アデレードの楽しみ方トップ10

丘と海の間に佇むアデレードは、今、ライフスタイルの中心地になりつつあります。 すでにワインと食文化で名声を博したこの優美な街は、小規模バーの盛り上がりや世界クラスの祭り、優れたエコ・アドベンチャーで急速な変貌を遂げています。 アデレードの楽しみ方トップ10
Site Requires Javascript - turn on javascript!

アデレードの楽しみ方トップ10

アデレードの楽しみ方トップ10を参考に、旅行を計画しよう。


丘と海の間に佇むアデレードは、オーストラリア・ライフスタイルの中心地になりつつあります。 これまでも、ワインと食文化で有名なこの優美な街は、小規模バーの盛り上がりや世界的クラスのフェスティバル、優れたエコ・アドベンチャーで急速な変貌を遂げています。

アデレードの路地裏バー

倉庫や店舗がバーに変身するアデレードの路地裏めぐりはどうでしょうか。タパスからセルビア料理まで多彩な味が楽しめます。 ピール・ストリート(Peel Street)とリー・ストリート(Leigh Street)界隈では、クレバー・リトル・テイラー(Clever Little Tailor)で手始めにワインを飲み、その後バーブシュカ(BarBushka)でカクテルを楽しみましょう。にぎやかな居酒場、プルーフ(Proof)も外せません。

Adelaide Central Market, Adelaide, SA

アデレード中央市場で新鮮な食材を試食

産地直送のフルーツや野菜から、ホルモン剤不使用の肉、職人が作る高品質チーズ、スモーク・ミート、シーフードまで、南オーストラリア州が誇る豊かな食材にあふれる市場です。 エスプレッソも軽食も何でも見つかるのが中央市場です。 朝にお勧めなのは、マーク・グリーソン(Mark Gleeson)の朝市ツアー。食材を試食したり、市場で働く人々とのおしゃべりが楽しめます。

歴史あるポート・アデレード(Port Adelaide)を散歩

ポート・アデレードと言えば、19世紀の建物が美しい街。オーストラリアらしいパブや雰囲気の良い古い波止場を探索してみましょう。 観光案内所でウォーキング・ツアー用の地図を手に入れ、周辺を自分の足で歩いてみましょう。また、イルカのコロニーがあるポート・リバー(Port River)でのカヤックや、リプソン・ストリート(Lipson Street)の海洋博物館(Maritime Museum)もお勧めです。 その後は、ポート・ドック・ブルワリー・ホテル(Port Dock Brewery Hotel)でクラフト・ビールを楽しみましょう。

 

South Australian Museum, Adelaide, SA

エレガントなノース・テラス(North Terrace)でギャラリーめぐり

アデレードで最もエレガントな大通りであるノース・テラスは、街で最も重要な文化施設が集まる場所です。 州会議事堂(State Parliament)、アデレード・カジノ(Adelaide Casino)、コンベンション・センター(Convention Centre)のほか、並木道沿いには南オーストラリア州立美術館(Art Gallery of South Australia)南オーストラリア博物館(South Australian Museum)、アデレード大学(University of Adelaide)があります。 ウォーキングの締めくくりに、植物園(Botanic Gardens)へ。アデレードの過去から引き継がれている歴史的な建造物と3つの印象的な温室があります。

イースト・エンド(East End)でショッピング

個性的なアイテムをお求めなら。 アデレードのイースト・エンド、ランドル・ストリート(Rundle Street)がお勧めです。 かつて中央市場があった場所が、小売のルネッサンスを迎えています。 ギフトならバウハウス(Bauhaus)、家庭雑貨ならビンボ(Bimbo)、デザイナー・ブランドならスーキ(Sooki)は要チェック。 じっくりショッピングを楽しんだ後は、ナノ・カフェ(Nano Café)でエネルギーを補給しましょう。

Glenelg Beach, Adelaide, SA

アデレード有数のビーチでリラックス

気温が高い日は、アデレードで人気のビーチへ。 グレネルグ(Glenelg)の賑いを楽しむのもよし、板張りの埠頭があるヘンリー(Henry)とグランジ(Grange)のくつろいだ雰囲気を楽しむのもよし。ビーチサイドのカフェや昔ながらのパブでくつろぐのもよし。 究極のレトロなビーチ体験なら、セマフォー(Semaphore)もお勧めです。 散歩道やフィッシュ・アンド・チップスの店、子供にも安全な遊泳エリアやパークも充実しています。

アデレードで地元の野生動物に接近

街の中心部から10分の場所にあるアデレード動物園(Adelaide Zoo)に野生動物に会いに行きましょう。カンガルーやコアラ、その他在来種をはじめ1800頭を超える動物が暮らしています。 よりインタラクティブな体験を求めるなら、テンプテーション・セーリング(Temptation Sailing)で近隣のマリーナからイルカのウォッチングや遊泳クルーズが楽しめます。

 

River Torrens, Adelaide, SA

自転車に乗ってアデレードを探索

CBD(ビジネス街の中心部)では、フランクリン・ストリート(Franklin Street)のバイシクルSA(Bicycle SA)をはじめ、地方自治体の事務所各地に設置した多くの発着所から、日中の間、無料で自転車が利用できるようになっています。 自転車に乗って、街の探索に出掛けましょう。アデレードは平坦な道がほとんどですが、リニア・パーク(Linear Park)周辺からヘンリー・ビーチ(Henry Beach)にかけて美しい景色の中、サイクリングが楽しめます。 片道の所要時間は40分ほどです。

新しいアデレード・オーバル(Adelaide Oval)の見学

長年、世界で最も美しいクリケット・スタジアムとされてきたアデレード・オーバルが、先ごろ6億1000万豪ドル規模の改修工事を終え、 華やかに生まれ変わりました。 街を象徴するこのスタジアムの舞台裏が見られるガイド付きツアーをぜひ試してみましょう。 世界の名打者ドナルド・ブラッドマン卿(Sir Donald Bradman)の私物や写真を集めたブラッドマン・コレクション(Bradman Collection)もお勧めです。

K1 Winery, Adelaide Hills, SA

アデレード・ヒルズ(Adelaide Hills)へ

静かなアデレード・ヒルズは、エネルギーをチャージできる場所。 山々は街の背景にただそびえるわけではありません。食材をもたらしてくれる場所であり、約50軒のワインセラーがあるなど、ワインの主要生産地でもあります。 ランチはぜひザ・レーン・ビニャード(The Lane Vineyard)バード・イン・ハンド(Bird in Hand)で。