ビザ、税関、検疫に関する情報

オーストラリアのビザ、税関、検疫規制について学びましょう。ビザ申請の種類、申告する内容、禁止事項などをご案内しています。 ビザ、税関、検疫に関する情報
Site Requires Javascript - turn on javascript!

ビザ、税関、検疫に関する情報

オーストラリアのビザ、税関、検疫規制について学びましょう。ビザ申請の種類、申告する内容、禁止事項などをご案内しています。



ビザ、税関、検疫に関する情報

オーストラリアに入国するにはビザが必要ですか?

オーストラリア国民とニュージーランド国民以外は入国にビザが必要です。ニュージーランドのパスポートを所持している方は到着後にビザの申請をすることができます。日本を含めその他の国のパスポートを所持している方は、出発前にビザを取得しておく必要があります。 ビザには観光ビザ、ワーキングホリデー・ビザなどいろいろな種類があり、最寄りのオーストラリア大使館または領事館で申請が可能です。ビザの種類によっては、オーストラリア政府移民および入国審査局ウェブサイトでも申請できます。

どのような種類の観光ビザを申請するべきでしょうか?

オーストラリアの観光ビザには数種類があります。滞在期間、所有するパスポートの発効国、訪問理由によって申請するビザが異なります。

eビジター(サブクラス651)
観光または商用を目的とし、12ヶ月以内で最大3ヶ月滞在できる、複数の訪問に有効な無料のビザです。欧州連合その他のヨーロッパ諸国のパスポートを所持する方が申請でき、延長はできません。

電子入国許可ビザ(サブクラス601)
最大1年間何度でもオーストラリアを訪問でき、毎回の訪問で3ヶ月間滞在できるビザです。さまざまな国と地域のパスポートを所持する方が申請できます。オーストラリア国外に居住する方に限られます。電子入国許可ビザ申請には料金がかかりませんが、オンラインで申請する場合のみ20オーストラリアドルの手数料がかかります。

ビジタービザ(サブクラス600)
ビジタービザは、eビジターまたは電子入国許可ビザの取得資格がない方に向けたビザです。観光または商用で、オーストラリアに3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月滞在できます。基本申請料金は135〜340オーストラリアドルです。

詳細は、オーストラリア政府移民および入国管理局ウェブサイトでご覧ください。

観光ビザの滞在期間を延長することはできますか?

オーストラリアにすでに入国していて、有効な電子入国許可ビザ(サブクラス601)を持っている場合は、ビジタービザ(サブクラス600)などの他のビザを申請することによって滞在期間を延長できます。eビジター(サブクラス651)は延長できません。

詳細は、オーストラリア政府移民および入国管理局ウェブサイトでご覧ください。

オーストラリアで合法的に働くにはどのようなビザが必要ですか?

ワーキング・ホリデー・ビザ ワーキング・ホリデー・プログラムとワーク・アンド・ホリデー・プログラムは、若者(18歳から30歳まで)が短期雇用で生活費を補いながらより長い休暇を過ごせるようにすることで、文化交流を促進し、協定国間の関係を深めます。 

ワーキング・ホリデー・ビザには2つの種類があります。

ワーキング・ホリデー・ビザ(サブクラス417)
ベルギー、カナダ、キプロス共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、香港、アイルランド共和国、イタリア、日本、大韓民国、マルタ、オランダ、ノルウェー、スウェーデン、台湾、英国国籍の方向けのビザです。

ワーク・アンド・ホリデー・ビザ(サブクラス462)
アルゼンチン、バングラディシュ、チリ、中華人民共和国、インドネシア、イスラエル、マレーシア、ポーランド、ポルトガル、スロバキア共和国、スロベニア、スペイン、タイ、トルコ、米国、ウルグアイ国籍の方は、オーストラリアのワーク・アンド・ホリデー・ビザを申請することができます。

オーストラリアに留学するにはビザが必要ですか?

オーストラリアに留学するには、学生ビザ(サブクラス500)の申請が必要となります。オーストラリアに留学する学生の親、親族、または後見人の場合は、学生保護者ビザ(サブクラス590)を申請できます。オーストラリアに短期留学する場合は、ビジタービザを取得できる可能性があります。オーストラリアで構造的な職場ベースの訓練に参加したい方には、訓練および研究ビザ(サブクラス402)もあります。

オーストラリア政府移民および入国管理局のウェブサイトをご覧になり、ご自分の状況に適したビザを申請してください。

オーストラリアに持ち込みを禁止されているものは?

オーストラリア関税法では、薬物、ステロイド、武器、火器、保護対象となる野生動物をオーストラリアに持ち込むことを禁止しています。生鮮食品、包装食品、果物、卵、肉、植物、種、皮、羽など、一部の一般品目も禁止されています。詳細は、在日オーストラリア大使館のウェブサイトをご覧ください。


オーストラリアに入国する人に許可されている免税枠の制限は?

オーストラリアに持ち込む通貨に制限はありませんが、オーストラリア到着時に10,000オーストラリアドル以上(オーストラリアドルまたは相当額の外国通貨)を携帯する場合は、空港でオーストラリア税関に申告することが義務づけられています。詳細および申告用紙については、AUSTRACウェブサイトwww.austrac.gov.au/travellersをご覧ください。

申告した物品はどうなるのでしょうか? 

申告した物品は、物品に関する危険度を判断するバイオセキュリティ・オフィサーが検査します。多くの場合、物品は危険度が低く、検査後に持ち主に返却されます。ただし、バイオセキュリティ・オフィサーが危険があると判断した場合は、物品を処理する費用、または物品を輸出する費用を支払うか、任意で物品を破棄することができます。

オーストラリアに入国する人に許可されている免税額の制限は?

一般的な物品:大人1名(18歳以上)につき900オーストラリアドル相当、18歳未満1名につき450オーストラリアドル相当。
アルコール:大人1名につき2.25リットルまでのアルコール飲料。
タバコ:大人1名につき50本のタバコ、または、50グラムの葉巻またはタバコ製品。

関連記事をもっと読む

ワーキング・ホリデー・メーカー・プログラム - よくある質問(FAQ)

ワーキング・ホリデー・メーカー・プログラム - よくある質問(FAQ)

オーストラリアでのワーキング・ホリデーをお考えですか? ここでは、お問い合わせの多いよくある質問へのいくつかの回答と、詳しい情報の入手先を紹介しています。オーストラリアで休暇中に仕事をする予定がある場合は、入国前に適切なビザを申請する必要があります。 オーストラリア政府は、オーストラリア国民以外の就労に関して厳しい法律を設け、法律に違反した場合の罰則を定めています。 これは、すべてのフルタイム、パートタイム、臨時、シフト制、ボランティアの仕事に適用されます。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
ワーキング・ホリデー・メーカー・プログラム

ワーキング・ホリデー・メーカー・プログラム

オーストラリア滞在中に働くことを考えていますか? 18歳から30歳までの方で、オーストラリアのワーキング・ホリデー・メーカー・プログラムに参加している国または地域のパスポートを持っている方は、オーストラリアで働きながら滞在できる12ヶ月間有効のビザを申請できる場合があります。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
オーストラリアでの仕事、ボランティア、留学

オーストラリアでの仕事、ボランティア、留学

ギャップイヤー制度の遊学先やキャリアアップのための休養、ワーキングホリデー、海外留学の目的地としてオーストラリアを選ぶ若者たちに加わってみませんか。オーストラリアには尽きることのない冒険の機会と、温かくて親しみやすく、のんびりしたライフスタイルがあります。オーストラリアのワーキングホリデービザ、留学ビザやボランティアの機会について調べてみましょう。バックパッカーや一般旅行者がよく宿泊する場所、集まる場所、遊ぶ場所を探してみてください。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
オーストラリアの税関と検疫

オーストラリアの税関と検疫

オーストラリアでは関税法により薬物、ステロイド、銃刀類、火器、保護対象となる野生動物の国内持ち込みが禁止されています。 生鮮食品や包装食品、果実、卵、肉、植物、種子、皮革、羽毛などの品物も持ち込みが禁じられています。 通貨の持ち込みに制限はありませんが、1万ドル以上持ち込む場合には届け出が必要です。 より詳細な情報が必要な方は、オーストラリア税関・国境警備局のウェブサイト(www.customs.gov.au)をご覧ください。 オーストラリア検疫検査局のウェブサイトは、daff.gov.au/aqisでご覧になれます。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite