ロッド・レーバー・アリーナ(Rod Laver Arena)、メルボルン(Melbourne)

ロッド・レーバー・アリーナ、メルボルン、ビクトリア州

ロッド・レーバー・アリーナ、メルボルン

ロッド・レーバー・アリーナは、メルボルン・アンド・オリンピック・パークス(Melbourne and Olympic Parks)スポーツ地区内のメルボルン・パークにあります。この地区には、メルボルン・クリケット・グラウンド(Melbourne Cricket Ground)、ハイセンス・アリーナ(Hisense Arena)、ナショナル・テニスセンター(National Tennis Centre)、オリンピック・パークもあります。

当初ナショナル・テニスセンター・コンプレックスの一部として1988年に設立されたこのアリーナは、テニス・トーナメント大会、全豪オープン・グランド・スラムの中心会場です。バイクのスーパークロス大会から、水泳選手権、コンサートに至るまで、さまざまなスポーツ・イベントとエンターテイメント・イベントが開催されています。

オーストラリアのテニス史上最も偉大な選手の1人であるロッド・レーバーを称えて名付けられたロッド・レーバー・アリーナは、15,000人を収容することができます。

この施設は、1988年の開場時には、世界初の開閉式の屋根という革新的なデザインで、最先端の技術を駆使した世界トップクラスのアリーナでした。この屋根は回転する2つのセクションで構成され、各セクションにアーチ状のトラスが掛けられており、それがロッド・レーバー・アリーナの印象的な外観を創り出しています。

このアリーナは20年以上にわたり、世界トップクラスのさまざまなジャンルのコンサートなどのエンターテイメント施設として利用されてきました。 U2、ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)、カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)、パヴァロッティ(Pavarotti)、ビリー・ジョエル(Billy Joel)、ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen)などがこの多目的会場でパフォーマンスを行いました。 2007年のジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)のコンサートでは、最高動員数を記録しました。 ロッド・レーバー・アリーナには、毎年100万人以上がイベントやコンサートで訪れています。 全豪オープンは毎年1月に開催されます。

1990年代には、このアリーナはメルボルン・バスケットボール(Melbourne Basketball)の本拠地であり、メルボルン・タイガーズ(Melbourne Tigers)のホーム・グラウンドでした。NBLの全盛期には多くの観客を引き付けていました。

バックステージ・ツアーに参加して、全豪オープン選手以外は入れない場所や、歴代のチャンピオンが優勝を祝った場所など、通常は関係者しか味わうことができない経験をしてみてください。 コートを借りることもできます。世界のトップ・テニス・プレーヤーと同じコートでテニスを体験してみてはいかがでしょうか。

メルボルン・パーク(Melbourne Park)はバットマン・アベニュー(Batman Avenue)沿いにあり、メルボルンの中心から徒歩で行くことができます。 バーララング・マー・パーク(Birrarung Marr Park)から続くチャンピオン・ウォーク(Champions Walk)とウィリアム・バラック・ブリッジ(William Barak Bridge)を通り、市内からフェデレーション・スクエア(Federation Square)、さらにヤラ川(Yarra River)岸を気持ちよく歩けます。 メルボルン・アンド・オリンピック・パークス(Melbourne and Olympic Parks)スポーツ地区へ行くには、公共交通機関の利用が最も速く便利です。 電車、トラム、バスは、アリーナの正面に停車します。また水上タクシーでヤラ川をゆっくりとクルーズして、ロッド・レーバー・アリーナの向かい側で降りることもできます。

スワン・ストリート・ブリッジ(Swan Street Bridge)を渡ると、そこはしんと静まり返ったメルボルンの王立植物園(Royal Botanic Gardens)です。 キャプテン・クック(Captain Cook)の時代にまでさかのぼる珍しい種類を含む5万種類を超える植物を楽しみながら、散策してみてください。 メルボルン天文台(Melbourne Observatory)で天文学ガイド・ツアーに参加して、歴史的な望遠鏡で月を観察してみませんか。 アボリジニのガイドが同行する特別ツアーに参加して、クリン(Kulin)族の先住地とその豊かで力強い文化や、食用、道具、医療に伝統的に使用している植物について学ぶことができます。 夏季は、王立植物園は野外シネマ、ライブ・パフォーマンス、展示など活気に満ちた文化的な催しに利用されます。

その他のオーストラリア旅行のアイデア