都市

大晦日、フェデレーション・スクエア(Federation Square)、メルボルン(Melbourne)。 © Fed Square Pty Ltd

有名なシドニー湾からメルボルンの最先端を行くカルチャー・スポット、さらにダーウィンのゆったりとくつろいだ雰囲気まで、オーストラリアの都市について紹介しています。キャンベラでオーストラリア国家に関わる観光地を訪ねたり、パースの白いビーチに寝転がったり、アデレードの広大な公園群を歩きまわったりしてください。高層ビルやショッピング・モールの立ち並ぶオーストラリアの都市はどこも、山や海、川や大自然からほんの少し走るだけという最高ロケーションにあります。

シドニー(Sydney)は、東に太平洋、西はブルー・マウンテンズ(Blue Mountains)、北はホークスベリー川(Hawkesbury River)、南を王立国立公園(Royal National Park)に囲まれています。

シドニー(Sydney)は、のんびりとしたアウトドアとビーチの街。アートや文化、美味しい食事にワイン、大自然、都会的なショッピングやナイトライフも楽しめます!

シドニー・ライフといえば海のある風景は欠かせません。 サーキュラー・キー(Circular Quay)でフェリーに乗って、シドニー・オペラ・ハウス(Sydney Opera House)やシドニー・ハーバー・ブリッジ(Sydney Harbour Bridge)を海から眺めてみるのはいかがですか。 ダーリング・ハーバー(Darling Harbour)は、家族連れにも人気のエンターテイメント・スポットです。

街の中心部には、デザイナーズ・ショップが建ち並ぶクイーン・ビクトリア・ビルディング(Queen Victoria Building)やザ・ストランド(The Strand)などの歴史的なショッピングスポットがあります。ちょっと足をのばして ニュータウン(Newtown)でビンテージ・ファッションや個性的なブティックに立ち寄ったり、モスマン(Mosman)やダブル・ベイ(Double Bay)でおしゃれなブティックやカフェをめぐるのもおすすめです。

静閑なセンテニアル・パークランド(Centennial Parklands)、ハイド・パーク(Hyde Park)、王立植物園(Royal Botanic Gardens)は、リラックスするのにうってつけの場所です。また、 ボンダイ(Bondi)やマンリー(Manly)などの世界的に有名なビーチもお忘れなく。 海岸沿いのウォーキング・コースを歩けば、黄金色に輝くビーチや、息を呑むような岬、砂岩の崖、国立公園の眺めも楽しめます。

メルボルン(Melbourne)は、広いストリートが碁盤の目のように走る美しい都市です。 ショッピングで有名なこの街では、一本路地裏に入ると、迷路のような通りにユニークなブティックやギャラリー、隠れ家的なカフェ、バー、レストランが軒を連ねています。 古くから多文化の伝統を持つメルボルン(Melbourne)では、欧風のカフェから本格的なアジア料理まで、ありとあらゆるグルメも楽しめます。 ライゴン・ストリート(Lygon Street)では有名なイタリア料理を堪能。 ビクトリア・ストリート(Victoria Street)やリッチモンド(Richmond)、ジョンストン・ストリート(Johnston street)やフィッツロイ(Fitzroy)、チャペル・ストリート(Chapel Street)やプラーラン(Prahran)まで足を伸ばすと、素敵なショッピングとカジュアルな食事を楽しめます。

時間があればトラムに乗ってセント・キルダ(St Kilda)へ向かいましょう。ヤラ川の河畔を散策したり、街を取り囲む公園や庭園の中でゆっくりと過ごしてみるのはいかがですか。

さらにアーチを描くポート・フィリップ湾(Port Phillip Bay)沿いのベイサイド・ビーチもおすすめです。 メルボルン(Melbourne)から1時間ほど東に向かうと、ヤラ・バレー(Yarra Valley)やダンデノン丘陵(Dandenong Ranges)の世界的なワイナリーがあります。 西に進めば、ベンディゴ(Bendigo)やバララット(Ballarat)などの歴史ゆかしい金鉱の街を探訪でき、 北へ向かうと美しい山々に出会えます。 南では、モーニントン半島(Mornington Peninsula)やグレート・オーシャン・ロード(Great Ocean Road)で、海辺のアクティビティが待っていますよ。

オーストラリアの首都、キャンベラ(Canberra)には人々を魅了するものがたくさんありますが、中でも歴史、政治、アート、そして国家的なモニュメントを通してオーストラリアの魂を感じる場所は、ほかにはありません。

世界的に見ても、大自然が街の一部として計画されている首都はめずらしいでしょう。 市域に広がるブラック・マウンテン(Black Mountain)、レッド・ヒル(Red Hill)、マウント・エインズリー(Mt Ainslie)、マウント・マジュラ(Mt Majura)、マウント・テイラー(Mt Taylor)、マウント・プレザント(Mt Pleasant)では、野生の動植物を眺めることができます。

また、バーリー・グリフィン湖(Lake Burley Griffin)の湖畔から延びるキャンベラの道路は、サイクリング、マウンテンバイク、ウォーキングにうってつけです。 夜には、活気に満ちたスタイリッシュなレストランで、ワクワクするエンターテイメント・シーンを楽しんでみてください。

昼夜を問わず温暖なブリスベン(Brisbane)のトロピカルな気候は、この街の魅力を満喫するのにもってこいです。 まずはサウス・バンク・パークランド(South Bank Parklands)内の公園や、ローマ・ストリート(Roma Street)、ブリスベン森林公園(Brisbane Forest Park)、ポートサイド・ワーフ(Portside Wharf)などを散策するのはどうでしょうか。 風情ある砂岩造りの建物を眺めたり、サウス・バンク(South Bank)のブリスベン川(Brisbane River)沿いを散歩したり、街の中心部にあるユニークな人工ラグーンで水遊びするのもおすすめです。
 
アクティブ派には、ストーリー・ブリッジ・アドベンチャー・クライム(Story Bridge adventure climb)やカンガルー・ポイント・クリフ(Kangaroo Point cliffs)のロック・クライミングがおすすめ。街の周りに広がるサイクリング・ロードでサイクリングを楽しむこともできます。

約1キロにわたっておしゃれなショップやアーケードが続くクイーン・ストリート・モール(Queen Street Mall)や、新進気鋭の若手デザイナー・ショップが集まる流行発信地ザ・バレー(The Valley)に出かけて過ごしましょう。 週末の屋外マーケットでは、掘り出し物が見つかるかもしれません。

ブリスベンの東には、世界最大級の砂の島と、すばらしいビーチが、南に向かうと、ゴールド・コースト(Gold Coast)やサンシャイン・コースト(Sunshine Coast)などのサーフ・ビーチが待ち受けています。 街から1時間ほどの内陸にはシーニック・リム(Scenic Rim)やカントリー・バレー(Country Valleys)が広がり、世界遺産に登録された森、村、湖や川が都会の喧噪を忘れさせてくれることでしょう。

アデレード(Adelaide)は、美しい公園に囲まれ、リバー・トレンズ(River Torrens)を見下ろす平坦な場所に広がる端正な都市です。 趣のある建物が広い並木道沿いに建ち並ぶノース・テラス(North Terrace)や、高級ファッション街のランドル・モール(Rundle Mall)を散策しましょう。 また、アデレード(Adelaide)は、おいしい食事と素敵なレストランでも有名です。 グージャー(Gouger)、ランドル(Rundle)、ハット(Hutt)、オコーネル(O’Connell)、メルボルン(Melbourne)、リー(Leigh)などのストリートや、キング・ウィリアム・ロード(King William Road)、ノーウッド(Norwood)のザ・パレード(The Parade)あたりがグルメ探訪を始めるにはおすすめです。 日曜の朝には、アデレード中央市場(Adelaide Central Market)で時を過ごすのも一興です。

ビーチサイドへは、トラムに乗ってグレネルグ(Glenelg)へ向かいましょう。 ポート・アデレード(Port Adelaide)には、博物館、リバー・クルーズ、有名なイルカの保護区があります。

アデレード(Adelaide)から1時間ほど足を伸ばすと、オーストラリア有数のワイン産地であるバロッサ・バレー(Barossa Valley)、クナワラ(Coonawarra)、クレア・バレー(Clare Valley)、マクラーレン・ヴェイル(McLaren Vale)、フルリオ半島(Fleurieu Peninsula)があります。 その前に、まず市内にあるオーストラリア国立ワイン・センター(National Wine Centre of Australia)に出かけましょう。 本土の目と鼻の先にはカンガルー島(Kangaroo Island)があります。この島では、手つかずの美しいビーチ、砂漠の風景、ユニークな野生生物、新鮮でおいしいオーガニック・フーズを楽しむことができます。

パース(Perth)には、くつろいだ時間を楽しむためのアイデアがたっぷりあります。 まずは、街の中心部を循環する無料バスに乗って、パース造幣局(Perth Mint)、スワン・ベル・タワー(Swan Bell Tower)、西オーストラリア美術館(Art Gallery of Western Australia)などの見どころをめぐりましょう。 キング・ストリート(King Street)、マレー・ストリート(Murray Street)、ヘイ・ストリート(Hay Street)のモールでは、ブティック、アート・ギャラリー、レストランが軒を連ねています。

スワン・リバー(Swan River)の水辺では釣りをするのも、ピクニックに出かけて景色を眺めるのもよし。美しいマチルダ湾(Matilda Bay)をはじめとする砂の入江やビーチ目指して、ウォーキングやセイリングをするのもおすすめです。 80キロにわたって続く、透明で人の少ない海岸沿いのビーチは、水遊びやサーフィンにうってつけ。パース(Perth)の都会的なビーチ・サイド・ライフスタイルを体験できます。

気分を変えてキングス・パーク(Kings Park)の植物園を散策し、ツリートップ・ウォークからパース(Perth)の街並みを一望するのはいかがですか。 サウス・パース(South Perth)へ向かうフェリーに乗れば、パースの高層ビル群を眺めることもできます。

さらに活気に満ちたフリーマントル(Fremantle)の街を探訪するのも、あるいはスワン・リバー(Swan River)のワイナリーでワインのテイスティングを楽しむのもあなた次第です。 ノースブリッジ(Northbridge)、マウント・ローリー(Mount Lawley)、リーダービル(Leederville)、スビアコ(Subiaco)では、活気あふれるナイトライフが楽しめます。ゆったりとした気分を味わいたいなら、コテスロー(Cottesloe)やスカボロー(Scarborough)に出かけましょう。

トロピカルな街ダーウィン(Darwin)では、ゆったりとしたアウトドア・ライフスタイルの中、さまざまな文化に触れたり、エキサイティングな野生生物との出会いや、楽しいイベントに参加することができます。 ダーウィンはコンパクトな街なので、色々な場所へのアクセスも簡単。 摩天楼や高層ビルはありませんが、ここはその純朴さに魅力があります。

ダーウィン(Darwin)の街や周囲にはアボリジニの聖地があり、今でも息づいている世界最古の彼らの文化について知ることができます。 また、ダーウィン(Darwin)は第二次世界大戦の記憶を語る上でも大切な街であり、当時の名残が多く残っています。

市で行われるイベントの多くは、屋外マーケットや野外フェスティバル、公園、自然保護区、ビーチ、さらにはダーウィン・ハーバー(Darwin Harbour)に浮かぶ船の上など屋外で開かれます。

 
ミッチェル・ストリート(Mitchell Street)は、ダーウィンのレストラン街およびパブ街です。 ダーウィン(Darwin)のウォーターフロント地区やミンディル・ビーチ(Mindil Beach)のナイト・マーケットでは、活気のあるエンターテイメントが楽しめます。郊外の閑静なパラップ(Parap)に足を向ければ、オーストラリア先住民のすばらしいアート・コレクションを目にすることもできます。

三方を海に囲まれたダーウィン(Darwin)は、カカドゥ国立公園(Kakadu National Park)、リッチフィールド国立公園(Litchfield National Park)、ニトミルック国立公園(Nitmiluk National Park)、ティウィ諸島(Tiwi Islands)、アーネム・ランド(Arnhem and)を探訪するのに格好の拠点です。

ホバート(Hobart)は自然美と文化遺産あふれる街で、温かみのある砂岩建築の街並み、海に浮かぶ色とりどりのヨットや波止場の漁船がシンボル。 歩きやすい大きさで、19世紀の港湾倉庫や、オーストラリアの囚人たちの歴史が刻まれたさまざまな観光スポットがあります。 有名なシドニー・トゥー・ホバート・ヨット・レース(Sydney to Hobart Yacht Race)のゴールでもあるサリバンズ・コーブ(Sullivan’s Cove)の周りには、おいしいレストランやユニークなショップがあり、毎週土曜日になると、屋外のサラマンカ・マーケット(Salamanca Market)が開催され、多くの人でにぎわいます。

ホバート(Hobart)周辺のビーチ・エリアには、サンディ・ベイ(Sandy Bay)、コーネリアン・ベイ(Cornelian Bay)、ナットグローブ(Nutgrove)、キングストン(Kingston)、ハウラ(Howrah)などがあります。 また、フレデリック・ヘンリー・ベイ(Frederick Henry Bay)の周りにはさらに見どころがあります。 ホバート(Hobart)のウォーターフロントから豪華な双胴船に乗り、ダントルカストー海峡(D’Entrecasteaux Channel)を抜けてペパーミント・ベイ(Peppermint Bay)まで出かけましょう。

ウェリントン山(Mount Wellington)は、中心部からわずか20分の大自然を満喫するスポット。 温帯雨林や亜高山帯の植物、氷河によって削られた岩を眺めながら山頂までドライブすると、眼下にホバート(Hobart)、ブルーニー島(Bruny Island)、タスマン半島(Tasman Peninsula)を一望できます。

東に向かうと、かつて囚人たちが開拓したポート・アーサー(Port Arthur)もあります。 少し足を伸ばして、地元のサーファーたちがサーフィンを楽しむリマーカブル・ケーブ(Remarkable Cave)まで行けば、タスマニア州の原生地域はすぐそこです。

ケアンズ(Cairns)は、クイーンズランド州のトロピカル・ノースグレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)への玄関口です。 この街から島々、サンゴ礁、そして現存する最古の熱帯雨林へアクセスします。 エドモントン(Edmonton)からエリス・ビーチ(Ellis Beach)まで南北に細長いケアンズでは近年人口が急増、かつてはサトウキビ農場だった場所が近郊の住宅街に姿を変えています。

ケアンズ(Cairns)と言えば、やはり自由気ままなトロピカル・スタイル。Tシャツと短パンで街に出かけられます。 建物はほとんどが1階建てか2階建てで、それより高い建物はめったにありません。

ビーチは街から海岸の北側へ伸び、マッカンズ(Machans)、ホロウェイズ(Holloways)、トリニティ(Trinity)ビーチや、ヨーキーズ・ノブ(Yorkeys Knob)、パーム・コーブ(Palm Cove)、エリス・ビーチ(Ellis Beach)などが続きます。 北部のビーチからバロン川(Barron River)に沿って内陸に入ると、フレッシュウォーター・バレー(Freshwater Valley)が広がります。 マウント・ウィットフィールド(Mount Whitfield)、ウィットフィールド・レンジ(Whitfield Range)、クリスタル・カスケード(Crystal Cascades)、キュランダ(Kuranda)はすぐ近くです。 ブルース・ハイウェイ(Bruce Highway)沿いには、小さな町や集落が点在しています。

山並みとコーラル・シー(Coral Sea)に囲まれたケアンズ(Cairns)では、熱帯雨林の散策や、グレート・ディバイディング山脈(Great Dividing Range)の4WDドライブなど、さまざまなレジャーが満喫できます。

アリス・スプリングス(Alice Springs)は、オーストラリアで最も有名なアウトバック・タウンのひとつで、かつてエアーズロック(Ayers Rock)と呼ばれたウルル(Uluru)やカタ・ジュタ国立公園(Kata Tjuta National Park)の玄関口です。 数百キロにわたって広がる赤い砂漠に囲まれたこの街は、まさしくオーストラリアのレッド・センター(Red Centre)です。

市街地は、通常は乾いているトッド川の両側に広がり、マクドネル山脈(MacDonnell Ranges)が迫るものの、歩きやすい空間になっています。 アリス・スプリングス(Alice Springs)はアボリジニ・アートで知られていて、街の中心トッド・モール(Todd Mall)には地元のギャラリーやアボリジニ・アート・ギャラリーが軒を連ねています。 アラルレン・アート・エンターテイメント・センター(Araluen Centre for Arts and Entertainment)では、世界的なバレエやオーケストラ、さらには地元の人々によるパフォーマンスも楽しめます。

アリス・スプリングス・デザート・パーク(Alice Springs Desert Park)やオリーブ・ピンク植物園(Olive Pink Botanic Garden)で、周囲の砂漠の環境について学んでみるのはいかがですか。 アリス・スプリングス爬虫類センター(The Alice Springs Reptile Centre)も街の中心部にあります。

アリス・スプリングス(Alice Springs)を拠点に、近くのマクドネル山脈(MacDonnell Ranges)にハイキングに出かけたり、フィンケ渓谷国立公園(Finke Gorge National Park)で4WDのドライブを楽しんだり。 この街では、アボリジニの伝統文化に触れるだけでなく、オーストラリア屈指の壮大な景観も体験できます。

世界的に有名な「サーファーズ・パラダイス(Surfers Paradise)」をはじめとする、黄金色の美しい砂浜が続くゴールド・コーストは、テーマ・パーク、高級ブティック、オーストラリア屈指のスポーツ・イベントなど、多彩なライフスタイルが楽しめる都市です。

街のスカイラインは、世界で最も高いタワー・マンションのひとつであるQ1などの高層ビル群によって形成され、華やかで魅惑的な世界が満喫できます。 ハイ・ストリート・サーファーズ・パラダイス(High Street Surfers Paradise)は、洗練されたフード&ファッションの新スポット。一方、カビル・アベニュー(Cavill Avenue)のバーやナイトクラブでは、さまざまなアクティビティが楽しめます。 街の近くには、人気のテーマ・パークもあります。

もっと足を延ばしてサウス・ストラドブローク島(South Stradbroke Island)、ザ・スピット(The Spit)、メイン・ビーチ(Main Beach)、ブロードビーチ(Broadbeach)、マーメイド・ビーチ(Mermaid Beach)、バーレイ・ヘッズ(Burleigh Heads)などの有名なビーチに出かけてみませんか。 他にも、いくつものビーチがあります。

ゴールド・コースト(Gold Coast)は、南はニュー・サウス・ウェールズ州との境界のクーランガッタ(Coolangatta)、西はタンボリン山(Mount Tamborine)、北はブリスベン(Brisbane)近くのビーンリー(Beenleigh)まで広がっています。 この街は、クイーンズランド州が誇る大自然への玄関口でもあります。 ホエールウォッチングや島めぐりに出かけたり、世界遺産の国立公園や雨林を擁する緑豊かなヒンターランドを探検するのもいいでしょう。

ブルーム(Broome)は、のんびりとした小さな街です。 照り輝く赤い大地と、緑豊かな熱帯の花や森林をゆっくりお楽しみください。

多文化の街であるブルーム(Broome)は、ロマンチックな真珠採取の歴史を持ち、南洋真珠や希少なピンク・ダイヤモンドのショッピングに最適です。 真珠やダイヤモンドのショップは、チャイナタウン(Chinatown)に並び、アート・ギャラリーやショップ、カフェなどもあります。 ブルーム歴史博物館(Broome Historical Society Museum)は、オーストラリアでも有数の地域博物館として知られ、中心部から少し足を伸ばすと、ブルーム・クロコダイル・パーク(Broome Crocodile Park)があります。

真っ白な砂浜のケーブル・ビーチ(Cable Beach)をラクダの背中に揺られながらサンセットを眺めるキャメルライド、ガンシューム・ポイント(Gantheaume Point)で太古の恐竜の足跡を訪ねる、世界的に有名なローバック・ベイ(Roebuck Bay)でバードウォッチングするといったアクティビティが人気です。

また、ブルーム(Broome)が誇る自然の神秘のひとつに、「月への階段」があります。 3月から10月までの間、満月が海から昇った後、遠浅の濡れた砂浜に光が反射して、月へと続く幻想的な銀色の階段が現れます。

ブルーム(Broome)は、西オーストラリア州キンバリー(Kimberley)地域への玄関口でもあります。

シティ

オーストラリアの考え