クリス・ヘムズワースがお勧めする、オーストラリアの旅のプラン

クリス・ヘムズワースの最新オーストラリア旅行をもとに、9日間のラグジュアリーな日程を組みました。アウトバックのスピリチュアルな赤い砂漠から荒野を渡り、険しい山々を訪ね、静かな白い砂浜と熱帯のマリンブルーの海へと向かう大自然を満喫するコースです。 クリス・ヘムズワースがお勧めする、オーストラリアの旅のプラン
Site Requires Javascript - turn on javascript!

クリス・ヘムズワースがお勧めする、オーストラリアの旅のプラン

ウルル – ダーウィン – キンバリー地域– ケアンズ– ヘイマン島


「家族と過ごしたオーストラリアの旅はこれまで味わったことのない印象的な体験で、一生忘れることはないでしょう。オーストラリアの自然の美しさはいつも私の心を虜にします。レッドセンターからウルルにかけての雄大な砂漠の風景、そしてキンバリー地域の人里離れた場所にひっそりと水をたたえる泉、さらにヘイマン島の鮮やかな島々まで、透き通った美しい水とどこまでも続く真っ白なビーチが私たちを迎えてくれます。オーストラリアにはすべてが揃っています。」クリス・ヘムズワース

 

クリス・ヘムズワースの最新オーストラリア旅行をもとに、9日間のラグジュアリーな日程を組みました。アウトバックのスピリチュアルな赤い砂漠から荒野を渡り、険しい山々を訪ね、静かな白い砂浜と熱帯のマリンブルーの海へと向かう大自然を満喫するコースです。ラグジュアリーな宿泊施設、スペシャリストによるツアー、オーストラリアの魅力を余すところなく盛り込んだ見所満載のコースとともに、このガイドでオーストラリアを満喫していただけることでしょう。

1日目
 

午前中

旅はオーストラリアのスピリチュアルの中心地、レッドセンターから始まります。この地へたどり着くにはシドニー、メルボルン、ケインズから毎日出発するアリス・スプリングス行きのフライトで、アリス・スプリングスからウルルへ乗り継ぐか、出発地からウルルのエアーズロック空港へ直接向かいます。 

到着後はホテル、「セイルズ・イン・ザ・デザート-エアーズロックリゾート(Sails in the Desert - Ayers Rock Resort)」へ向かいチェックイン。 

 

午後

アウトバックでのツアー1日目の始まりです。ウルルのふもとを訪ね、神秘の山を間近から眺めましょう。ウルルのツアーを運営するのは「SEITアウトバック・オーストラリア(SEIT Outback Australia)」。神々しいほどに美しいムティジュル・ウォーターホールを訪れたり、アボリジニの壁画を鑑賞したり。この地域の豊かな文化や神秘的な先住民文化にまつわる歴史について学びましょう。日暮れ間際には日没の絶景ポイントへ移動し、ウルルを一望しながら大地に沈む夕日を楽しみましょう。軽食と夕暮れ時にぴったりなお飲み物をご用意いたします。夕日を堪能したあとは、フィールド・オブ・ライトに向けて出発です。ノーザン・テリトリー準州の中心に設置された5万個を越えるイルミネーションが浮かび上がるフィールド・オブ・ライト。太陽光を利用したスティックに球状のガラスを載せたランプが日没から夜にかけてあたりを照らします。 

セイルズ・イン・ザ・デザートへ戻り、「タリ・ウィル(Tali Wiru)」にてご夕食です。タリ・ウィルではオーストラリア産の高級ワインとともに、メニューからお好きな料理をお選びいただける4皿のコースディナーをご賞味いただきます。メニューの一例としては、カンガルーのリエット、ダーリング・ダウンズの和牛フィレステーキ、Glacier 51のメロ、2度焼きしたハイジ牧場のグリュエールスフレなどがございます。 

2日目
 

午前中

早朝、SEITアウトバック・オーストラリアのガイドがウルルの日の出ビューポイントへご案内します。冬季は寒さをしのげる服装(重ね着)をお願いします。ガイドがホテルへお迎えにあがり、日の出ビューエリア、タリングル・ニャクンチャクへご案内します。広大な砂漠に光が差し、ウルルを照らし出す幻想的な瞬間をお楽しみいただきます。ガイドがアナング族の長老たちから伝えられたソングラインや子供たちの物語について語ってくれることでしょう。

日の出を楽しんだあとは、エアーズロックリゾートへ戻ります。 

午後

ウルル空港へ移動し、ウルルから航路でダーウィンへ向かいます(アリス・スプリングス経由)。フライト時間は3時間30分。

この日の宿となる、ミンディル・ビーチのすぐそばの「SKYCITYダーウィン(SKYCITY Darwin)」へ移動します。新しく生まれ変わったウォーターフロントにはレストラン、ショップ、砂の礁湖、緑地など、ダーウィンの見所が凝縮されています。

5月から10月まで開催されるミンディル・ビーチ・サンセット・マーケットにもぜひ足を運んでみましょう。ティモール海に沈む夕日に映えるフラミンゴの群れも必見です。ヤシの木の下に腰を下ろして、出来たてアツアツのアジア料理をご堪能ください。腹ごしらえを済ませたらミッチェル・ストリートにずらりと軒を並べる、人々で賑わうバーやパブ、ライブハウスを覗いてみるのもおすすめです。喧噪を離れてくつろぎのひとときをお望みなら、ホテル内の「エブー・レストラン(Evoo Restaurant)」でディナーはいかがでしょうか。

3日目
 

午前中

カレン・ベイ・マリーナの風に揺らめくヨットを眺めながら遅めの朝食を楽しんだら、ダーウィン空港へ移動し、カナナラへ1時間ほどのフライトを楽しみましょう。滞在先は「バークレー・リバー・ロッジ(Berkeley River Lodge)」です。

バークレー・リバー・ロッジは完全な私有地であるため、カナナラ・ダーウィン間を毎日運航する「シーニック・エア・トランスファー(Scenic Air Transfer)」を予約する必要があります。

午後

午後は専用ヘリコプター・アドベンチャーへ出かけましょう。キンバリー地域周辺を空からご案内します。ヘリコプターの旅は海岸線の飛行を楽しんでから、キンバリー地域の街並みを越えて内陸へと向かいます。キング・ジョージ・フォールズなどの絶景をご満喫ください。よく目を凝らしてカメやワニなどの両生類を見つけましょう。運が良ければなかなか目にすることのかなわないジュゴンに会えるかもしれません。夕暮れ前には着陸して、絵のように美しい風景の中、泉でひと泳ぎ。

4日目

「バークレー・リバー・ロッジ(Berkeley River Lodge)」の「ドゥーンズ・レストラン(Dunes Restaurant)」でご朝食をお楽しみいただいたあとは、一日リバー・クルーズに出かけましょう。

バークレー・リバーはこの世のものとは思えない絶景と、荒々しく切り立つ岩の絶壁、あちらこちらに点在する秘境の泉が魅力です。また、この川にはイリエワニやワラビーなどの野生動物が生息し、野鳥の楽園でもあります。

川辺に降り立ち上流へのハイキングも楽しめます。このハイキングは約30分ほどの行程で、その後はボート上でご昼食をお召し上がりいただく場所へ移動します。

ご昼食後はカジュアリーナ・フォールズへハイキングか、船のデッキから釣りをお楽しみいただけます。クルーズはご夕食の時間までにホテルまでお送りします。

5日目
 

午前中

ホテルでのご朝食後、ダーウィン空港まで移動します。ここからケアンズまで航路で移動します(2時間25分)。

この日の宿泊施設はシャングリラ・ホテル・アット・ザ・マリーナです。午後の予定にお出かけになる前に、ホテルのプールサイドでゆったりとしたひとときを楽しみましょう。プールサイドにあるバーのカクテルもぜひご賞味ください。

午後

この街のあらゆるアトラクションの中心とも言うべきケアンズ・エスプラナードをそぞろ歩けばトロピカルなバカンス気分が一層高まります。巨大なソルトウォーター・ラグーンで水遊びに興じたり、ケアンズ・ボタニック・ガーデンでの散歩を楽しんだり。熱帯雨林のはずれにあるミッション・ビーチでのんびりした午後のひとときを満喫。

6日目
 

午前中

空港へ向かう前にはエスプラナード周辺のオープンエア・カフェでご朝食をお楽しみください。次の目的地はハミルトン島。1時間10分のフライトです。

今夜の宿泊先となる「ワン&オンリー・ヘイマン・アイランド(One&Only Hayman Island)」へはヘリコプターか水上飛行機を利用します。オーストラリアの最北端、グレート・バリア・リーフのウィットサンデー諸島にほど近いワン&オンリー・ヘイマン・アイランドは、ゆったりと楽しめるオーストラリア随一のラグジュアリーな旅先の1つとして名高い場所です。

午後

ビーチのアクアズーレで遅めのランチをお楽しみください。珊瑚海はまさに地上の楽園。夢のような絶景をお楽しみください。

ワン&オンリー・ヘイマン・アイランドでゆったりとした午後のひとときを楽しみましょう。カクテルを片手にプールサイドでリラックスするも良し、ウィットサンデー諸島へサンセットセーリングへ出かけるも良し。極上の時間があなたを待っています。ヤシの木が果てしなく続く真っ白な砂浜、砂浜の向こうには言葉に言い尽くせないほど蒼く澄んだ海。ウィットサンデー諸島は熱帯の楽園そのものです。

7日目

午前中

この日は午前中いっぱいかけてダイビングやシュノーケルを満喫しましょう。ウィットサンデー諸島の美しい珊瑚礁を堪能し、世界屈指のダイビングを体験しましょう。ナポレオンフィッシュの鮮やかな色、小さなバラクーダの群れ、そして、群生する色とりどりの珊瑚を独り占め。船は2時間係留されますので、ダイビング、シュノーケル、水泳、ただただリラックスするのもよし。思い思いにお過ごしください。

午後

リゾート・ルックアウト・ハイクでウィットサンデー諸島に沈む、息を飲むほど美しい夕日を満喫しましょう。この展望台は島で2番目に高い場所にあり、その先には切り立った絶壁があります。そこからメイン・リゾート・エリア、マリーナ・ビレッジ、周囲の島々を臨むパノラマの絶景は言葉では表せないほど。日暮れ前に帰途につきましょう。その頃には野生のワラビーやオオコウモリが巣から起き出してきます。餌を求めて行き交う彼らの姿を目にすることができるかもしれません。

 

8日目

この日はもっとも人里離れた、貴重な場所を訪ねるグレート・バリア・リーフで過ごす一日。一生思い出に残る旅となることでしょう。

穴場的なベイト・リーフで、シュノーケルやダイビングを楽しみましょう。カラフルなサンゴ礁の魚、巨大なハタ、カメ、マンタなど、澄み切った海の中に棲む様々な海洋生物をご覧ください。この他、ステッピング・ストーン、パラダイス・ラグーン、マンタ・レイ・ドロップ・オフなどのダイビングスポットもあります。

すべての機材はすべて用意されています。シュノーケル、ダイビング、水泳など、思いのままにお楽しみください。

9日目

最終日の午前中は旅の疲れを癒やすひとときを。「ワン&オンリー・スパ(One&Only spa)」で活力を取り戻しましょう。緑豊かな熱帯雨林に抱かれて、樹々に縁取られたスパ専用ルームでアロマティック・マッサージ、または、デザート・フィグ・シード・オイルやワイルドカモミールを使った評判の高いフェイシャル・マッサージで活き活きとしたお肌を取り戻しましょう。

午前中、たっぷりとエネルギーをチャージしたあとはヘリコプターか水上飛行機でケアンズ空港へ戻ります。 

詳細

ウルル、ノーザン・テリトリー

ウルル、ノーザン・テリトリー

世界遺産に登録されているウルルは、オーストラリアを代表する観光名所です。 オーストラリアのレッド・センター(Red Centre)に位置するウルル・カタ・ジュタ国立公園の中心部にあるウルルは、オーストラリア先住民の文化や精神が息づく古来の聖地です。 ウルルの荘厳な姿を堪能し、たぐいまれな砂漠の風景を楽しむには、さまざまな方法があります。 アボリジニのガイドの案内でウォーキングを楽しみ、ドリームタイム(アボリジニの創世神話)の時代から伝わる古来の伝統や言い伝えを学びましょう。 ヘリコプターや熱気球に乗って上空から眺めることもできます。 ハーレー・ダビッドソンのバイクやラクダに乗って、黄土色の砂漠を巡りませんか。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
ダーウィンとトップ・エンドの楽しみ方トップ10

ダーウィンとトップ・エンドの楽しみ方トップ10

ノーザン・テリトリー(Northern Territory)の首都でアドベンチャーに乗り出しましょう。 世界でもエキサイティングでユニークなトップ・エンドは、先住民の文化と自然の美の宝庫です。 ノーザン・テリトリーは地球で最もすばらしい野生動物の生態を誇るだけではありません。街には、すてきなレストランや気品あるバー、豪華な宿泊施設など「野生とかけはなれた」魅力もあります。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
キンバリー地域の見どころ

キンバリー地域の見どころ

ブルーム(Broome)のケーブル・ビーチ(Cable Beach)ではラクダに揺られながら美しい夕陽を眺め、バングル・バングル(Bungle Bungle Range)では遊覧飛行で上空から絶景を楽しみましょう。 雄大なアーガイル湖(Lake Argyle)をクルーズすれば、バカニア諸島(Buccaneer Archipelago)で打ち上げる、ビルよりも高い波を見ることができます。 4WDでギブ・リバー・ロード(Gibb River Road)に沿って渓谷や迫力ある川を越えたり、ブルーム(Broome)から人里離れたダンピア半島(Dampier Peninsula)までの赤土のダート・ロードを走るコースもおすすめです。 キンバリー(Kimberley)へようこそ - ここには、太古の昔に形作られた果てしなく広がる手付かずの大自然、美しい渓谷、珍しい形をした岩の数々、天然プール、そして金色に輝くビーチが待っています。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
ケアンズの楽しみ方トップ10

ケアンズの楽しみ方トップ10

グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)は確かに有名ですが、クイーンズランド州最北部の町ケアンズを見ずして去ることなかれ。 美しいビーチ、壮大なヒンターランド、地元産のオーガニック農産物、素敵なカフェやバー、賑やかな市場やのんびり優しい人々。ケアンズを好きになる理由がこれだけ揃っているのですから。 リラックス派も、行動派も、 南国ムードの満点のケアンズで充実した休暇をお過ごしください。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
ウィットサンデー諸島(Whitsunday Islands)

ウィットサンデー諸島(Whitsunday Islands)

ウィットサンデー諸島には、世界遺産のグレート・バリア・リーフと、コーラル・シー(Coral Sea)の穏やかな波に抱かれた74の島々があります。 ヤシの木と透き通った青い水に囲まれた白い砂浜が美しい、ひっそりとしたウィットサンデー諸島は、まさに絵に描いたような熱帯の楽園です。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite