クージー・ビーチ(Coogee Beach)、ニュー・サウス・ウェールズ州(New South Wales)

シドニー(Sydney)の中心部からわずか20分のクージー・ビーチを探索してみましょう。 この、家族連れに最適なビーチで楽しめるウォーター・スポーツと海岸沿いのウォーキング・コースについてご紹介します。 キラキラと輝くビーチ、広大な海岸沿いのウォーキング・コース、海洋保護区でのサーフィン、シュノーケリング、スキューバ・ダイビング。クージーにはオーストラリアのビーチでの典型的なライフスタイルが集約されています。 クージー・ビーチの弧を描いて広がる金色の砂浜と、昔からある海水プール、そしてバーベキューやピクニックを楽しめる数多くの緑の公園は、活気のあるシドニー中心部からほんの20分の場所にあります。 ライフセーバーが一年を通してパトロールを行うここは、安全に泳げるファミリー向けのビーチです。 クージーはまた、シドニー近郊の最も古い街の1つであり、多くの歴史的な建物があります。 周囲の崖の上は、壮観なブッシュ・ウォークになっており、シドニーで最もすばらしいとされる眺めを楽しめます。 クージー・ビーチ(Coogee Beach)、ニュー・サウス・ウェールズ州(New South Wales)
クージー・ビーチ(Coogee Beach)、ニュー・サウス・ウェールズ州(New South Wales)
Site Requires Javascript - turn on javascript!

クージー・ビーチ、ニュー・サウス・ウェールズ州

シドニー(Sydney)の中心部からわずか20分のクージー・ビーチを探索してみましょう。 この、家族連れに最適なビーチで楽しめるウォーター・スポーツと海岸沿いのウォーキング・コースについてご紹介します。

キラキラと輝くビーチ、広大な海岸沿いのウォーキング・コース、海洋保護区でのサーフィン、シュノーケリング、スキューバ・ダイビング。クージーにはオーストラリアのビーチでの典型的なライフスタイルが集約されています。 クージー・ビーチの弧を描いて広がる金色の砂浜と、昔からある海水プール、そしてバーベキューやピクニックを楽しめる数多くの緑の公園は、活気のあるシドニー中心部からほんの20分の場所にあります。 ライフセーバーが一年を通してパトロールを行うここは、安全に泳げるファミリー向けのビーチです。 クージーはまた、シドニー近郊の最も古い街の1つであり、多くの歴史的な建物があります。 周囲の崖の上は、壮観なブッシュ・ウォークになっており、シドニーで最もすばらしいとされる眺めを楽しめます。

クージー・ビーチはシドニー近郊の最もすばらしいビーチの1つで、シドニーの街の東側に位置しています。
波が穏やかで、1年を通してパトロールが行われるため安心して泳げるファミリーに最適なビーチとして知られています。

ビーチ南のカーブした辺りに、グラント保護区(Grant Reserve)へと続く公園があり、そこにはオーシャン・ビューの気持ちのよいピクニック・エリアと、子供の遊び場があります。 これらの広大なエリアは、東海岸沿いのウォーキング・コースの一部です。

ビーチの北の端には、ドルフィン・ポイント(Dolphin Point)からジャイルズ・バス(Giles Baths)へと続く階段があります。ジャイルズ・バスは、岩に囲まれ、波が押し寄せる大きな天然プールです。 また、ゴードン湾(Gordon Bay)を囲む、ブロンテ・ビーチ(Bronte Beach)の南端からクージー・ビーチの北端までのエリアはブロンテ・クージー水生保護区(Bronte Coogee Aquatic Reserve)です。 ここでは、ニュー・サウス・ウェールズ州の州魚であり、この土地の人口と同じ位生息する、好奇心旺盛なジャイアント・ブルー・グローパーと一緒にシュノーケリングやスキューバ・ダイビングを楽しめます。

ビーチの南端には、クージー・サーフ・ライフ・セービング・クラブ(Coogee Surf Life Saving Club)があり、 オーストラリアで最も古く、1907年に設立されました。 1年に1度開催されるサーフ・カーニバルで、ボランティアで活動するオーストラリアのライフセーバーの活躍を見てみませんか。 夏の週末には、クージー・ミノーズ(Coogee Minnows)と呼ばれるオーストラリアのライフセーバーの卵たちが訓練を行う姿を見ることができます。

ビーチの南端では、ウォーキング・コースがマカイヴァーズ・バス(McIvers Baths)へと続いています。ここは1876年から存在し、論議を呼んだ有名な女性専用の天然プールです。 さらに南へ進むと見えてくるワイリーズ・バス(Wylies Baths)は、1900年代初頭に、オーストラリアの遠泳チャンピオンであるヘンリー・アレクサンダー・ワイリー(Henry Alexander Wylie)によって作られたものです。 水遊びでリフレッシュしたら、海のすぐそばでマッサージを楽しんではいかがでしょう。早朝のヨガクラスに参加するのもいいでしょう。

 

Coastal Walk from Bondi to Coogee, Sydney, NSW

Coastal Walk from Bondi to Coogee, Sydney, NSW

クージーからボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)までの6kmにおよぶコーストウォークは、わかりやすい標識に導かれながらの約2時間の道のりです。 途中では、シドニーで最も美しいと言われる海岸の風景と、人の少ない静かな入り江を楽しむことができます。

クージー・ビーチ沿いのプロムナードには、復元された歴史的建造物やすてきなレストラン、カフェ、そしてファッショナブルなブティックもあります。 水遊びを楽しんだ後は、リッツ・シネマ(Ritz Cinema)で最新の映画を観たり、国際色豊かなクージー・ベイ・ロード(Coogee Bay Road)でショッピングを楽しむこともできます。 近隣の街、ケンジントン(Kensington)とランドウィック(Randwick)は、センテニアル・パークランド(Centennial Parklands)にもほど近く、乗馬やバードウォッチング、またはただのんびりと過ごすのにもうってつけです。

クージー・ビーチの約800メートル沖合には、1980年代にオーストラリアのロックバンド、ミッドナイト・オイル(Midnight Oil)が曲にした、ウェディング・ケーキ島(Wedding Cake Island)が浮かんでいます。 年に一度のアイランド・チャレンジ(Island Challenge)は、この島の周囲を泳ぐスイミング・マラソンであり、オーシャン・スイミング・カレンダーの恒例のイベントです。

シドニーにお越しの際は、ぜひクージー・ビーチを訪れてください。 シドニーの中心から、バスで簡単に行くことができます。

More Holiday Ideas

See what else there is near here to inspire your holiday planning.

シドニー

シドニー

シドニー

シドニー・ハーバーと歴史上重要なロックスの周辺で、シドニーの自然美と文化を体験しましょう。 ボンダイ、ブロンテ、クージー、パーム・ビーチなどの有名なビーチを探索。 シドニー・ハーバー国立公園でのブッシュウォーキング、世界一流のレストランでの食事、ブルー・マウンテンズ観光など。 マルディグラや大晦日の花火大会など、華やかなイベントに参加してみましょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
シドニーのボンダイからブロンテへ

シドニーのボンダイからブロンテへ

シドニーのボンダイからブロンテへ

夏のシドニーは海なくしては語れません。その象徴ともいうべき場所が、ボンダイ(Bondi)からブロンテ(Bronte)までの海岸です。ボンダイでサーフィンの講習を受け、タマラマ(Tamarama)に集うビーチ族の仲間入りをし、ブロンテの家族連れにも安心な岩のプールで泳いでみてください。ボンダイ・トゥー・ブロンテ・ウォーク(Bondi to Bronte Walk)は、景色のいい短距離の散策ルート。海岸線に沿って続き、3つのビーチすべてを見物することができます。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
シドニーのグレート・コースタル・ウォーク

シドニーのグレート・コースタル・ウォーク

シドニーのグレート・コースタル・ウォーク

他の場所では決して味わえない1週間の冒険旅行で、湾の北にあるバレンジョイ( Barrenjoey)から南にあるクロヌラ( Cronulla)まで、シドニーの海岸を余すところなく歩き尽くしましょう。どちらを起点にしても構いません、お好みに合わせて一部分を選ぶことだってできます。日帰りで歩ける景色のいいコースだけや、メインコースからひとめぐりできる周回コースを歩くことも可能です。また、途中で公共の交通手段を使うことも、端から端まで残らず歩きとおすこともできます。 コースは目もくらむような岬や砂岩の崖、まぶしく光るビーチ、波静かな入り江、青々としたラグーン、奥深いブッシュなどを通り、シドニー郊外のビーチとビーチを結んで続いています。 沿道には先住民族アボリジニが暮らしていた頃や、植民地時代の記憶を残すモニュメントが点在し、シドニーの歴史をしのばせてくれます。北にあるボウディ国立公園(Bouddi National Park)やブリスベン・ウォーター国立公園(Brisbane Water National Park)と、南にある王立国立公園(Royal National Park)を結ぶフェリーによるアクセスもあります。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
オーストラリアでサーフィンを楽しむ

オーストラリアでサーフィンを楽しむ

オーストラリアでサーフィンを楽しむ

どんなレベルにも最適なパーフェクトな波がたつ、オーストラリアは世界有数のサーフ・スポット。東海岸はパシフィック・オーシャン、西海岸はインド洋、南海岸はサザン・オーシャンといった大海原がベストな自然環境のもとパワフルなウエイブを創り上げます。まずは、ビクトリア州トーキー(Torquay)近郊のベルズ・ビーチ(Bells Beach)に行ってみましょう。グレート・オーシャン・ロード沿いにあり、ビクトリア州のサーフ・コースト(Surf Coast)への玄関口にあたります。ニュー・サウス・ウェールズ州では、バイロン・ベイ(Byron Bay)、ニューキャッスル(Newcastle)、シドニーとその南海岸一帯がベスト・スポットです。バーレー・ヘッズ(Burleigh Heads)か、クイーンズランド州のゴールド・コーストにあるスナッパー・ロックス(Snapper Rocks)の世界最長の波がたつサーフ・スポット。南オーストラリア州では、フルリオ半島(Fleurieu Peninsula)、ヨーク半島(Yorke Peninsula)、エア半島(Eyre Peninsula)、さらにライムストーン・コースト(Limestone Coast)などにもすばらしいコンディションのサーフ・スポットが点在しています。 西オーストラリア州では、パース、そしてマーガレット・リバー(Margaret River)、エスペランス(Esperance)にサーフ・スポットが集中。タスマニア州のサザン・オーシャン沿岸ではホバート、ブルーニー島(Bruny Island)、ロンセストン(Launceston)、デボンポート(Devonport)、マラワ(Marrawah)に好スポットがあります。自然がそのままに残された海岸で、誰にも邪魔されることなく、自分のスタイルに最適なビッグ・ウエイブを見つけてください。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加