Site Requires Javascript - turn on javascript!

2017年全豪オープンテニス1月 16 - 29

テニス界で最もエキサイティングなグランドスラム・トーナメント。毎年1月に開催されるオ全豪オープンテニスは、その年の4大大会の幕開けとなります。メルボルンに行って、コートサイドで観戦しましょう。


原文: ​カトリーナ・ロブリー

全豪オープンテニスは、テニスのシーズン最大級の大会です。グランドスラム大会は世界で4つしかなく、2週間に渡って開催される全豪オープンテニスはシーズン最初の大会で、その後フレンチ・オープン、ウィンブルドン、USオープンと続きます。

基本データ

開催場所:ビクトリア州メルボルン、メルボルン・パーク
開催日:2017年1月16日〜29日

全豪オープンテニスのハイライト

全豪オープンテニスの楽しみ方 

試合を見る
2017年1月、世界のトッププレーヤーたちがまたメルボルンへやって来ます。昨年大会女子チャンピオンのアンゲリク・ケルバー、男子チャンピオンのノバク・ジョコヴィッチが2016年 オーストラリア・オープンの覇者として連覇に挑み、その他、ロジャー・フェデラー、セリーナ・ウィリアムズ、ラファエル・ナダル、フアン・マルティン・デル・ポトロなどの選手も出場します。会場はメルボルン中心街のすぐそばにある メルボルン・パークで、スタジアムと屋外コートを備えています。最も手頃なチケットはグランドパスです。このチケットは、3つのアリーナの近くにある屋外 コートの試合、また1万人を収容するハイセンス・アリーナの試合を見ることができます。メルボルン・パークに隣接する人気のリバーサイドパーク、 ビララング・マール ​​​で行われるライブやコンサートにも入場可能です。中価格帯のチケットは、7500席の マーガレット・コート・アリーナでの観戦、さらに高額なチケットになると、大会の"センターコート"である15000席の ロッド・レーバー・アリーナでの試合を観戦できます。

グランドスラム開催都市を訪れる
2017年の全豪オープンテニス開催中、グランド・スラム・オーバル(ロッド・レーバー・アリーナとハイセンス・アリーナの間)で、パリ、ニューヨーク、ロンドン、メルボルンの4つのグランドスラム開催都市を体験することができます。パリのエリアでは、クレープやマカロンを楽しみながらジプシージャズアンサンブルを聴きましょう。英国庭園の中に入ったらハイティーやストロベリー・クリーム(イチゴに生クリームをかけたウィンブルドン名物のデザート)を堪能し、ニューヨークの街角ではホットドッグをどうぞ。メルボルンエリアでは、メルボルンの有名レストラン、ママシータ(モダンメキシコカン)やガジ(カジュアルギリシャキャンティーン)の料理を試してみましょう。 大会開催期間中、オーバルは午前10時から深夜までオープンしており  、これら4つのテーマエリアを巡りながら、 ​​​​​​​大型スクリーンでテニスの試合も見ることができます。

公園でのパーティー
全豪オープンテニスが始まる直前の週末には、オーストラリアの人気バンドなどが出演する無料のライブが開催されます(1月14日〜15日)。スタジアムのすぐ外側の川岸にある緑豊かな 公園、 ビララング・マールで開催され、入場は無料です。大会が始まると、試合を観戦できる大型スクリーンが設置され、メルボルンで一番ホットなレストランのグルメも楽しめるので、人気のスポットとなります。観戦チケットがあれば、さらにライブが行なわれている公園中央のテラスに入場できます。

必見ポイント

テニスファンの熱意を次のレベルへ。 ビララング・マールに無料フェイスペインティングのコーナーがあるので、顔にペイントしてもらい、お気に入りの選手を応援しましょう。ビララング・マールからメルボルン・パークにつながっている歩道橋の横にあります。 

交通手段

メルボルン中心街からメルボルン・パークまでは徒歩で約10分です。または、トラムの70番線を利用して、メルボルン・パークの最寄りの停留所まで行くことも可能です(ロッド・レーバー・アリーナは7Bの停留所、ハイセンス・アリーナは7Cの停留所で下車)。その他、メルボルン・パーク最寄りの リッチモンド駅またはジョリモント駅まで電車を利用することもできます。

近郊で楽しめるその他のアクティビティ

メルボルンのガイド

メルボルンのガイド

スタイル、スポーツ、文化、ダイニングが融合したエキサイティングなメルボルンに来たら、家に帰りたくなくなるかもしれません。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
メルボルンの楽しみ方トップ10

メルボルンの楽しみ方トップ10

メルボルンの路地裏散歩は、この多様な街の1つの側面でしかありません。 クリケットやサッカーもぜひお楽しみください。 芸術と文化も吸収できます。 高級ダイニングか、それともパブで極上のバーガーを味わうか。 地元デザイナーのファッションか、それともベイサイドをサイクリングするか。 どちらが好みでも、メルボルンは選択肢がいっぱいです。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
メルボルン、セント・キルダのローカルガイド

メルボルン、セント・キルダのローカルガイド

1世紀以上に渡ってメルボルンで不動の人気を誇っている、シーサイドの街セント・キルダが、その魅力をさらにパワーアップ。クールなバーや定評あるレストラン、オーシャンフロントの楽しい催し物は必見です。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
12使徒に感動

12使徒に感動

12使徒(Twelve Apostles)。風に削られた岩のドラマチックな光景が広がるこの海岸線ほど、日常生活から逃避できる場所はありません。 ポート・キャンベル国立公園(Port Campbell National Park)の必見スポットとして有名で、サザン・オーシャン(Southern Ocean)からそびえ立つこの荘厳なまでの石灰岩の柱は、1000万年~2000万年前まで本土の絶壁と陸続きでした。 崖が波と風に削られて形成された洞窟がアーチ型に変化し、現在では、45mもの高さの柱として残っています。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite