タスマニア州で最高の食とワインの体験

タスマニア州のすばらしい食とワインの体験を挙げろと言われたら、いくらでも簡単に挙げることができますが、5つに絞るとなると、そう簡単ではありません。ここでは順不同で、興味深い最高の体験のごく一部をご紹介します。
Site Requires Javascript - turn on javascript!

タスマニア州で最高の食とワインの体験

新鮮なシーフード、上質なワイン、果物、美味しいデザート。さまざまな食とワインの体験を通じて、お皿の上のタスマニアを召し上がってください。


タスマニア州のすばらしい食とワインの体験を挙げろと言われたら、いくらでも簡単に挙げることができますが、5つに絞るとなると、そう簡単ではありません。ここでは順不同で、興味深い最高の体験のごく一部をご紹介します。

Josef Chromy Wines,
Relbia, TAS

1. ジョセフ・クローミー・ワイナリーを訪問

ロンセストンの近くにある美しいワイン産地、テイマー・バレーののどかな環境に、ジョセフ・クローミー(Josef Chromy)ワイナリーがあります。この受賞歴のあるワイナリーには、上質なワイン、気さくなワインセラー、タスマニア州随一のレストランが揃っています。

「ジョー」クローミーはタスマニア州のワイン界の先駆者であり、生きた伝説であり、タスマニア州指折りのワイナリーをいくつも育ててきた人物です。2007年には、自らの名を冠したブドウ園を設立し、ワイナリー体験の提供を開始しました。ここで作られるワインは、上質なワインの代名詞となっており、これまでに14以上のトロフィーと170以上のメダルを獲得し、その質の高さが証明されています。

ピノ・ノワール、シャルドネ、リースリング、ピノ・グリ、ソーヴィニヨン・ブラン種から作られたこうした冷気候ワインは、個性と優雅さが際立っており、1880年代に建てられた可愛らしい農家の中にあるワインセラーで試飲することができます。これはオーストラリアでも指折りのワインセラー体験の1つです。モダンなレストランでは、絵のように美しいブドウ園と湖を眺めながら、新鮮な地元の食材を使用した革新的な料理を、クローミー・ワイナリー自慢のワインとともに楽しむことができます。 

The Agrarian Kitchen,
Lachlan, TAS

2. ザ・アグラリアン・キッチンで料理の知識を深める

料理への情熱と知識を世界中の人々と共有したいと願う美食家が運営する、持続可能性に配慮した農園、ザ・アグラリアン・キッチン(The Agrarian Kitchen)には、タスマニア州の食文化のすべてが詰まっています。

ホバート近郊の美しいダーウェント・バレーに広がる5エーカーの農園の中にあるザ・アグラリアン・キッチンは、「Australian Gourmet Traveller」誌のフード・エディターであったロドニー・ダンと彼の妻のセブリーヌ・デメネットによって2007年に設立されました。19世紀に建てられた可愛いらしい校舎の中で、少人数制の食の体験ができるこの施設は、食材の栽培、収穫、料理について、納屋から皿に至るまですべてを学べるタスマニア州随一の場所となっています。

四季折々のさまざまな料理教室が開かれており、肉の加工、燻製、サワードウからクラフト・ビール、保存食、食欲をそそるスイーツやデザートに至るまで、あらゆるジャンルの料理をカバーしています。教室で使用する食材は、自家農園や近隣の生産者から直接調達されています。また、季節、持続可能性、伝統を重視し、ごみを出さないという方針を取っています。 

Bruny Island Long Weekend,
Bruny Island, TAS

3. ブルーニー・アイランドでロング・ウィークエンドを楽しむ

タスマニア本土のホバートの沖にあるブルーニー・アイランドは、タスマニア州屈指の景色、食材、野生動物を楽しめる宝の島です。

ブルーニー・アイランド・ロング・ウィークエンド(Bruny Island Long Weekend)は、爽快なウォーキング、野生動物の探索、新鮮な地元の食材、ラグジュアリーなキャンプを体験する思い出に残る3日間を提供します。この素朴なガイド付きツアーでは、息をのむほど美しい海岸線に沿って歩き、サウス・ブルーニー国立公園(South Bruny National Park)の手つかずの原生地域を探索します。この島で最高の食とワインを生み出している地元の人々と触れ合う時間もたっぷり取られています。

昼間はグルメな食材を採集して、夜は文明から遠く離れたキャンプ場で食事をして1日を締めくくります。周囲の風景も聞こえてくる物音も自然しかありません。さまざまなスキルを備えたガイドが、マレーフィールド・ラムやブルー・アイ・トラヴェラなどの地元の食材を調達して、すばらしい料理に仕立て、それに合うタスマニアン・ワインとともに提供します。

ブルーニー・アイランド・ロング・ウィークエンドは、新鮮な牡蠣を海から直に獲り、オーストラリア南端のブドウ園でワインを試飲し、受賞歴のあるペニコット・ウィルダネス・クルーズ(Pennicott wilderness cruise)に参加して、水上飛行機でホバートに戻るなど、連日、他ではできない体験を提供します。日程が過密なように聞こえますが、海の新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込み、ブルーニー・アイランドの味覚を堪能し、あらゆる知覚を動員してこうした体験を楽しむ時間が十分に取られています。

Salamanca Market,
Hobart, TAS

4. ホバートで週末のマーケット巡り

さわやかな土曜日の早朝、ホバートの歴史あるサラマンカ地区には露天が立ち並び、マーケットの光景、音、食欲をそそる香りで活気づきます。サラマンカ・マーケット(Salamanca Market)は、世界最大級の野外市場です。新鮮な食材、出来合いの料理、地元で作られた美味しい飲み物など、ありとあらゆるものが売られています。ジンジャー・ビールをすすり、新鮮な果物を試食し、上質な地元の食材を使用してその場で作られたばかりの美味しいものを公園で食べてくつろいでください。

ベルリーブで毎週土曜日、ホバートの中心部で毎週日曜日に開かれるファーム・ゲート・マーケット(Farm Gate Market)では、さらにたくさんの新鮮な食材や美味しい食べ物が見つかります。こうしたマーケットは、タスマニアが誇る職人による小規模でオーガニックな食文化の心臓部です。ここで、職人が手塩にかけたチーズから、19世紀の水車小屋で小麦粉を挽いて作ったパンや、希少な肉、すばらしい寿司に至るまで、あらゆるものを試食できます。豪華なピクニックには十分過ぎるほど、食べ物が豊富に揃っています。露天商と打ち解けておしゃべりすれば、食への真摯な情熱と、食べ物の来歴がすぐにわかります。

こうした農家、生産者、職人たちは、豊かで活気あるコミュニティの一員であり、タスマニアの食文化の真の親善大使です。彼らは環境とつながりを持ち、自分が販売する食べ物に情熱を注いでいます。フランクリンのヒューオン・バレー・グロワーズ・アンド・メーカーズ・マーケット(Huon Valley Growers and Makers Market)やダーウェント・バレーのニュー・ノースフォークのビッグ・リバー・グロワーズ・マーケット(Big River Grower's Market)など、ホバート近郊の田舎町でも週末に食材マーケットが開かれています。

Ashgrove Cheese,
Elizabeth Town, TAS

5. クレイドル・ツー・コースト・テイスティング・トレイルに出発

肥沃な火山性の赤土が広がるタスマニア北西部は、この州の中でも特に、獲れたてのシーフード、野菜、乳製品をはじめとした食材の宝庫で、食材作りの名人、ワイナリー、飲食店も多く、さらに増え続けています。この地域は車で巡るのが便利です。タスマニア島内陸部の街、谷、クレイドル・マウンテンを抜けて、すばらしい景色が広がる海沿いの道に出たら、スタンリーまでドライブを楽しんでください。

海沿いのドライブは、デボンポートから出発するのがお勧めです。デボンポートの近郊には、チョコレート工場のハウス オブ アンバース(House of Anvers)スプレイトン・サイダー・カンパニー(Spreyton Cider Company)があり、甘いものが楽しめます。さらに南に行くと、雄大なグレート・ウェスタン・ティアーズに囲まれたマージー・バレーがあります。ここは農業に関する遺産、豊かな牧草地、農場で知られています。

アッシュグローブ・ファーム(Ashgrove Farm)に立ち寄って、無料のチーズ・テイスティングやこの地域固有の乳製品を楽しんでください。近くのクリスマス・ヒル・ラズベリー・ファーム(Christmas Hill Raspberry Farm)には、ベリー類を使ったさまざまな美味しい食べ物があり、敷地内にカフェもあります。さらに西に行くと、レッド・ヒル地域があります。ここの目玉はスリー・ウィローズ・ビニヤード(Three Willows Vineyard)をはじめとしたワイナリーです。ピカ家がブッシュランドに囲まれた地所で淡水サケを育てている41 デグリーズ・サウス・サーモン・アンド・ジンセング・ファーム(41 Degrees South Salmon & Ginseng Farm)もあります。

クレイドル・マウンテン方面の町、チャドリーとモール・クリークには、タスマニア州でしか採れない希少なレザーウッド・ハニーを生産する養蜂農家があります。この蜂蜜は、タスマニアの世界遺産原生地域で長い年月をかけて育ったレザーウッドの木から採取されるものです。ビール好きは、トピアリー(装飾刈り込み)の町、レイルトンの刈り込まれた裏庭に集まります。タスマニアの小さなビール醸造所、セブン・シェッズ(Seven Sheds)に行ってみてください。小さな醸造所ですが、ビール好きの間での存在感はビッグです。

海沿いに戻り、バーニーにあるヘリヤーズ・ロード・ディスティラリー(Hellyer's Road Distillery)に行ってみてください。ここのウイスキーは数々の賞を受賞しています。地元で「この世の果て(End of the World)」と呼ばれているタスマニア北西部の奥地へ進んでいくと、まだまだたくさんの驚くべき特産品があります。しかし、北西部のトレイルはここだけではありません。まだまだ多くの食のトレイルが旅人を待っています