ダーウィンのウォーターフロント

ダーウィンの街で今いちばんワクワクするところといえば、誰しも思い浮かべるのは再開発が終わったウォーターフロントでしょう。レストランやショップ、砂でできたラグーン、広々とした公園などが並ぶ心躍るエリアです。ラグーンで泳いだり、波止場で釣りをしたり、オープンエアのレストランで獲れたてのシーフードを食べたり、海辺の大邸宅の間を散歩したりと、楽しみは尽きません。ウォーキング・コースを歩いたり屋外に展示されたアート作品を眺めたりしながら、この一帯の豊かな歴史を実感してください。今は家族連れやビジネスマン、観光客など多くの人たちが訪れる場所ですが、アボリジニのララキア族(Larrakia)やかつてインドネシアの商人たち、ヨーロッパからきた入植者たちが暮らしていた頃の雰囲気もしっかりと残されています。 ダーウィンのウォーターフロント
ダーウィンのウォーターフロント
Site Requires Javascript - turn on javascript!

ダーウィンのウォーターフロント

再開発が行われたダーウィンのウォーターフロントに行って、地元の人やレジャー客といっしょに楽しい時間を過ごしましょう。熱帯ならではの、のんびりした雰囲気があり、歴史や文化の香り高い街です。

ダーウィンの街で今いちばんワクワクするところといえば、誰しも思い浮かべるのは再開発が終わったウォーターフロントでしょう。レストランやショップ、砂でできたラグーン、広々とした公園などが並ぶ心躍るエリアです。ラグーンで泳いだり、波止場で釣りをしたり、オープンエアのレストランで獲れたてのシーフードを食べたり、海辺の大邸宅の間を散歩したりと、楽しみは尽きません。ウォーキング・コースを歩いたり屋外に展示されたアート作品を眺めたりしながら、この一帯の豊かな歴史を実感してください。今は家族連れやビジネスマン、観光客など多くの人たちが訪れる場所ですが、アボリジニのララキア族(Larrakia)やかつてインドネシアの商人たち、ヨーロッパからきた入植者たちが暮らしていた頃の雰囲気もしっかりと残されています。

ダーウィンのウォーターフロントは中心街から歩いてすぐのところにあり、アウトドアで楽しみながら過ごすというのが定番の過ごし方です。海辺のラグーンでは一年を通じていつでも泳ぐことができますし、適度な波がたつビーチではブギー・ボードを楽しみたい人から、小さな幼児まで、どんな人でも楽しめます。波の静かなところで泳ぎたい方は遊泳用のラグーンに行ってみるといいでしょう。魚がたくさん泳ぎ、ヨット遊びやカヌーができます。

 

Trailer Boat Club, Fannie Bay, Darwin, NT. © Tourism NT

Trailer Boat Club, Fannie Bay, Darwin, NT

遊泳用ラグーンと港のある外海を隔てている護岸の上は、遊歩道やサイクリング道路になっています。ウォーキングやジョギング、サイクリングを楽しみながら海の景色を心ゆくまで楽しみ、熱帯の街ダーウィンならではのエネルギーを感じてください。木々の生い茂った公園や庭を散策したり、海辺の邸宅群を眺めながら歩いたり、通り沿いのお店やレストランをめぐることもできます。またレストラン街のストークス・ヒル・ワーフ(Stokes Hill Wharf)に行くと、大皿に盛られたシーフードを食べながら、ダーウィンの穏やかな気候と、言葉にできないほど美しい夕日が存分に楽しめます。ここは海釣りの愛好家に人気のスポットでもあり、釣り船や港内の遊覧クルーズもここから出ています。

ダーウィンのウォーターフロント地区は歴史上の魅力も満載です。かつてこの場所では、一帯に住むアボリジニのララキア族の人たちが何世紀ものあいだ、インドネシアの商人たちと交易を行っていました。またマレーシアや中国からやってきた入植者もここに居を定めて、ダーウィンの歴史にもう一つ、重要な足あとを加えました。ヨーロッパからの入植者が市内で最初に上陸したのも、この場所でした。彼らはそれからフォート・ヒル(Fort Hill)の近くにある谷に向かい野営。また、埠頭一帯は第2次世界大戦時に日本軍の爆撃を受けた場所でもあります。ダーウィンで最初の市民公園もここに作られたほか、かつてはフランシス・クリーク(Frances Creek)と桟橋を結ぶ鉄道も走り、ストークス・ヒル(Stokes Hill)の近くに駅がありました。

 

Darwin Wharf Precinct, Darwin, NT. © Tourism NT

Darwin Wharf Precinct, Darwin, NT

こうした興味深いエピソードや出来事は、ウォーターフロント一帯の建物や広場に点在するアートを通じて知ることができます。さらに歴史を楽しみたいなら、第2次世界大戦時に石油備蓄用に掘られたトンネルの中を歩くか、トラベラーズ・ウォーク(Traveler's Walk)を散歩してみるのもお薦めです。トラベラーズ・ウォークは1895年にストークス・ヒル・ワーフが建設された時に作られた市内まで続く大通りです。20世紀の初めに作られた石造りの堤防を眺めたり、鉱山開発で財を成そうとして南オーストラリア州からやってきたジョージ・ウッドロフ・ゴイダー(George Woodroffe Goyder)が宿営した場所などが残り、往時に思いを馳せてください。

大陸最北端の街の熱帯らしく現代的なライフスタイルと長い歴史が息づく場所、ダーウィンのウォーターフロントを、ぜひ訪れてみてください。

More Holiday Ideas

See what else there is near here to inspire your holiday planning.

ダーウィン

ダーウィン

ダーウィン

野外フェスティバル、水辺のレストラン、熱帯植物が茂る植物園、アート・スポットで、この町の穏やかな気候と多様な要素が混じった食と文化をお楽しみください。 ミンディル・ビーチ・マーケットでダーウィンの味を体験し、ダーウィン・ハーバーでセーリング。博物館ではこの地域の劇的な歴史をたどりましょう。 リッチフィールド国立公園、ティウィ諸島、カカドゥ、アーネム・ランドへの玄関口であり、ガン、エクスプローラーズ・ハイウェイ、サバンナ・ウェイなど、大陸横断の旅の出発点でもあります。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
ダーウィンの芸術街

ダーウィンの芸術街

ダーウィンの芸術街

芸術が楽しめる場所はダーウィンの至る所にあります。その代表が市内にあるパラップ(Parap)地区で、現代芸術やアボリジニ・アートのギャラリーが急速に増えはじめています。そうしたギャラリーを訪問し、大物アーティストと新進アーティスト両方の作品と出会い、ダーウィンの芸術のきらめく将来性を感じ取ってください。さらに、ノーザン・テリトリー各地で制作されたアボリジニ・アートを見てまわったり、聴覚で感じ取るインスタレーションや写真など、最先端の現代芸術を鑑賞したりしましょう。パラップ周辺を見終わったら、ダーウィンの他の地域にあるギャラリーへ足をのばすか、ティウィ諸島(Tiwi Islands)行きのツアーに参加して、現地で鮮やかな色彩の絵画や工芸品を見学するのもいいでしょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
ダーウィンで過ごす最高の3日間

ダーウィンで過ごす最高の3日間

ダーウィンで過ごす最高の3日間

チモール海(Timor Sea)を望む広い湾のほとりにある風光明美な街、ダーウィンの魅力をたっぷりと味わいましょう。ビジネススーツを熱帯での正装-Tシャツと短パンに着がえて、気持のいい多文化都市に繰り出してください。熱帯植物の茂る公園で散歩やサイクリングを楽しみ、博物館でアボリジニの芸術に親しみ、ミンディル・ビーチ・サンセット・マーケット(Mindil Beach Sunset Markets)でさまざまな国の料理を味わいましょう。落ち着いた雰囲気のカレン・ベイ・マリーナ(Cullen Bay Marina)観光や、波止場周辺の史跡めぐりもお薦めです。 狭い範囲にギュッとつまったビジネス街の中心地を出て、アデレード川(Adelaide River)でワニを見たり、リッチフィールド国立公園(Litchfield National Park)の鬱蒼としたジャングルの中や滝の下で泳ぐのもいいでしょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
ダーウィンの第2次世界大戦の歴史を知る

ダーウィンの第2次世界大戦の歴史を知る

ダーウィンの第2次世界大戦の歴史を知る

1942年2月19日の木曜日は、日本軍の空爆が始まる前にはいつも通りの蒸し暑いダーウィンの朝でした。日陰でも気温が33度、湿度が90パーセントもあり、ダーウィンの2,000人の住民は(その中には女の人がたった63人しかいませんでしたが)既に大汗をかいていました。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加