Site Requires Javascript - turn on javascript!

メルボルンのルーフトップ・ライフ

夏になるとメルボルンの生活の一部は屋上で展開されるようになります。

都市空間を独創的な方法で活用することにかけて、メルボルンの右に出る都市はありません。毎年夏になると、バー、映画館、レストランなど、あらゆる店が屋上で営業するようになります。街並みを上空から眺め、心地よい音楽に耳を傾けながらお酒を飲んだり、バルコニーに開かれるバーでくつろいだり、満天の星を眺めながら映画を観賞したり。メルボルンの建物の屋上は最新の技術と古き良き時代の伝統を組み合わせて作られた最高の舞台です。開かれる店やイベントの数は毎年、増えていて、夏の昼下がりや夜をのんびりと過ごすのにうってつけです。秘密のスペースとして使われるようになる場所も多く、季節を問わず街並みを眺められます。

11月から3月には屋上映画館も登場。アートハウス系や名作、最新作などさまざまな映画が上映されます。鮮やかな色をしたデッキチェアに腰を落ち着けて、メルボルンの古い建築物や明るい灯りのともった高層建築群を横目に映画を楽しんでください。見終わったらやはり屋上にある早朝まで営業するバーで食事を楽しんだり、映画の批評をしましょう。映画館はメルボルンの長い夏の夜のお楽しみですが、万が一、寒くなっても毛布も貸してくれますのご安心を。

 

Rooftop Bar & Cinema at Curtin House, Melbourne, VIC

Rooftop Bar & Cinema at Curtin House, Melbourne, VIC

また、12月から1月末までメルボルンのルーフトップ・バーで開催される大人気のハッピー・マンデーズ(Happy Mondays)は、全天候型で音楽の生演奏が聞けるイベントとして有名です。会場の雰囲気は開放的で、オープンエアになっていて、国内外のバンドの演奏を楽しむのに最高の場所です。街並みを上空から眺めながら、派手なトラックが評判のバーガー・トラックがデリバリーしてくれるおいしいハンバーガーやフライをほおばってください。

メルボルンの活気あふれるルーフトップ・ライフをさらに楽しみたいなら、まずは建物の階段を上がって、屋上に出てみることです。どこへ行ってもうねるように続くにぎやかな裏通りや、静かに流れるヤラ川、そしてこの街が誇る古くて大きな建物群が見渡せます。バーク・ストリート(Bourke Street)沿いの建物の屋上で青空を眺めながら正統的なイタリア料理を楽しんだり、熱帯風の飾り付けをしたバーでアロハシャツを着たウェイターにピナ・コラーダを注文したりしてください。この通り沿いには他にもピンクの傘、ガーデンファニチャーなどが飾られた19世紀に行われたガーデン・ティー・パーティのスタイルを模した店もあり、とても人気があります。

ヤラ川沿いの建物の屋上には、おシャレなレストランがたくさんあります。シャンパンやかまど焼きのピザを味わいながら川沿いの景色を上空から眺めることだって可能。また、中心街にある州立図書館(State Library)の屋上には、スペインにあるイビザ島の景色を模した店があり、DJの刻むビートを聞きながらくつろぐこともできます。エキシビジョン・ストリート(Exhibition Street)からラッセル・ストリート(Russell Street)にかけての劇場街では、バルコニーにしつらえられたバーで観劇前のカクテルを楽しんでください。最近ではホテルにも屋上に同様のスペースを設けるところもあり、ゲストは屋上のプールやスパ、サンデッキ、バーで思い思いに友だちとの時間を過ごしています。

今年の夏はぜひメルボルンに出かけて、この街がどれほど斬新な方法で空間を利用しているかをご自分の目で確かめてみてください。にぎやかな屋上の空間が街中に広がっています。

More Holiday Ideas

See what else there is near here to inspire your holiday planning.

メルボルン

メルボルン

メルボルン

秘密の裏通りや屋上、文化の中心フェデレーション・スクエア、活気あるバー、ブティック、飲食店、有名なMCGなど、メルボルンはさまざまな見所があります。 セント・キルダ、王立植物園、自由な雰囲気のブランズウィック・ストリート、国中が熱狂するスプリング・レーシング・カーニバル。 オーストラリア・グランプリのような世界クラスのイベントもあります。 モーニントン半島とフェアリー・ペンギンが見られるフィリップ島への日帰りツアーもお勧めです。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
メルボルンの裏通り

メルボルンの裏通り

メルボルンの裏通り

どこで何が売られているのか、その全体像がつかめそうもない。それが碁盤の目の形に通ったメルボルンの表通りを離れて、その背後に迷路のように続く裏通りを入った時の印象です。地元の人でさえこんな店があったのかと驚くことがあるほど。ひっそりとした小道には食事をしたり、流行りの服を買ったり、アートを楽しんだりできる場所が、隠れるようにたたずんでいます。夜遅くまで営業しているジャズ・バーを探したり、オープンエアの小さなイタリアンレストランから道行く人を眺めたり、ブティックや壁面に落書きされた絵を見て回りましょう。いかにもメルボルンらしい佇まいのこれらの通りには、誰も知らないこの町の秘密がたくさん詰まっています。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
ボヘミアン・ブランズウィック・ストリート(Bohemian Brunswick Stree...

ボヘミアン・ブランズウィック・ストリート(Bohemian Brunswick Street)

ボヘミアン・ブランズウィック・ストリート(Bohemian Brunswick Street)

各地から人々が集まり、ショッピング、飲食、出会い、ダンスなどで活気溢れるメルボルンの通り、ブランズウィック・ストリート(Brunswick Street)に、「退屈」という言葉は似合いません。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
メルボルンで過ごす最高の3日間

メルボルンで過ごす最高の3日間

メルボルンで過ごす最高の3日間

メルボルンはカルチャー派やスポーツ・ファン、ファッション・マニア、食通たちのおかげで、ゆっくり寝ているのがもったいないほど刺激的な街。大通りから離れてひっそりとたたずむ路地裏はメルボルンの名物。細い裏道でカフェやバー、ブティックを探してみてください。そして、サウス・バンク(Southbank)の川沿いの雰囲気や、おしゃれなカフェ、クリエイティブな人々の集るフェデレーション・スクエア(Federation Square)などへ行ってみてください。ヤラ川(Yarra River)をクルーズしたり、王立植物園(Royal Botanic Gardens)の芝生や湖のあいだを散歩することもできます。市内には高級品の町サウス・ヤラ(South Yarra)やビーチサイドの町セント・キルダ(St Kilda)、流行の先端を行く町フィッツロイ(Fitzroy)など、さまざまな雰囲気をもった地区がたくさんあり、それぞれの雰囲気を存分に楽しんでください。その後、モーニントン半島(Mornington Peninsula)まで日帰りで、ビーチやワイナリー、ギャラリー、ゴルフコースをめぐりましょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加