オーストラリアの税関と検疫

オーストラリアでは関税法により薬物、ステロイド、銃刀類、火器、保護対象となる野生動物の国内持ち込みが禁止されています。 生鮮食品や包装食品、果実、卵、肉、植物、種子、皮革、羽毛などの品物も持ち込みが禁じられています。 通貨の持ち込みに制限はありませんが、1万ドル以上持ち込む場合には届け出が必要です。 より詳細な情報が必要な方は、オーストラリア税関・国境警備局のウェブサイト(www.customs.gov.au)をご覧ください。 オーストラリア検疫検査局のウェブサイトは、daff.gov.au/aqisでご覧になれます。 オーストラリアの税関と検疫
Site Requires Javascript - turn on javascript!

オーストラリアの税関と検疫

オーストラリアでは関税法により薬物、ステロイド、銃刀類、火器、保護対象となる野生動物の国内持ち込みが禁止されています。

生鮮食品、包装食品、果物、卵、肉、植物、種、皮、羽など、一部の一般品目も禁止されています。オーストラリアに現金を持ち込むことは可能ですが、申告が必要になります。詳細情報、また、申告用紙はAUSTRACのウェブサイト(www.austrac.gov.au/travellers)で入手できます。さらに詳しい情報については、オーストラリア税関・国境警備局のウェブサイト(www.customs.gov.au)をご覧ください。

移民・市民権省は、オーストラリアへの滞在、就労、留学、移住を希望する人にビザを発行する役割を担っています。 効率的に国境を警備することも含め、渡航者がオーストラリアに合法的また秩序正しく入国し、滞在するよう監督します。 オーストラリアへの入国に必要な情報と申請書や、オーストラリアへの移住、オーストラリアの市民権、多文化的な事柄に関する情報を提供します。 移民・市民権省のウェブサイト(www.immi.gov.au)をご覧ください。

オーストラリア税関・国境警備局は、オーストラリアの国境防衛と領土保全に当たっています。 他の省庁や国際機関、特にオーストラリア連邦警察、オーストラリア検疫検査局、移民・市民権省、および国防省と緊密に連携して、国境を越える物品や人の違法な出入りを取り締まり、阻止しています。 次のウェブサイトをご覧ください:www.customs.gov.au

農務省は、国を入力するエキゾチックな害虫や病気のリスクを最小限に抑えるために、オーストラリアの国境での検疫制御を管理します。次のウェブサイトをご覧ください:www.agriculture.gov.au

オーストラリア政府各省とその責務についての詳細は、www.australia.gov.auをご覧ください。