グレート・バリア・リーフで海洋生物と出会う

グレート・バリア・リーフで海洋生物と出会える、お勧めのスポットをご紹介します。 グレート・バリア・リーフで海洋生物と出会う
Site Requires Javascript - turn on javascript!

グレート・バリア・リーフで海洋生物と出会う

グレート・バリア・リーフで海洋生物と出会える、お勧めのスポットをご紹介します。


全長2000キロメートル(1240マイル)以上の長さを誇るグレート・バリア・リーフは、生物が創り出した構造物としては世界最大です。黄色に青のストライプが美しいソルジャーフィッシュから、優雅に泳ぐエイ、ブダイ、口のとがったエンジェルフィッシュ、ウミガメなど、数多くの生物が生息しています。

ウミガメとシュノーケル、
グレート・バリア・リーフ、
クイーンズランド州

グレート・バリア・リーフ南部のハミルトン島でウミガメと出会う

世界で7種類生息しているウミガメのうち、6種類がグレート・バリア・リーフに棲んでいます。1億5千万年以上も昔から海を泳いできたウミガメを見つけるには、ハミルトン島の「ディープ・ウォーター・タートル・ディスカバリー(Deep Water Turtle Discovery)」ツアーに参加するのがお勧めです。「ハミルトン・アイランド・ビーチ・スポーツ(Hamilton Island Beach Sports)」で用具を受け取り、通常おだやかでシュノーケルやダイビングができる、キャッツアイ・ビーチに出かけましょう。カラフルなサンゴ礁をゆらゆらと泳ぐ魚とともに、たくさんのウミガメがいるはずです。

リザード島でスキューバダイビング、
グレート・バリア・リーフ、
クイーンズランド州

グレート・バリア・リーフ北部のリザード島沖でミンククジラを見つける

リザード島沖の暖かな海水は、世界でも最高のサンゴ礁と海洋生物の生息地のひとつであり、毎年6月から7月にかけて、ミンククジラも訪れます。「マリン・エンカウンターズ(Marine Encounters)」は、豪華なMA アルーナ号で少人数で巡る、自然探索ツアーを開催しています。7月最初の数週間は、ミンククジラがやってくるピーク期であり、クジラを見つけるには最高の時期で、この好奇心の強い生物と一緒に泳いだり、ダイビングやシュノーケルをすることが可能です。ツアー料金の一部は、20年間に渡ってクジラの研究、タグ付け、保護を行なっている団体の支援のために使われます。

ヘロン島、
グレート・バリア・リーフ、
クイーンズランド州

サザン・グレート・バリア・リーフのヘロン島でウミガメやハタを観察

毎年11月から2月にかけて数百匹のミドリガメやアカウミガメの繁殖地となっているヘロン島は、ウツボを見つけるにも絶好のスポットであり、桟橋の下に2メートル級のハタが生息している場所でもあります。このサンゴ礁の島はダイビング、シュノーケル、ホエールウォッチングに最適な場所です。ここでは、ヒレを使って岩場を「歩く」ことができるマモンツキテンジクザメなど、あまり知られていない種類のサメや、ツマグロやツマジロなどの一般的なサメを見ることができます。幅88メートル、長さ300メートルの島は、野生生物の宝庫。引き潮時にはグレート・バリア・リーフの全貌が分かります。

グレート・バリア・リーフ北部のワンダー・ウォールでジュゴンを観察

グレート・バリア・リーフは、世界最大のジュゴンの生息地のひとつです。20メートルのクルーズ船「オーシャン・フリーダム(Ocean Freedom)」で、ケアンズ沖合にあるウポル・リーフの外縁へ向かうツアーに参加すれば、この巨大な海の哺乳類を見つけられる可能性が高くなります。ジュゴンの生息地としても有名なワンダー・ウォールにほど近い「カタマラン・ムーアズ(The Catamaran Moors)」は、グレート・バリア・リーフに生息する魚類、サンゴ、軟体動物、ウミガメが数多く見られる巨大な水族館です。

グレート・バリア・リーフで海洋生物に出会う体験について、さらに検索し予約する

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading