Site Requires Javascript - turn on javascript!

ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバー(Handa Opera on Sydney Harbour ) 3月 - 4月

  • Sydney
  • Major Events
  • 芸術と文化
  • Opera
  • New South Wales

シドニー、ニュー・サウス・ウェールズ州(NSW)


ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーは単なるオペラではなく、夏の夜空の下に繰り広げられる、まさに夜のエンターテイメントです。 シドニーの象徴的なスカイラインを背景に上演されるオペラ、忘れられない思い出となることでしょう。 水上タクシーで会場に乗り付け、ポップアップ・バーやレストランでスタイリッシュに食事とドリンクを楽しみ、階段状の座席に座ってオペラを楽しみましょう。

お勧めする理由

1. ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーは、シドニー最高の絶景スポットで上演されるため、街の美しい夜景と最も有名な象徴的建物を別の視点から見ることができます。 舞台は水上に張り出すように建設されていますが、観客席からは舞台の背景に、シドニー・オペラ・ハウス(Sydney Opera House)、ハーバー・ブリッジ(Harbour Bridge)、シドニーの摩天楼、その上にはきらめく星が見えます。

2. ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーは、2012年に始まりました。 2012年には「椿姫」、2013年には「カルメン」、2014年には「蝶々夫人」が上演されています。 「蝶々夫人」の公演終了時に、パトロンであるハンダ博士(Dr Handa)は、このシドニーのすばらしい野外オペラをさらに3年間継続することを約束しました。 次に上演されるのは、壮麗な「アイーダ」です。

3. 芸術面でハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーはますます評価を上げており、ザ・シドニー・モーニング・ヘラルド紙のピーター・マッカーラム(Peter McCallum)氏は、2014年の「蝶々夫人」を「ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーのそれまでの3演目のうち最も優れており、挑戦的なアイデアと心に残るイメージが組み込まれていた」と評価しました。 タイム・アウト誌は、「オペラ・オーストラリア(Opera Australia)の3年目のハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバー公演は世界的な大成功を収め、世界各地で今まで上演された野外オペラで最も壮麗なものの1つ」と評しています。この劇は、前衛的で大規模なショーで世界的評価の高いカタロニア人ディレクターのアレックス・オレ(Alex Ollé)と彼の会社ラ・フラ・デルス・バウス(La Fura dels Baus)の創案によるものです。

4. 「蝶々夫人」の今までを越える成功は、画期的な場所の設定です。舞台装置デザイナーのアルフォンス・フローレス(Alfons Flores)は、東アジアの造園プランを「借景」として取り入れ、オペラの舞台に広大なポート・ジャクソン湾(Port Jackson)の一部を作り上げました。

5. ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーの設計の最も称賛すべき点は、オーストラリア・オペラ・バレエ・オーケストラのオーケストラ・ピットをステージの下に置いたことです。 これによりオーケストラは完全な音の「シェル」となり、数百の隠れたスピーカーを通して音楽が観客に届きます。 この受賞歴のある音響設計により、外観と同様に最高の音響を実現し、オペラ・オーストラリアの成功の証しとなっています。

6. おしゃれをしてオペラに出かけることは確かに楽しいものです。ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーにはドレスアップした観客が多く見られます。 しかし、カジュアルな服装でも心配ありません。 オペラ・オーストラリアは、野外でのパフォーマンスに出かける際には、快適で秋の気候に合った服装をするように観客に勧めています。 上演期間の終盤にはやや肌寒くなりますが、ジャケットかカーディガンがあれば十分です。

7. オペラのために設置された飲食サービスが6ヶ所あります。 安価で楽しいものから高級な食事まで取り揃えられ、どのような予算やスタイルにも対応しています。 高級な食事は木の上に建てられたすばらしいポップアップ・レストラン、プラチナ・ラウンジ(Platinum Lounge)で。 このレストランは予約制です。

8. ハンダ・オペラは、シドニーで開催されるイベントで最もすてきな写真が撮れるイベントです。InstagramやTwitterのユーザーは、ハッシュタグ#OperaHarbourを使用することで、自分撮りと投稿を楽しめます。

見どころ

午後7時30分の開演に街のレストランから急いで駆けつけるより、王立植物園(Royal Botanical Gardens)に向かい、そこでシドニー・ハーバーに夕日が沈む壮大な景色を楽しみながら食事をするのもすてきです。

アクセス方法

オペラへの最も華やかな移動手段は、水上タクシーです。シャトル・サービスは、サーキュラー・キー・イースト(Circular Quay East)埠頭、サーキュラー・キー・ウエスト(Circular Quay West)埠頭、パーク・ハイアット・シドニー(Park Hyatt Sydney)近くの埠頭、シドニー・オペラ・ハウス近くのマン・オー・ウォー(Man O’ War)桟橋から運行しています。 最寄りの鉄道駅は、サーキュラー・キー(Circular Quay)です。 均一料金が適用され、予約が必要です。

詳細はこちら

www.operaonsydneyharbour.com.au
#OperaHarbour

その他の休暇のアイデア

休暇の予定を立てる際に、この周辺に他の見所があるか、見てみましょう。

シドニーの楽しみ方トップ10

シドニーの楽しみ方トップ10

シドニーには、サーフ・ビーチ、美しい天然の港、シドニー・オペラ・ハウス(Sydney Opera House)など魅力溢れる見どころがたくさんあります。 人工の建造物に加えて、シドニーは美しいパブリック・ガーデン、ハーバー・アイランド、自然が残る海岸など豊かな自然の美しさに恵まれています。 交通機関も発展しており、オーダーメイドできるツアーを利用すれば、シドニーを効率よく見て回ることができます。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
シドニーで過ごす最高の3日間

シドニーで過ごす最高の3日間

ハーバーやビーチと大都市のにぎわいをあわせ持つ活気にあふれた街、シドニーを探索しましょう。ハーバー・ブリッジ(Harbour Bridge)の上から日の出を眺め、オペラ・ハウス(Opera House)から夕日を見つめてください。ウルムルー(Woolloomooloo)のフィンガー・ワーフ(Finger Wharf)で食事をしたり、再開発の行われたウォルシュ・ベイ(Walsh Bay)で演劇やダンスを見るのもいいでしょう。フェリーに乗ってマンリー(Manly)に行ったり、ボンダイ(Bondi)からブロンテ(Bronte)まで景色のいい海岸の崖の上を散策したり、ワトソンズ・ベイ(Watsons Bay)でシドニー湾を眺めながらビールを飲むこともできます。サリー・ヒルズ(Surry Hills)、キングス・クロス(Kings Cross)、グリーブ(Glebe)、ニュータウン(Newtown)、バルメイン(Balmain)もそれぞれ個性があって楽しい町です。3日目はハンター・バレー(Hunter Valley)でワイナリーやレストラン、デイ・スパに行って過ごしてください。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
Guide to the Hunter Valley

Guide to the Hunter Valley

Give your tastebuds a serious work-out in Australia's oldest wine growing region.

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
Guide to the Blue Mountains

Guide to the Blue Mountains

Be captivated by the one million hectares (3861 square miles) of tall forests, sandstone cliffs, canyons and waterfalls that make up the magnificent Blue Mountains.

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite