オーストラリアの島々

フィッツロイ島(Fitzroy Island)、ノース・クイーンズランド

オーストラリアの島々

オーストラリア大陸は8,000以上の島々に囲まれていて、そこではありとあらゆる過ごし方が可能です。ウィットサンデー諸島(Whitsundays)をヨットでめぐったり、4WDでフレーザー島(Fraser Island)の熱帯雨林や湖に繰り出したり、グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)で熱帯のパラダイスを体験してみてください。さらにトレス海峡(Torres Strait)やティウィ諸島(Tiwi Islands)の独特な文化にも触れてみましょう。南オーストラリア州のカンガルー島(Kangaroo Island)や、ビクトリア州のフレンチ島(French Island)、フィリップ島(Phillip Island)などで野生生物保護区を探検することもできます。またパースから美しいロットネスト島(Rottnest Island)までの日帰り旅行や、ダービー(Derby)沖にあり、景色のすばらしいバッカニア群島(Buccaneer Archipelago)のクルーズもおすすめです。シドニー湾内の島々をめぐったり、飛行機で世界最南端のサンゴ礁に囲まれた世界遺産ロード・ハウ島(Lord Howe Island)まで飛んでみるのはいかがでしょうか。タスマニア沿岸の島々の野趣に富んだ美しさも見逃せません。くわえてタスマニア州は州自体がオーストラリア最大の島でもあります。

世界遺産に登録されている世界最大の砂の島、フレーザー島では、見たこともない世界が待っています。 ハービー・ベイ(Hervey Bay)かレインボー・ビーチ(Rainbow Beach)から船に乗るか、ブリスベン(Brisbane)から飛行機に乗ってください。到着したら、4WDか徒歩で探検開始です。脇に砂丘が広がる熱帯雨林の中を、カンガルーやワラビー、ポッサムに見守られてハイキングしましょう。ビーチで釣りをしたり、いくつかある淡水湖に水泳に出かけることもできます。周囲に金色の湖や、澄みきった青い水をたたえている湖があります。カテドラル(The Cathedrals)の色鮮やかな砂でできた断崖を見学したり、はるか昔の難破船マヘノ号(Maheno)を訪ねたり、インディアン・ヘッド(Indian Head)で沖にいるザトウクジラを探したりしてみてください。 キャンプをするにしても豪華なエコ・ロッジに泊まるにしても、この島の宿泊施設はみな周囲の自然に溶け込んでいます。

世界遺産グレート・バリア・リーフには夢のような島々や環礁が何百と浮かんでいて、お好み次第でさまざまな体験が選べます。豪華な旅がしたい方や新婚旅行のカップルには、リザード島(Lizard Island)や高級リゾートのベダラ島(Bedarra Island)、個人所有のダブル島(Double Island)、ハガーストーン島(Haggerstone Island)がぴったりです。 また自然を体験したいなら、フィッツロイ島(Fitzroy Island)でのブッシュ・キャンプや、霧の立ち込めたヒンチンブルック島(Hinchinbrook Island)のソースボーン・トレイル(Thorsborne Trail)のウォーキングがおすすめです。さらにグリーン島(Green Island)やフィッツロイ島に日帰りで出かけたり、ロウ・アイルズ(Low Isles)の鮮やかなサンゴ礁でシュノーケリングを楽しんだり、ホープ諸島国立公園(Hope Islands National Park)にあるスナッパー島(Snapper Island)の周辺をアボリジニのガイドとシーカヤックでめぐったりしてください。島への本土側の出発口としてはタウンズビル(Townsville)やポート・ダグラス(Port Douglas)、ルシンダ(Lucinda)などがありますが、この他にもさまざまな場所からアクセスできます。

タンガルーマ・アイランド・リゾート(Tangalooma Island Resort)は、ブリスベン(Brisbane)の沖合約40キロメートルのモートン島(Moreton Island)にあります。モートン島国立公園(Moreton Island National Park)が島の面積の98%を占めています。 白砂のビーチが島の海岸線に沿って広がり、泳ぎやサーフィン、釣りに最適です。 波の静かな西側では、澄み切った青い海水が優しくビーチに打ち寄せ、くつろいだときを過ごすことができます。 島の入植地は3か所で、すべて西側にあります。南のコーリンガル(Kooringal)、中央のコワン(Cowan)、北のブリャー(Bulwer)です。

9.5.7_Australia_islands_hl2
トレス海峡諸島、クイーンズランド州

トレス海峡諸島、クイーンズランド州

ケープ・ヨーク(Cape York)のすぐ北、オーストラリアとパプア・ニューギニアの間に位置するトレス海峡諸島(Torres Strait Islands)は、274もの小さな島々から成り、そのうち人が住んでいるのはわずか17の島だけです。これらの島々のコミュニティは、メラネシアとオーストラリアのアボリジニの文化が融合した独特の文化を発達させました。 全島中で最も発展している木曜島(Thursday Island)かホーン島(Horn Island)を訪ねて、そんな文化を垣間見てみませんか。まずは木曜島の真珠産業や漁業について学びましょう。この島へはケープ・ヨークからフェリーが出ています。次に飛行機でホーン島に向かい、博物館やギャラリー、第二次世界大戦の歴史的な戦場跡などを訪ねてみましょう。どちらの島も、周囲に美しい砂浜と青い海、ジュゴンやウミガメが生息する鮮やかなサンゴ礁が広がっています。

ウィットサンデー諸島(Whitsundays)で海水浴やセーリング、シュノーケリング、ダイビングを楽しんだり、ただのんびりと過ごしてみてください。ヤシの木が茂る74の美しい島々から成り、グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)とサンゴ海(Coral Sea)の間に浮かんでいます。 アーリー・ビーチ(Airlie Beach)かプロサパイン(Proserpine)から行くことができ、あらゆる種類の楽しみ方が可能です。   ヘイマン島(Hayman Island)の豪華な5つ星リゾートをはじめ、デイドリーム島(Daydream Island)やハミルトン島(Hamilton Island)へも足を伸ばしてみてください。ウィットサンデー島(Whitsunday Island)では、ホワイトヘブン・ビーチ(Whitehaven Beach)の純白のシリカ(珪砂)でできた砂浜を散歩してみましょう。島のほとんどが国立公園に指定されているフック島(Hook Island)や、リンデマン島(Lindeman Island)、ブランプトン島(Brampton Island)では、キャンプをしたり、環境に配慮したエコ型の宿泊施設に泊まったりすることができます。ロング島(Long Island)とサウス・モール島(South Molle Island)には、自然の輝きに囲まれた落ち着いたリゾートがあります。その他の島々は手つかずの熱帯のオアシスです。シーカヤック、水上飛行機、チャーターしたヨットなどで探険してみましょう。

オーストラリアで野生生物に出会う冒険の旅をしたいなら、アデレードから短時間のフライト、またはケープ・ジャービス(Cape Jervis)からのフェリーで行けるカンガルー島(Kangaroo Island)ほどうってつけの場所はありません。ペネショー(Penneshaw)でペンギンが夜な夜な海岸へ向かう姿を眺めたり、シール・ベイ(Seal Bay)でオーストラリア・アシカを見ながら過ごすことができます。ピンクのペリカンが空を舞うのを見たり、4WDで島を横断しながら「コアラ探し」をしてみましょう。この島には釣りやダイビングにも最適のスポットがあり、両側を高台に囲まれたビーチで海水浴やサーフィンを楽しんだり、地下の洞窟や岩が織りなす荒々しい景色を眺めることができます。古い灯台を訪れ、気のきいた地元の食事とワインを楽しみ、格安宿から息を呑む高級リゾートまで多種多様な宿泊施設の中からお好きなものを選んで泊まってください。

タスマニアは300を超える島々に囲まれていますが、最も大きいのはフリンダース島(Flinders Island)、キング島(King Island)、ブルーニー島(Bruny Island)とマリア島(Maria Island)です。フリンダース島とキング島は、タスマニア州ビクトリア州のいずれからも短時間のフライトで行くことができ、バス海峡(Bass Strait)に浮かぶ51の島々から成るファーノー諸島(Furneaux islands)の一部です。フリンダース島では花崗岩の山に登り、手つかずのビーチを散歩し、「キリークランキーのダイヤモンド」と呼ばれるトパーズを探しましょう。 キング島では、スキューバダイビングで沈没船を探検したり、ゲームフィッシングに出かけたり、島の名物の乳製品に舌鼓を打つことができます。ブルーニー島はホバートからそれほど遠くない、自然に囲まれた島です。切り立った断崖を見上げながらハイキングしたり、海鳥やイルカの間をクルージングしましょう。タスマニア東海岸に位置するマリア島には、自動車文化に侵されない自然と歴史が残されています。

9.5.7_Australia_islands_hl7
ビクトリア州の島々

ビクトリア州の島々

ビクトリア州の島々は、モーニントン半島(Mornington Peninsula)の東側のウェスタン・ポート・ベイ(Western Port Bay)に浮かんでいます。 中でもフィリップ島(Phillip Island)は自然の宝庫です。  リル(Rhyll)ではコアラや水鳥を自然のままの状態で観察し、サマーランド・ビーチ(Summerland Beach)では夕暮れ時にフェアリー・ペンギンがよちよちと巣に戻るのを見てみましょう。この島はオーストラリアのモーターサイクル・グランプリ・サーキット(Motor Cycle Grand Prix Circuit)が開催される場所でもあり、海水浴やサーフィン、釣りにぴったりのビーチもあります。ストーニー・ポイント(Stony Point)からカーフェリーで渡るか、サン・レモ(San Remo)からつり橋をわたってドライブしてきてください。静かに過ごしてコアラを見たいなら、ストーニー・ポイントからフェリーで30分の孤島、フレンチ島国立公園(French Island National Park)がおすすめです。島内を自転車で巡るか、ブッシュウォーキングを楽しんで、コアラや絶滅危惧種のハナナガ・ポトルーを探してみましょう。

フェリーに乗り込んで、シドニー湾内に点在する興味深い島々を探検してみませんか。まずピクニックの支度をして、さえぎるものもないオペラハウスやハーバー・ブリッジが眺められる小島、クラーク島(Clark Island)に向かいましょう。カルチャー・クルーズでこの島がアボリジニにとってどのような意味をあったのかを学ぶこともできます。さらに東に進むと、シャーク島(Shark Island)には広い草原や見晴台があります。  広さ18ヘクタールのコカトゥー島(Cockatoo Island)では1泊するか、ツアーに参加してこの島の興味深い歴史を学ぶこともできます。かつてアボリジニの漁場、植民地時代の牢獄、造船所、工業学校、少年院と刑務所だった歴史をしのんでください。さらにかつて採石場と囚人の拘置所だったフォート・デニソン(Fort Denison)とゴート島(Goat Island)では、シドニーの囚人の歴史を垣間見ることができます。

ブリスベンかシドニーから2時間弱のフライトで行けるタスマン海(Tasman Sea)の島、ロード・ハウ島は世界遺産に登録され、静寂に包まれています。一度に400人しか滞在を許されないこの島での移動には自転車が最適。携帯電話の電波もここには届きません。島に自生するケンティア椰子の間をブッシュウォーキングし、白い砂浜で海水浴を楽しみましょう。世界最南端のサンゴ礁をとりまく波静かで温かい水の中で、シュノーケリングやダイビングが楽しめます。アオウミがメや色鮮やかなサンゴ、魚たちが群がるスポットが50ヵ所以上あります。  勇気があるなら、険しいマウント・ゴワー(Mount Gower)山頂を目指してはいかがでしょうか。  ロープを使って8時間から10時間の登山です!

「笑顔の島々」として知られるティウィ諸島は、ダーウィン(Darwin)の北に100キロメートルのところにあり、アラフラ海(Arafura Sea)とティモール海(Timor Sea)が合流する場所です。

ティウィ諸島を構成するのは、バサースト島(Bathurst Island)とメルヴィル島(Melville Island)、そして9つの小さな無人島(ブキャナン(Buchanan)、ハリス(Harris)、シーガル(Seagull)、カルズレイク(Karslake)、イリチュチュ(Irritutu)、クリフト(Clift)、チュリチュリナ(Turiturina)、マティンガリア(Matingalia)、ノッドロー(Nodlaw))です。 メルヴィル島は、タスマニア(Tasmania)に次いで、オーストラリアで2番目に大きい島です。

パースフリーマントル(Fremantle)からフェリーですぐのところにあるロットネスト島は、63ヵ所もの素晴らしい白砂のビーチがあること、自動車の進入が禁止されているために静かなことから、地元の人々に愛されています。着いたらレンタサイクルを借りるか、無料バスを利用しましょう。シーカヤックをこいで波静かな内海に行ったり、サンゴ礁や古い難破船の周辺でシュノーケリングやダイビングを楽しむことができます。サーフィンを楽しむ方には、ストリックランド・ベイ(Strickland Bay)、サーモン・ベイ(Salmon Bay)、スターク・ベイ(Stark Bay)がおすすめです。島の名前の由来となった可愛らしい有袋類、クォッカを探してみましょう。  また、ガイド同伴でこの島の魅力的で長い歴史をツアーで学ぶのもいいでしょう。アボリジニの牢獄、ロットネスト博物館(Rottnest Museum)、古い灯台や昔の大砲、地下トンネルなどに行くことができます。

9.5.7_Australia_islands_hl11
バッカニア群島とダンピア群島、西オーストラリア州

バッカニア群島とダンピア群島、西オーストラリア州

岩ばかりでできたバッカニア群島(Buccaneer Archipelago)の島々は、キンバリー地方にあるダービー(Derby)の沖に浮かんでいます。この周辺には豪華クルーズや遊覧飛行、チャーター船でめぐることができます。  ラフト・ベイ(Raft Bay)周辺のブラッドショー(Bradshaw)で先住民族アボリジニのロックアートを見学したり、南洋真珠の養殖場を訪れたり、強い潮流で海水が断崖の狭い裂け目から流れ込んでできるホリゾンタル・ウォーターフォール(Horizontal Waterfalls)の驚くべき眺めを楽しむことができます。さらに南下すると、ダンピア沖の42の島々からなる美しいダンピア群島があります。ここにはダイビングやシュノーケリング、釣りのための素晴らしいスポットがあります。自然保護区内でジュゴンやイルカやカメと一緒に泳いでみることも可能。  西側には石灰岩でできた100の島々からなるモンテベロ諸島があり、真っ白な砂浜とアクアマリン色の海が待っています。

オーストラリアの島々

その他の観光情報