オーストラリアでの仕事、ボランティア、留学−よくある質問

ギャップイヤー制度の遊学先やキャリアアップのための休養、ワーキングホリデー、海外留学の目的地としてオーストラリアを選ぶ若者たちに加わってみませんか オーストラリアでの仕事、ボランティア、留学−よくある質問
Site Requires Javascript - turn on javascript!

オーストラリアでの仕事、ボランティア、留学−よくある質問

ギャップイヤー制度の遊学先やキャリアアップのための休養、ワーキングホリデー、海外留学の目的地としてオーストラリアを選ぶ若者たちに加わってみませんか。

オーストラリアでのワーキング・ホリデーをお考えですか? よくある質問に対する答えをご紹介します。

オーストラリアで合法的に働けますか?

オーストラリアを旅行中に仕事をしたい場合は、入国前に適切なビザを申請する必要があります。オーストラリア政府は、オーストラリア国民以外の就労に関して厳しい法律を設け、法律に違反した場合の罰則を定めています。これは、すべてのフルタイム、パートタイム、臨時、シフト制、ボランティアの仕事に適用されます。 border.gov.auをご覧ください。

ワーキング・ホリデー・メーカー・ビザとはどのようなものですか?

オーストラリアには、ワーキング・ホリデー・メーカー・プログラム(ワーキング・ホリデー・ビザとワーク・アンド・ホリデー・ビザを含む)があって、プログラムを締結している国からの若い旅行者が長期休暇を取り、短期雇用で収入を得ることができます。ワーキング・ホリデー・メーカー・ビザには、ワーキング・ホリデー・ビザ(サブクラス417)およびワーク&ホリデー・ビザ(サブクラス462)の2種類があります。申請するべきビザは、申請者の居住国によって異なります。このようなビザで、最長12ヶ月間オーストラリアに滞在して働くことができます。border.gov.auをご覧ください。

ワーキング・ホリデー・メーカー・ビザを取得するには年齢制限がありますか?

はい。ビザ申請時の年齢が18~30歳である必要があります。

ワークング・ホリデー・メーカー・ビザを申請できる国籍は?

現在ワーキング・ホリデー・プログラムおよびワーク&ホリデー・プログラムに参加している国:ベルギー、カナダ、キプロス共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、香港、アイルランド共和国、イタリア、日本、大韓民国、マルタ、オランダ、ノルウェー、スウェーデン、台湾、英国、アルゼンチン、バングラデシュ、チリ、中華人民共和国、インドネシア、イスラエル、マレーシア、ポーランド、ポルトガル、スロバキア共和国、スロベニア、スペイン、タイランド、トルコ、アメリカ合衆国、ウルグアイ。border.gov.auをご覧ください。

ワーキング・ホリデー・メーカー・ビザの申請料はいくらですか? 

ビザ申請を提出する際には、申請日に基づいて、返金不可の料金が課金されます。現在のワーキング・ホリデー・ビザ申請料および交付料については、border.gov.auをご覧ください。

ワーキング・ホリデー・メーカー・ビザの有効期間は?

ワーキング・ホリデー・メーカー・ビザを取得すると、オーストラリアに入国するまで12ヶ月の猶予があります。最初にオーストラリアに入国した日から最長12ヶ月間滞在できます。

一旦ワーキング・ホリデー・メーカー・ビザで入国した後に、オーストラリアから出国することはできますか?

はい。ビザの有効期間中は、何度でもオーストラリアに出入国できます。

ワーキング・ホリデー・メーカー・ビザで就労できる期間は?

雇用主1社につき最長6ヶ月間の短期間の仕事に就くことができます。最長4ヶ月間の勉学も可能です。詳細は、border.gov.auをご覧ください。

滞在を延長できますか?

ワーキング・ホリデー・ビザ(サブクラス417)を所有している(または以前に所有していた)方で、オーストラリアの地方で働いている方は、セカンド・ワーキング・ホリデー・ビザでさらに12ヶ月間滞在を延長できる場合があります。ファースト・ワーキング・ホリデー・ビザで、3ヶ月(または88日間)オーストラリアの地方で特定の仕事に就いたことが条件となります。

オーストラリアの「特定の」仕事には何が当てはまりますか?

農場での季節労働、林業、漁業、採掘業、工事など、特定の仕事の条件として完了できる業種は数多くあります。シドニー、ニューカッスル、セントラル・コースト、ウロンゴン、ブリスベン、ゴールド・コースト、メルボルン、パースを除く、オーストラリアの地方都市でする仕事です。

ワーキング・ホリデー・ビザの期間を過ぎてオーバーステイした場合はどうすればいいのでしょうか?

ワーキング・ホリデー・ビザの期限が終了しているのにもかかわらずオーストラリア内に滞在している場合、または他のビザの申請をしていない場合、厳重な罰則が科せられます。また、オーストラリアに一定期間入国禁止になる可能性もあります。コミュニティー・ステイタス・レゾリューション・サービス(CSRS)は、移民に関する問題を解決する期間に、暫定的なビザを発効することができる無料のサービスです。暫定的なビザは短期間の一時ビザで、移民に関する問題が解決するまでオーストラリアに合法的に滞在できます。

スポンサーを得るなど、もっと長く滞在できる他の選択肢はありますか?

ワーキング・ホリデーの終了時にオーストラリアで一時的な滞在や永住を希望する方には、複数の選択肢の可能性があります。適切なビザ、取得資格についての詳細は、border.gov.auをご覧ください。

ワーキング・ホリデー・メーカー・ビザの申請方法は?

申請書は、オーストラリア政府移民および入国管理局に提出します。関係書類に記入の上、オンライン、郵便、または宅配便による申請が可能です。

ワーキング・ホリデー・メーカー・ビザの申請に必要な期間は?

ワーキング・ホリデー・ビザ(サブクラス417)とワーク・アンド・ホリデー・ビザ(サブクラス462)は、通常約6日で発行されます。セカンド・ワーキング・ホリデー・ビザは、手続きに約14~21日間を要します。手続きに要する時間は、提出された申請書の不備の有無、およびビザ処理担当官による申請者の健康や人格に関する追加確認といった点に左右される可能性があります。

ワーキング・ホリデーでは、どのような仕事に就くことができますか?

フルタイム、パートタイム、臨時、シフト制やボランティアの仕事など、ワーキング・ホリデー・ビザではどのような種類の合法的な仕事にも就くことができます。

求人情報はどこで見つけられますか?

オーストラリア政府観光局は、monster.com​と共同で、ワーキング・ホリデー向けに求人サイトを立ち上げました。

オーストラリア政府のHarvest Trailウェブサイト(www.harvesttrail.gov.au)には、オーストラリアの地方の収穫労働求人情報が掲載されています。

ワーキング・ホリデー中に学校に行くことはできますか?

12ヶ月のビザで滞在中に、最長4ヶ月間学校に行くことができます。ワーキング・ホリデー・プログラムは、オーストラリアでフルタイム留学をお考えの方には適していません。オーストラリアを訪ねる第一の目的が留学である場合は、学生ビザを申請してください。その方が目的に適しています。

学生ビザは必要ですか?

オーストラリアに留学したいとお考えの方は、受講する全コース、あるいはその一部が政府の認定を受けていれば、オーストラリア移民市民権省(DIAC)から学生ビザを取得することができます。学生ビザでは、オーストラリア政府が補助する学生医療保険に加入し、パートタイム就労の申請を行うことができます。詳細は、studyinaustralia.gov.auをご覧ください。

オーストラリアにワーキング・ホリデー・ビザで入国するには、どのぐらいお金を持って行く必要がありますか?

ワーキング・ホリデー・メーカー・ビザの申請書では、ワーキング・ホリデー滞在の当初の期間に生計を維持する十分な資金を所有していることを証明しなければなりません。また、帰国用または次の目的地への移動用航空券、またはオーストラリアを出発するための資金が必要です。

どのくらいの収入が見込めますか? 

オーストラリアの法律で賃金率と雇用条件が定められています。業種別の賃金例については、fairwork.gov.auをご覧ください。

税金を支払う必要がありますか?

税金は給料から引かれます。また、働き始める前に、オーストラリアの銀行口座を開き、タックス・ファイル・ナンバーを取得する必要があります。

オーストラリアの銀行口座を開設する方法を教えてください。

到着時に銀行口座を開設することができますので、パスポートと関連書類をお持ちになり、銀行に出向いてください。オーストラリア銀行協会では、ひとりひとりのニーズに合った銀行口座を選ぶために役立つ、独立した情報を提供しています。

タックス・ファイル・ナンバーの申請方法を教えてください。

有効なビザをすでに取得し、オーストラリアで就労できる場合は、オーストラリア税務局 のウェブサイトでオーストラリア納税番号を申請することができます。

オーストラリアで就労中に掛けた退職年金の払い戻しを請求することはできますか?

オーストラリアに一時的に居住し就労している場合は、雇用主からスーパーアニュエーション保証(「スーパー」と呼ばれる)を受ける資格があります。 

一時居住者は次の条件をすべて満たしている場合にのみ、スーパーの解約並びに拠出金の払い戻しを請求できます。
−一時ビザでオーストラリアを訪問した(リタイアメント・ビザ取得者およびインベスター・リタイアメント・ビザ取得者を除く)

−ビザが無効となった(有効期限切れ、または、キャンセル)
−オーストラリアから出国した
−オーストラリア国民またはニュージーランド国民ではなく、オーストラリア永住者である

この支払いはデパーティング・オーストラリア・スーパーアニュエーション・ペイメント(DASP)と呼ばれています。詳細は、ato.gov.auをご覧ください。

デパーティング・オーストラリア・スーパーアニュエーション・ペイメント(DASP)を申請するには?

DASPを申請する一番簡単で安価な方法は、ATOのDASP無料オンライン申請システムを利用することです。残高がスーパーの基金にある場合でも、ATOにある場合でも、システムを使ってスーパーの残高を把握し申請することができます。 

注意:ニュージーランド国民でオーストラリアを永久的に離れる場合は、個人に対するトランス-タスマン年金移動制度としてスーパーをニュージーランドに移すことができる場合があります。

オーストラリアでボランティアすることはできますか?

ボランティアは地域のコミュニティと触れ合い、オーストラリアでの体験をより深いものにするまたとないチャンスです。WWOF(ウィリング・ワーカーズ・オン・オーガニック・ファームズ/Willing Workers on Organic Farms、有機農場ボランティア)は旅行者に有機農場を紹介していて、農家は宿泊設備と食事の提供と交換に必要な時に必要な労働力を確保することができます。1泊の滞在で半日の労働を提供するのが原則です。例えばケープヨークでのカメの救護やアーネムランドでのアート・フェスティバル開催の手伝いなど、さまざまなボランティア活動がこの形式で行われています。また、オーストラリアの貴重な生態系を保護するため、コンサーベション・ボランティア(Conservation Volunteer)という環境保護NPOに登録することもできます。食事、宿泊施設とプロジェクトへの往復旅費が支給されます。 さらにオーストラリアでの観測ボランティアやボランティア・ホリデーの機会を提供する世界的な組織も多数あります。

関連記事をもっと読む

ワーキング・ホリデー・メーカー・プログラム

ワーキング・ホリデー・メーカー・プログラム

オーストラリア滞在中に働くことを考えていますか? 18歳から30歳までの方で、オーストラリアのワーキング・ホリデー・メーカー・プログラムに参加している国または地域のパスポートを持っている方は、オーストラリアで働きながら滞在できる12ヶ月間有効のビザを申請できる場合があります。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
ビザ、税関、検疫に関する情報

ビザ、税関、検疫に関する情報

オーストラリアのビザ、税関、検疫規制について学びましょう。ビザ申請の種類、申告する内容、禁止事項などをご案内しています。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
役立つアドバイス

役立つアドバイス

以下の旅のアドバイスを読んで、オーストラリア旅行の準備をしましょう。通貨、税金、文化的習慣、障害を持つ方の旅行についてなど紹介しています。出発の準備はこれで万全です。。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
バックパッカーの基本情報

バックパッカーの基本情報

オーストラリアに行く前に、低予算の宿泊施設やWIFIオプション、地元の人が食べに行く場所やナイトスポットなど、バックパッカーの基本情報を調べておきましょう。オーストラリアでの冒険を、最大限楽しむためのアドバイスを聞きましょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite

旅をしましょう

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading