ボンダイのローカルガイド

シドニーを代表する郊外の街、ボンダイの多彩なアクティビティを体験しましょう。ボンダイ・アイスバーグで水泳、サウナ、お食事を楽しんだり、幅広い種類のカフェやレストランを訪れたり、オープンエアの映画館で夏の気分を満喫したり、アクアバンプではっとするようなアートを買ったりと、充実のひとときをお過ごしください。 ボンダイのローカルガイド
Site Requires Javascript - turn on javascript!

ボンダイのローカルガイド

美しい海岸線のほかにも、ボンダイの秘密を見つけてみましょう


文章:エリー・シュナイダー

オーストラリアで最も有名なビーチ、ボンダイが愛される理由はたくさんあります。ビーチフロントのストリップ、キャンベル・パレード、カフェやレストラン、デザイナーズショップが並ぶエリア、地元の人々が週末を過ごす"ボンダイ・バブル"など、その魅力は尽きません。ハイエンドホテルの QTボンダイなど、数多くの宿泊施設も揃っています。

交通手段

シドニー中心街からボンダイ・ビーチへは、急行バスで約30分です。 シドニー中心街から電車に乗ってボンダイ・ジャンクションで下車し、バスかタクシーに乗り換えると10分でビーチに到着します。
 

必見ポイント

  • トレンディーなカフェやレストランでお食事
  • 輝く白い砂浜の間にそびえる断崖のてっぺんを歩く
  • グールド・ストリートのファッションブティックでショッピング

ボンダイビーチのハイライト

ボンダイのアクティビティトップリスト

有名なボンダイ・クージー・コースタル・トレイルを歩く
ボンダイ・クージー・コースタル・トレイルは、シドニーで最も美しい風景を望む見どころのひどつです。ボンダイ・アイスバーグの海のプールから始まり、タマラマ、ブロンテ、クローブリー、クージーのビーチを結ぶ断崖の上を行く6キロメートルのトレイルです。ウォークの所要時間は片道1時間強。 それぞれのビーチに独特な魅力があり、パーク、カフェ、ピクニックスポットを備えています。タマラマのサーフィンスポットや、ブロンテの穏やかな海のプールなど、泳ぐチャンスもたくさんあります。クローブリーを越えて、有名なスキューバダイビングやシュノーケルのスポット、ゴードンズ・ベイの小さなオアシスへ向かいましょう。ウォークの終点にある有名なシーサイドレストラン クージー・パビリオンでは、新鮮で美味しいシーフード、薪釜で焼いたピザ、屋上テラスからの美しい風景を楽しめます。

それほど知られていない、ワトソンズ・ベイへ向かうルートを行く
ボンダイからワトソンズ・ベイへ向かう、比較的空いている7キロの フェデレーション・クリフ・ウォークもお勧めです(片道1時間半)。ボンダイ・ビーチ北端のミリタリー・ロードから、ドーバー・ハイツのラリー自然保護区まで続いています。木製のウォークウェイを辿って、砂岩の岸壁やオーストラリア最古の灯台を抜け、太平洋を一望するドラマティックな風景を望むザ・ギャップへと下るコースです。ここは、5月から11月までの間、ホエールウォッチングを楽しむシドニー随一の場所となっています。ウォークを終えたら、ハーバーサイドのパブ ワトソンズ・ベイ・ブティック・ホテルでゆったりとランチを召し上がれ。

ボンダイの活気あふれるダイニングシーンを満喫する
ボンダイは、洗練されたレストラン、カジュアルなテイクアウトの店、清潔なカフェが並ぶ、シドニーで一番人気のダイニングエリアとなりました。1日の始まりには、 ポーチ&パーラー でグリーン・ブレーキー・ボウルか、 ハリーズ でリコッタ・ホットケーキのブルーベリー、オーガニック・メイプルシロップ、ダブルクリーム添えがお勧め。ランチとディナーには、 アイスバーグ・ダイニングルーム・アンド・バーで、シドニーの絶景を見ながらイタリアの郷土料理をお楽しみください。 ビーチの反対側には ノース・ボンダイ・フィッシュ が、ウォーターフロントのロケーションを活かしたシーフード中心のメニューを展開しています。ボンダイのバーは、夕方、ビーチから上がってくる人々でにぎわいます。  ネイバーフッド や、 ザ・コーナー・ハウス などのワインバーでくつろいだり、 ザ・バケット・リストでカクテルをどうぞ。スイーツをご希望ならば、 ジェラート・メッシーナ のジェラートを。塩キャラメルが 一番人気です。

グールド・ストリートでデザイナーアイテムをショッピング
ビーチからすぐの場所にあるショッピング街 グールド・ストリートには、 Jac + Jack 、Annex and MuseumTuchuzy などオーストラリアのデザイナーブランドのブティックが並ぶ、地元の人々に人気の場所です。Alexander Wang,、Helmut Lang、Rag & Boneなどの世界的なブランドや、Dion Lee、Bassikeなどオーストラリアトップクラスのブランドもあります。 通りを渡った ミー・アンド・ムー では、American Vintage、Maison Scotch、Lee Mathewsなどのシンプルでエレガントなコレクションが揃い、隣の ベイリー・ネルソンではサングラスを揃えています。ユニークなギフトなら、 イソップのラグジュアリースキンケア商品がお勧めです。 

ボンダイ・ファーマーズ・マーケットで美味しいB級グルメを堪能する
毎週土曜日、 ボンダイに住む人々はまず ファーマーズ・マーケット に向かいます。早めに行って芝生に場所を取り、ミスター・バオの唐揚げ入り肉まんや、バー・フォーで美味しいベトナム料理を召し上がれ。生産者と出会ったり、オリーブオイルやハチミツ、ジャム、ハーブ、スパイスなどの地産の食材を手に入れるチャンスもあります。

泳いだり、サーフィンしたり、緑の丘でくつろいだり
ボンダイでは日の出とともに、スイマー、サーファー、フォトグラファーたちがビーチへと向かいます。朝から晩までアクティビティが満載で、その様子はサーフフォトグラファー ユージーン・タン氏のギャラリー アクアバンプでご覧いただけます。 ビーチに立てられた旗は、泳いでも安全な場所を示しています。サーファーたちは南端に集まっており、初心者の方には、プロのサーファーが指導する レッツ・ゴー・サーフィン の個人またはグループレッスンがお勧めです。  過去100年間ものあいだボンダイのランドマークとして君臨してきた、シドニーで一番有名な遊水場  ボンダイ・アイスバーグ でひと泳ぎしましょう。木曜日(清掃日)以外毎日一般公開されています(大人6.50ドル)。 ビーチの北端にある小高い緑の丘"グラッシー・ノール"は、1年を通して地元の人々がピクニックやバーベキュー、くつろぎの午後を楽しんでいます。 

フェスティバルに参加する
ボンダイでは1年を通して様々なフェスティバルやイベントが開催されています。毎年10月と11月に行なわれる スカルプチャー・バイ・ザ・シー では、ボンダイからタマラマに向かうコースタルウォークがオープンエアのギャラリーに変わり、海岸沿いに100点以上の彫刻が並びます。9月には、凧揚げの祭典 フェスティバル・オブ・ザ・ウィンズを開催。1月から2月には、 ベン&ジェリーズ・オープンエア・シネマ の屋内映画館で、新作やクラシックなカルト映画をご覧いただけます。冬期(6月から8月)は、 ボンダイ・ウィンター・マジック でアイススケートの腕試しを。14キロマラソンの サン-ヘラルド・シティ2サーフには、8万人以上の人々が参加します。

その他の関連記事

シドニーのマーケットトップ9

シドニーのマーケットトップ9

シドニーで人気の週末のマーケットで、新鮮な食品、花、ファッションをショッピング。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
シドニー・ハーバー

シドニー・ハーバー

シドニー・ハーバーは、世界で最も美しい天然の港として知られています。 240km以上にわたって伸びる海岸線や曲がりくねった水路があり、楽しみ方がたくさんあります。 シドニー・ハーバーはシドニーっ子にとってはまたとない水の遊び場。晴れて暖かい日には、数多くのヨットやクルーズ船、フェリーが青色にきらめく水面に浮かびます。 シドニー・ハーバーの周辺には、国立公園や数々の世界遺産、アボリジニの豊かな文化遺産、植民地時代の史跡などがあります。 シドニー・ハーバーでは、水面、水の上、水中それぞれに山ほどの楽しみ方があります。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
シドニーのボンダイからブロンテへ

シドニーのボンダイからブロンテへ

夏のシドニーは海なくしては語れません。その象徴ともいうべき場所が、ボンダイ(Bondi)からブロンテ(Bronte)までの海岸です。ボンダイでサーフィンの講習を受け、タマラマ(Tamarama)に集うビーチ族の仲間入りをし、ブロンテの家族連れにも安心な岩のプールで泳いでみてください。ボンダイ・トゥー・ブロンテ・ウォーク(Bondi to Bronte Walk)は、景色のいい短距離の散策ルート。海岸線に沿って続き、3つのビーチすべてを見物することができます。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
ロックス

ロックス

サーキュラー・キー(Circular Quay)からわずか5分。石畳の道や路地が残るロックス(Rocks)には囚人たちが開拓にはげんでいたはるかな時代の空気が今も残されています。港からほんの少し離れただけの場所に、砂岩でできたテラスやコテージ、さらにはシドニーで最古のパブが並んでいます。歴史の香り漂う一画には博物館やギャラリー、海の眺めが楽しめるホテルもあり、週末にはマーケットでにぎわいます。シドニー中でいちばんにぎやかなイベントやお祭りが開催される半面、ゴースト・ツアーが催行されるなどロックスには過去と現在が絶妙に混じり合い、地元の人たちや観光客はそれを目当てにここに集まってきます。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
シドニーのビーチに誘われて

シドニーのビーチに誘われて

ボタニー(Botany)のシドニー空港に着陸する前から、シドニーのビーチはあなたを誘っています。 飛行機が高度を下げていくと、港の両側に長く金色の鎖のように連なり、緑のブッシュと海に取り囲まれたビーチが見えるかもしれません。 また、機内の歓迎ビデオで見た有名なボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)のイメージが、頭の中でリピートし始めるかもしれません。 熱心なサーファーや日光浴の大好きな人、また、ただ海を愛する人なら、波に乗り、潮の香を嗅ぎ、砂に触れるのが待ち遠しくなるでしょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite

旅をしましょう

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading