サンコープ・スタジアム(Suncorp Stadium)、クイーンズランド州(Queensland)

サンコープ・スタジアム、クイーンズランド州

サンコープ・スタジアム、クイーンズランド州

ブリスベンのサンコープ・スタジアムは、地元で「コルドロン」(The Cauldron)という名前で親しまれている、オーストラリア屈指の長方形のスポーツ施設です。 収容人数は53,000人で、ラグビー・ユニオン、ラグビー・リーグ、サッカー、さらに地元や海外のアーティストのコンサートが開催されています。

この世界トップクラスの最先端スポーツ施設は、ブリスベンの中心にほど近い地区、ミルトン(Milton)にあります。クイーンズランドの人々にとって、州と市のスポーツの殿堂としてとても愛着がある場所です。 サンコープ・スタジアムで開催されるイベントの動員数は、年間100万人を超えます。

このスタジアムは、ナショナル・ラグビー・リーグ・チームのブリスベン・ブロンコズ(Brisbane Broncos)、ラグビー・ユニオン・チームのクイーンズランド・レッズ(Queensland Reds)、ブリスベン・ロア(Brisbane Roar)・サッカー・チームのホーム・グラウンドとなっています。 毎年サンコープ・スタジアムでは、ナショナル・ラグビー・リーグのステート・オブ・オリジン(State of Origins)と呼ばれる、ニュー・サウス・ウェールズ州とクイーンズランド州出身の選手が対決する究極の遺恨試合が開催されます。 スタジアムの外には、「ラング・パークの帝王(The Emperor of Lang Park)」とファンに呼ばれるオーストラリアのナショナル・ラグビー・リーグの有名選手、ウォーリー・ルイス(Wally Lewis)の彫像が立っています。

この歴史的なスタジアムのツアーに参加すると、スタジアムが以前は墓地であった時代から、ラング・パーク(Lang Park)と呼ばれた時代、さらに再開発によって現在の世界トップクラスの施設になるに至った詳しい歴史を学ぶことができます。 通常はスタジアムのメンバー、メディア、一流スポーツ選手のみが入ることのできるバックステージを見ることができます。

スタジアムは、ヨーロッパ人が初期に入植したブリスベンの地区の一画にあります。 近くのミルトンとパディントン(Paddington)の通りは1850年代の入植地で、オーストラリア初期の時代の見事な建物が立ち並んでいます。 ここには高床式の木造家屋が丘の上の緑豊かな大きな道沿いに建ち並び、伝統的な「クイーンズランダー(Queenslander)」様式の街並みが最もよく保存されています。 ブリスベンでも人気の高い地区であり、洗練されたバー、カフェ、レストラン、個性的なブティック、アンティーク・ショップ、デザイナーズ・ブランド・ショップなどが軒を連ねています。

クイーンズランドの人々が愛するXXXXビールのミルトン醸造所で、ビールを味わってみてください。 ここはオーストラリアで最も古い醸造所の1つで、ツアーに参加すると、醸造工程の見学後に有名なゴールデン・エール・ビールを試飲することができます。

ブリスベン川に向かって歩き、川沿いの遊歩道を遺産登録されている有名なレガッタ・ホテル(Regatta Hotel)まで散策するのもおすすめです。レガッタ・ホテルはブリスベン最古のパブで、1886年以来、今なお戸外のベランダで冷たいビールを提供しています。 本物の「オージー」ライフスタイルをのんびりと満喫するには最高の場所です。

シティ・キャット(City Cat)でブリスベン川(Brisbane River)を市内までクルーズしたり、新しく修復されたブリスベン市庁舎(Brisbane City Hall)やブリスベン博物館(Museum of Brisbane)を訪れるのもいいでしょう。 冒険好きな方には、世界に3つしかない橋登りツアーの1つ、ストーリー・ブリッジ・アドベンチャー・クライム(Story Bridge adventure climb)がおすすめです。 橋の頂上からは、息を呑むような360度のブリスベン市の展望を楽しむことができます。サンコープ・スタジアムと「ギャバ(Gabba)」も上空から見渡せます。

サンコープ・スタジアムへは、ブリスベンの公共交通機関を利用して簡単に行くことができます。
路線バスが運行されており、スタジアムでの試合開催時には増便されます。 サンコープ・スタジアムの最寄りの電車の駅は、ミルトン駅とローマ・ストリート(Roma Street)駅です。

その他のオーストラリア旅行のアイデア