オーストラリア首都特別地域の隠れた食とワインの魅力

オーストラリアの首都キャンベラは、オーストラリア政府の所在地であり、同国の文化、歴史、生活様式が見られる名所として世界的に知られています。じつはこれ以外にも、キャンベラには食とワインの意外な楽しみが隠れているのです。たとえば、毎年冬に開催されているキャンベラ&キャピタル・リージョン・トリュフ・フェスティバル(Canberra & Capital Region Truffle Festival)。ここでは珍味ペリゴール・トリュフをとったり、その調理方法を習ったりすることができます。ポーチャーズ・パントリー(Poacher’s Pantry)は、燻製肉の大皿料理やスモークハウス・カフェ、ワイン・セラーもあり、素朴なオーストラリアの農園風景で大人気です。キャンベラの中心地から車ですぐの場所にあります。
Site Requires Javascript - turn on javascript!

オーストラリア首都特別地域の隠れた食とワインの魅力

キャンベラの多様な食材とダイニング・シーンで、思いがけない食とワインの楽しみを発見


オーストラリアの首都キャンベラは、オーストラリア政府の所在地であり、同国の文化、歴史、生活様式が見られる名所として世界的に知られています。じつはこれ以外にも、キャンベラには食とワインの意外な楽しみが隠れているのです。たとえば、毎年冬に開催されているキャンベラ&キャピタル・リージョン・トリュフ・フェスティバル(Canberra & Capital Region Truffle Festival)。ここでは珍味ペリゴール・トリュフをとったり、その調理方法を習ったりすることができます。ポーチャーズ・パントリー(Poacher’s Pantry)は、燻製肉の大皿料理やスモークハウス・カフェ、ワイン・セラーもあり、素朴なオーストラリアの農園風景で大人気です。キャンベラの中心地から車ですぐの場所にあります。

Helm Wines, Murrumbateman, NSW

キャンベラのワイン地区巡り

キャンベラは、少量生産の冷気候ワイン地区の中心に位置しており、35分ほど車を走らせれば、30を超えるワイン・セラーを見学できます。ここを訪れる人々は、ワイン生産者の篤いもてなしを受け、ありとあらゆるワインに傾けられた情熱と専門知識を直接、実感することでしょう。

オーストラリアで最も評価が高く、広く読まれているワイン評論家ジェームズ・ハリデイ氏がキャンベラ地区にある11か所のビニヤードに名前を付けました。「オーストラリア・ワイン・コンパニオン2014年版(Australian Wine Companion 2014 Edition)」でキャンベラ地区最高ワイナリーに選出されたクロナキラ(Clonakilla)ヘルム・ワインズ(Helm Wines)フォー・ウインズ・ビニヤード(Four Winds Vineyard)ラーク・ヒル・ワイナリー(Lark Hill Winery)マウント・マジュラ・ビニヤード(Mount Majura Vineyard)もハリデイ氏による命名です。

マウント・マジュラ・ビニヤードは小規模なビニヤードとワイナリーで、キャンベラの中心から車で分単位の距離にあります。マジュラ地区は、チュベル・メラノスポルム種として知られる世界的珍味ブラック・トリュフなど、高級食材の生産地でもあります。キャンベラの気候条件は、トリュフが自生する南フランスと似ています。フレンチ・ブラック・トリュフ・オブ・キャンベラ(French Black Truffles of Canberra)などのトリュフ園では、トリュフ狩りを体験することができます。

Sage Restaurant, Canberra, ACT

キャンベラ郊外:カジュアルでスタイリッシュなレストランがいっぱい

キャンベラ郊外には、遠回りしても行きたいカジュアルでスタイリッシュなレストランがあります。エインズリーのパルプ・キッチン(Pulp Kitchen)ではヨーロッパのビストロ形式の料理、キャンベルのランタン・ルーム(Lanterne Rooms)では創作アジア料理を楽しめます。

また、ピアースにあるフィジー・インド料理のラーマズ(Rama’s)は地元でも人気のお店です。チフリーにあるア・バイト・トゥ・イート(A Bite to Eat)の店はいろいろ要素が詰まっていてリラックスでき、楽しめる空間です。ナラバンダのアーティザン(Artisan)とトレンズのピスタチオ・ダイニング(Pistachio Dining)ではキャンベラでも最高級の料理を堪能できます。

「気まぐれアート」とでも呼びたくなるような食事なら、1920年代の建築物、ゴーマン・ハウス(Gorman House)内にあるセージ(Sage)・レストランとセージのミント・ガーデン・バー(Mint Garden Bar)へ。セージは、レストランにほど近い(約8km)ピアリーゴにある農園の食材を使っています。セージ・ファーム(Sage Farm)は、都市農業と食物の持続可能的手法を紹介するために設計されました。

オーストラリア首都特別地域のスピークイージー・バー

近年、キャンベラ各地に開店しているスピークイージー・バーは、この首都に謎めいた雰囲気を加えています。スピークイージーは、1920年代、米国の禁酒時代にアルコールを不法販売する店として生まれました。

そのため多くのスピークイージーは建物の中にひっそりと隠れていたのです。その雰囲気を味わえるひとつがQTキャンベラ(QT Canberra)・ホテルのラッキーズ・スピークイージー(Lucky’s Speakeasy)です。ラッキーズには、ホテルのバーバー・ショップ(Barber Shop)裏手にある秘密の入り口から入ることができます。

ただし、その入り口を示す赤いベルベットのロープ1本が目印のモリー(Molly)は、キャンベラ中心部のどこかを指す、謎めいた座標しか書かれておらず、ミステリアスで見つけるのにちょっと苦労します。モリーはノスタルジックな雰囲気の潜り酒場です。豚肉加工食品店が切り立ての保存肉と地元産の季節の果物やナッツの盛り合わせを提供するなど、驚くほどの細部へのこだわりが見られます。

Pod Food, Pialligo Plant Farm, Canberra, ACT

田園生活の香り

ピアリーゴは、キャンベラ空港と市街地間の郊外に広がる田園地域。野菜、果樹園、苗床、飼料の収穫物でいっぱいになる時期には、まさにキャンベラのキッチン・ガーデンになります。住民も観光客も、国会議事堂を一望できるエリアで田園生活の香りを楽しんでいます。果樹園や苗床を散歩したり、ピアリーゴ・プラント・ファーム(Pialligo Plant Farm)の美しい庭園内に建つポッド・フード(Pod Food)など、数多くのカフェやレストランでリラックスしたり、思い思いの時間を過ごしてみてください。