ダーウィンで過ごす最高の3日間

北に向かう3日間の旅で、心地良いダーウィンと近郊にあるリッチフィールド国立公園を満喫しましょう。 ダーウィンで過ごす最高の3日間
Site Requires Javascript - turn on javascript!

ダーウィンで過ごす最高の3日間

北に向かう3日間の旅で、心地良いダーウィンと近郊にあるリッチフィールド国立公園を満喫しましょう。


原文:エリー・シュナイダー 

ハイライト

  • ダーウィンの歴史をひも解く
  • ミンディル・ビーチで海に沈む夕日を見る
  • リッチフィールド国立公園の豊かな自然に触れる
     

基本データ

旅行日数:3日間 

移動距離:115km(71マイル)
移動手段:車 

最寄りの都市:ダーウィン  


料金:$$

スーツから熱帯地方のユニフォーム(Tシャツとショートパンツ)に着替えて、活気のある多文化な街 ダーウィンを探索しましょう。お洒落ななカレン・ベイ・マリーナを訪れ、埠頭の周りにある遊歩道を散歩し、ミンディル・ビーチ・サンセット・マーケットでエキゾチックなグルメを味わいましょう。コンパクトなダーウィンの中心街から離れると、ワニが生息するアデレード川をクルーズしたり、リッチフィールド国立公園の滝つぼで泳いだり、様々なアクティビティが楽しめます。

1日目:マリーナ、マーケットとミッチェルストリート

ノーザンテリトリー、ダーウィン、ミンディル・ビーチ・サンセット・マーケット
ノーザン・テリトリー準州ダーウィン

午前
ダーウィン1日目のスタートは、豪華な邸宅やカレン・ベイ・マリーナに浮かぶヨットを眺めながら、ゆったりと朝食を楽しみましょう。その後、マイリー・ポイント歴史的建造物保存地区へ向かいましょう。1930年代末期に高級官僚が滞在するために建てられた4つのコテージがあり、熱帯建築の代表作として有名です。そのうちの1つ、 バーネット・ハウスは、博物館として毎日一般公開されています。 ノーザンテリトリー博物館・美術館では、アボリジニアートの秀逸なコレクションを鑑賞したり、1974年にこの地域を襲ったサイクロン・トレーシーの大きな被害をリアルに再現した展示など、地元の文化と歴史について学びましょう。イースト・ポイント保護区に立ち寄ってピクニックランチを楽しんだり、アレクサンダー湖のパステルブルーの水の中でひと泳ぎするのもおすすめです。断崖の上には、舗装された自然歩道や、第二次世界大戦で使われた砲座などの兵器が残っています。

午後
 ダーウィン軍事博物館の隣にあるディフェンス・オブ・ダーウィン・エクスペリエンスで、インターラクティブなマルチメディアの展示を通して、第二次世界大戦中のダーウィンの役割について学びましょう。その後、 ジョージ・ブラウン・ダーウィン植物園で、ランやアナナス、ソテツやヤシの木の中を散策しましょう。4月から10月の木曜日と日曜日の夜に開催される ミンディル・ビーチ・サンセット・マーケットに向かい、ワニのグリル、スリランカカレー、シーフードのバーベキューなど、ダーウィンの美味しいグルメを楽しみましょう。ビーチに座って、ティモール海に沈む夕日で空がピンク色に染まっていくのを眺めるのもおすすめです。マーケットには、ハンドメイドのジュエリーやアート、工芸品などを販売する露店も数多く並んでいます。ここからすぐ近くの スカイシティ・リゾート​に宿泊して、1日を終えましょう。

2日目 歴史、クロコダイル、クルーズ

ノーザンテリトリー、ダーウィン、アレー・キャッツ・パティスリー
ノーザン・テリトリー

午前
 アレー・キャッツ・パティスリー で、甘いワッフルか食事用ワッフル、濃厚なシェーク(スニッカーズやオレオのフレーバーがあります)、絶品のコーヒーなどをオーダーして、朝食を楽しみましょう。国会議事堂や、第二次世界大戦中に日本軍が爆撃した歴史ある入り江は、ここから徒歩ですぐです。 ヘリテージ・アンド・カルチュラル・トレイル ​を歩き、初期入植者の軌跡を辿りましょう。ダーウィンの海洋の歴史を学んだり、先住民ララキア族の聖地や、第二次世界大戦中に石油を貯蔵するために使われていた地下のトンネルなどを訪れることができます。リクリエーション​か ウェーブ・ラグーン でひと泳ぎして、 ストークス・ヒル・ワーフで穫れたての新鮮なシーフードを味わいましょう。

午後
ダーウィンから車で南東に1時間走ると、アデレード川に到着します。ジャンピング・クロコダイル・クルーズに参加して、ワニの迫力の顎を観察してみましょう。ダーウィンで過ごすなら、 クロコダイラス・パークでイリエワニや淡水ワニを間近で観賞しましょう。このパークにはクロコダイル博物館もあり、園内ではカンガルーやワラビー、水牛、ウミガメ、ヘビなど他の動物を見ることもできます。夜は賑やかなミッチェル・ストリートで食事をしましょう。 ハヌマン を予約して、ラムコーマやバターチキンなどアジアの味覚を堪能しましょう。ローストバナナやココナッツをトッピングしたアイスクリームなど、デザートもおすすめです。ディナーの後は、野外映画館の デッキチェア・シネマ​で、星空の下の映画鑑賞を楽しみましょう。乾季(4月中旬から11月中旬)は毎晩上映しています。

3日目:リッチフィールド国立公園への日帰り旅行

ノーザンテリトリー、リッチフィールド国立公園、フローレンス・フォールズ
フローレンス・フォールズ

午前
早起きして車で1時間半走り、美しい リッチフィールド国立公園へ向かいましょう。ここでは、緑豊かなモンスーン雨林を通るウォーキングトレイルを歩いたり、冷たい清流が溢れる自然のプールで泳いだりして1日を過ごすことができます。公園内の主な見どころへアクセスするための道路は舗装されていますが、ロスト・シティやレイノルズ・リバー・トラックへ行くには4WD車が必要です。旅のスタートは、ワンギ・フォールズでひと泳ぎした後、カフェで朝食を食べ、そこから1時間歩いて(往復)滝口まで行ってみましょう。2本の滝がほとばしるフローレンス・フォールズには、160段の階段を下りたところに泳げる壮大な滝つぼがあり、滝口には展望台があります。

午後
4WD車をドライブして、ロスト・シティの太古の砂岩の柱を見に行きましょう。数千年に渡って岩が浸食されたことによって形成されたもので、古代文明を想起させる遺跡です。あるいは、 ヘリコプターのシーニックフライトに乗って、ロスト・シティや激しく流れる滝を上空から眺めるのもおすすめです。フライトは、所要時間6分から60分のコースがあります。ドライブを続けると、歴史的なバンブー・クリーク錫鉱山やブライス・ホームステッド(農場)、高さ2mもある巨大なアリ塚を見ることができます。1日の締めくくりは、バレー・ロックホールでひと泳ぎしましょう。滝や岩のプールがいくつもあり、駐車場から歩いてアクセスできます。宿泊は、農場、キャビン、キャンプ場など幅広い宿泊施設を備えた リッチフィールド・ツーリズム・パーク​を利用するか、車でダーウィンまで戻りましょう。ハイウェイを走って戻る途中、 テリトリー・ワイルドライフ・パーク ​に立ち寄りましょう。魚、猛禽類、夜行性動物、爬虫類などを自然の中で間近に見ることができます。

ダーウィンへの旅を予約する

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading