Site Requires Javascript - turn on javascript!

全豪オープン(Australian Open ) 1月 18 - 31

  • Tennis
  • Major Events
  • Melbourne
  • Victoria
  • Sport

全豪オープン2015で、世界トップのテニス・プレーヤーが優勝をかけて鎬を削るスリルと興奮に浸りましょう。全豪オープンは、4つのグランド・スラムのうち、南半球で開催される唯一の大会です。

お勧めする理由

1. その年最初のグランド・スラムで、世界テニス界のスーパースターが魅せる技能とスタミナに目を見張ることでしょう。 年4回のグランド・スラムのうち、世界の男女トップ・プレーヤーが一堂に会すのは、この大会だけです。ロジャー・フェデラー(Roger Federer)、ラファエル・ナダル(Rafael Nadal)、セレナ・ウィリアムズ(Serena Williams)などは、毎年メルボルンにやってきます。

2. プレーヤーに感想を聞いてみましょう。 毎年、出場選手は全豪オープンを四大トーナメントのうち最も親しみ深い大会と称し、「ハッピー・スラム」と呼んでいます。 会場の外でも、スーパースターを目撃できるかもしれません。 ビーチにいたり、公園を散歩していたり、カフェでゆったり過ごしているところを目撃できるかもしれません。

3. 北方の冬から逃れてきた人は、トーナメントでオーストラリアの夏を感じながら日光浴するのもよいでしょう。 1年の中で、オーストラリアで最も晴れの日が続く時期でもあります。

4. 多くのゲームが行われる第1週目は、コート席で最高のプレーヤーの戦いを観戦してください。 コート席は数少ないですが、スターのとても近くに座ることができます。

5. 夕方のセッションは、15,000席のロッド・レーバー・アリーナ(Rod Laver Arena)で観戦し、世界テニスの魅力を堪能してください。 屋根は格納式で、雨の日はもちろんのこと、全開にすれば星空の下のプレーを楽しめます。 激しい戦いになれば、夜遅くまで続くこともあり、時によっては深夜にもつれ込むこともあります。

6. エンターテインメント区域のグランド・スラム・オーバル(Grand Slam Oval)で、一息つくのもよいでしょう。 ここでは、ハイネケン・ライブ・ステージ(Heineken Live Stage)で、オーストラリアで人気のバンドが演奏を繰り広げています。

7. お腹が空いても心配はいりません。 全豪オープンには多種多様な味覚がそろっています。韓国の焼肉から、インドのカレー、穀物飼料で育てられたスコットランドの一流フィレ・ステーキまで、テニス・ファンのために設置された川沿いの公認レストランで味わえます。

8. お土産は、世界最高のテニス・センターで購入できます。 往年の人気プレーヤーのタオルや、ラコステのイベント用特別デザインのTシャツなど、公式商品を販売するたくさんのお店が集まっています。

9. 第1週目に開催されるMLCオートグラフ・アイランド(MLC Autograph Island)では、大好きなプレーヤーに会ってサインがもらえます。

10. 最後の試合を観戦したら、徒歩かトラムで街まで足を延ばし、オーストラリアで一番と謳われる人気のレストランやバー、ナイトクラブを楽しみましょう。 いろいろな意味でアクションの真ん中にあるのが、メルボルン・パークのよいところです。

見どころ

全豪オープンはトーナメント戦なので、より多くのプレーヤーが参加する第1週目のグラウンド・パスをゲットすることをお勧めします。 2015年のグラウンド・パスは、39ドルで、ロッド・レーバー・アリーナ(Rod Laver Arena)とマーガレット・コート・アリーナ(Margaret Court Arena)以外のメルボルン・パーク内のすべてのコートにアクセスできます。 世界のスポーツ大会の中でも、破格の値段です。

アクセス方法

メルボルン・パークから街の中心まで、ヤラ川(Yarra River)に沿って簡単に歩けます。 もっとも、メルボルンに来たからには緑と黄色のトラムに乗らないわけにはいきません。トラムのルート70(Route 70)に乗れば、メルボルン・パークへ着きます。 このほか、バス、電車、タクシー、水上タクシーなどがあります。

詳細はこちら

www.ausopen.com

その他の休暇のアイデア

休暇の予定を立てる際に、この周辺に他の見所があるか、見てみましょう。

メルボルンの楽しみ方トップ10

メルボルンの楽しみ方トップ10

メルボルンの路地裏散歩は、この多様な街の1つの側面でしかありません。 クリケットやサッカーもぜひお楽しみください。 芸術と文化も吸収できます。 高級ダイニングか、それともパブで極上のバーガーを味わうか。 地元デザイナーのファッションか、それともベイサイドをサイクリングするか。 どちらが好みでも、メルボルンは選択肢がいっぱいです。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
メルボルンで過ごす最高の3日間

メルボルンで過ごす最高の3日間

メルボルンはカルチャー派やスポーツ・ファン、ファッション・マニア、食通たちのおかげで、ゆっくり寝ているのがもったいないほど刺激的な街。大通りから離れてひっそりとたたずむ路地裏はメルボルンの名物。細い裏道でカフェやバー、ブティックを探してみてください。そして、サウス・バンク(Southbank)の川沿いの雰囲気や、おしゃれなカフェ、クリエイティブな人々の集るフェデレーション・スクエア(Federation Square)などへ行ってみてください。ヤラ川(Yarra River)をクルーズしたり、王立植物園(Royal Botanic Gardens)の芝生や湖のあいだを散歩することもできます。市内には高級品の町サウス・ヤラ(South Yarra)やビーチサイドの町セント・キルダ(St Kilda)、流行の先端を行く町フィッツロイ(Fitzroy)など、さまざまな雰囲気をもった地区がたくさんあり、それぞれの雰囲気を存分に楽しんでください。その後、モーニントン半島(Mornington Peninsula)まで日帰りで、ビーチやワイナリー、ギャラリー、ゴルフコースをめぐりましょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
ヤラ・バレー

ヤラ・バレー

ヤラ・バレーには家族経営の小規模なものから大規模なエステートまで、80ヶ所を超えるワイナリーがあります。 この地域はオーストラリアの最高級ピノ・ノワール、スパークリング・ワイン、各種冷気候ワインの産地として有名です。 ヤラ・バレーは1838年にビクトリア州(Victoria)で初めてブドウが栽培された場所です。 この一帯は新鮮な農水産物でも有名で、淡水サーモン、トラウトやキャビア、有機栽培のフルーツや野菜、手作りチーズや瓶詰め貯蔵食品などを楽しむことができます。 たくさんあるワイナリー巡りのトレイルをドライブして、ヤラ・バレー・フード・トレイル(Yarra Valley Food Trail)や周辺でたくさん開かれている大規模なマーケットで新鮮な食材を購入して、ピクニック・ランチをしてはいかがですか。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
モーニントン半島

モーニントン半島

ビクトリア州のモーニントン半島はメルボルン(Melbourne)の郊外に位置します。なだらかな丘陵地帯、果樹園、オリーブ畑、歴史的な邸宅、200ヶ所以上のブドウ園があります。 食を愛する人々が集うこの地域では、道端の販売所で有機野菜を買ったり、果樹園でイチゴやベリー類、サクランボ摘みを楽しんだりできます。 海を望むオリーブ畑を散歩したり、たくさんあるパブリック・ガーデンやプライベート・ガーデンのどこかでピクニックを楽しんだりするのもよいでしょう。 100年以上の歴史を誇るローズ・ガーデンや垣根を刈り込んで作られた迷路、歴史ある家々など、多数の見どころがあります。 食とワインを堪能したあとは、デイ・スパでのんびりしませんか。オーストラリア屈指のゴルフ・コースでラウンドするのもおすすめです。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite