華々しい花火に誰もが息をのみます。

9. 暖かい夏の夜を楽しみましょう。 オーストラリアの大晦日は、夏にあたります。冬の北半球から脱出して、シドニー最高の季節を楽しんでください。

10. 滞在中は思いっきりすてきな時間を過ごしましょう。シドニーの大晦日は、クリスマスとシドニー・フェスティバル(Sydney Festival)の中間にあたります。シドニー・フェスティバルは毎年1月に開催される、活気あふれる芸術と文化のフェスティバルです。 伝統的なボクシング・デー(Boxing Day)や、有名なシドニー・トゥー・ホバート・ヨット・レース(Sydney to Hobart yacht race)など、楽しくて魅力的なイベントが山ほどあります。

見どころ

見晴らしのよい場所は、Webサイトwww.sydneynewyearseve.comで確認してください。 場所はたくさんあるので、事前に下調べしておくとよいでしょう。 これは、世界最大で最も人気の高い無料イベントです。 人によっては、前日にピクニック用シートやデッキ・チェアを置き始め、昼間には少しずつ人だかりができ始めます。
深夜の花火ショーに笑顔で出かけましょう。 こんなに多くの見知らぬ人が、気持ちを同じにする時間に感動するでしょう。

アクセス方法

公共の交通機関(タクシー、電車、フェリー、バス)をご利用ください。夜は臨時運行しています。 交通、見晴らしの良い場所、体の不自由な人のためのアクセス方法などは、シドニー・ニュー・イヤーズ・イブ(Sydney New Year's Eve)のWebサイトをご覧ください。

詳細はこちら

www.sydneynewyearseve.com

その他の休暇のアイデア

休暇の予定を立てる際に、この周辺に他の見所があるか、見てみましょう。

シドニーの楽しみ方トップ10

シドニーの楽しみ方トップ10

シドニーには、サーフ・ビーチ、美しい天然の港、シドニー・オペラ・ハウス(Sydney Opera House)など魅力溢れる見どころがたくさんあります。 人工の建造物に加えて、シドニーは美しいパブリック・ガーデン、ハーバー・アイランド、自然が残る海岸など豊かな自然の美しさに恵まれています。 交通機関も発展しており、オーダーメイドできるツアーを利用すれば、シドニーを効率よく見て回ることができます。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
シドニーで過ごす最高の3日間

シドニーで過ごす最高の3日間

ハーバーやビーチと大都市のにぎわいをあわせ持つ活気にあふれた街、シドニーを探索しましょう。ハーバー・ブリッジ(Harbour Bridge)の上から日の出を眺め、オペラ・ハウス(Opera House)から夕日を見つめてください。ウルムルー(Woolloomooloo)のフィンガー・ワーフ(Finger Wharf)で食事をしたり、再開発の行われたウォルシュ・ベイ(Walsh Bay)で演劇やダンスを見るのもいいでしょう。フェリーに乗ってマンリー(Manly)に行ったり、ボンダイ(Bondi)からブロンテ(Bronte)まで景色のいい海岸の崖の上を散策したり、ワトソンズ・ベイ(Watsons Bay)でシドニー湾を眺めながらビールを飲むこともできます。サリー・ヒルズ(Surry Hills)、キングス・クロス(Kings Cross)、グリーブ(Glebe)、ニュータウン(Newtown)、バルメイン(Balmain)もそれぞれ個性があって楽しい町です。3日目はハンター・バレー(Hunter Valley)でワイナリーやレストラン、デイ・スパに行って過ごしてください。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
Guide to the Hunter Valley

Guide to the Hunter Valley

Give your tastebuds a serious work-out in Australia's oldest wine growing region.

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
Guide to the Blue Mountains

Guide to the Blue Mountains

Be captivated by the one million hectares (3861 square miles) of tall forests, sandstone cliffs, canyons and waterfalls that make up the magnificent Blue Mountains.

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite