オーストラリアの動物

コアラ。 © Tourism Australia

オーストラリアの動物

オーストラリア固有の動物たちは、人々を惹きつけてやまない魅力の1つとなっています。 オーストラリアには、378種以上の哺乳類、828種の鳥類、4,000種の魚類、300種のトカゲ、140種のヘビ、2種のクロコダイル、約50種の海洋哺乳類が生息しています。

オーストラリアの植物、哺乳類、爬虫類、カエルの80パーセント以上はオーストラリアの固有種で、他の場所では見られないものです。 なかでも有名なのは、カンガルー、コアラ、ハリモグラ、ディンゴ、カモノハシ、ワラビー、ウォンバットでしょう。

オーストラリア固有のいきものを野生で観察することはなかなか難しいですが、オーストラリアの主要都市や各地方にある世界有数の動物園やワイルドライフ・パークに行けば誰でも気軽に出会うことができます。 例えば、シドニー(Sydney)のタロンガ動物園(Taronga Zoo)、ポート・ダグラス(Port Douglas)のレインフォレスト・ハビタット(Rainforest Habitat)、ビクトリア州のヒールズビル・サンクチュアリ(Healesville Sanctuary)、南オーストラリア州のクリ-ランド・ワイルドライフ・パーク(Cleland Wildlife Park)、クイーンズランド州のオーストラリアン・ズー(Australia Zoo)などはお薦めです。

オーストラリアにはたくさんの野生動物が生息していて、その多くは固有動物です。

哺乳類

オーストラリアには大型の捕食動物が存在せず、最大の肉食性哺乳類といえばディンゴ(野犬)になります。 他にもフクロアリクイ、フクロネコ、タスマニアン・デビルなどの固有の肉食動物がいますが、飼い猫のサイズ以上のものはいません。
ディンゴはタスマニア州を除くオーストラリア各地に生息しています。 ディンゴが見られるおすすめのスポットは、クイーンズランド州のフレーザー島(Fraser Island)や西オーストラリア州キンバリー地域(Kimberly)、およびノーザン・テリトリーと南オーストラリア州に広がる砂漠一帯です。 フクロアリクイには西オーストラリア州でしか出会うことができません。また、ワイルドライフ・パークを除けば、野生のタスマニアン・デビルを観察できるのはタスマニア州のみです。 絶滅危惧種の野生のフクロネコにはめったに遭遇できませんが、オーストラリア南東部やタスマニアの多雨林、そしてクイーンズランド州北部の限られた地域に生息しています。 バンディクート科に属するビルビーは、西オーストラリア州のフランソワ・ペロン国立公園(Francois Peron National Park)で見ることが出来る可能性があります。

有袋類

オーストラリアには、カンガルー、ワラビー、コアラ、ウォンバットなど、140種以上の有袋類が生息しています。
カンガルーとワラビーだけでもなんと55の異なる固有種が存在します。 カンガルーやワラビーの大きさはさまざまで、0.5キロから90キロまで体重にもかなりの幅がありますが、大きな違いはその大きさです。一般に、ワラビーの方が小型です。 オーストラリアに生息するカンガルーの推定数にはバラつきがありますが、だいたい3,000~6,000万頭。 地方に行けば、かなりの確率で野生のカンガルーを見ることができますからお楽しみに。 ビクトリア州のおすすめ観察スポットは、グレート・オーシャン・ロード(Great Ocean Road)沿いのアングルシー(Anglesea)およびグランピアンズ(Grampians)です。 南オーストラリア州のカンガルー島(Kangaroo Island)やフリンダース山脈(Flinders Ranges)にも生息しています。 またオーストラリア・アルプス(Australian Alps)のナマジ国立公園(Namadgi National Park )やコジオスコ国立公園(Kosciuszko National Park)、ニュー・サウス・ウェールズ州(New South Wales)のペブリー・ビーチ(Pebbly Beach)、タスマニア州のマリア島(Maria Island)へ行くと至近距離から観察することもできます。 アウトバックでは、ピョンピョンと跳ねながら道路を横切るカンガルーの姿がしばしば目撃されます。 ワラビーの生息域はオーストラリア全体ですが、特に遠隔地の岩の多い荒れた土地に多く生息していて、 南オーストラリア州のフリンダース山脈(Flinders Ranges)、タスマニア州のフレシネ国立公園(Freycinet National Park)、オーストラリア・アルプスのナマジ国立公園(Namadgi Park)やコジオスコ国立公園(Kosciuszko National Park)で見ることができます。
コアラはなんと言っても一番の人気者ですが、クマの一種ではありません。 生息地域はオーストラリアの東海岸の温帯一帯です。 多数生息している場所としては、キャンベラ(Canberra)の近くにあるティドビンビラ自然保護区(Tidbinbilla Nature Reserve)、ニュー・サウス・ウェールズ州のポート・スティーブンス(Port Stephens)周辺、クイーンズランド州のローン・パイン・コアラ保護区(Lone Pine Koala Sanctuary)などがあります。 またビクトリア州のフィリップ島(Phillip Island)や西オーストラリア州のヤンチャップ国立公園(Yanchep National Park)に行くと、野生環境下で観察することもできます。

ウォンバットもオーストラリア固有種の1つです。体つきはずんぐり、巣穴を掘って生活します。体重は最大で36キロにもなります。 やはり野生のウォンバットを観察することはちょっと難しいですが、可能性のある場所をいくつか挙げるなら、ニュー・サウス・ウェールズ州のブルー・マウンテンズ国立公園(Blue Mountains National Park)とコジオスコ国立公園(Kosciuszko National Park)、ビクトリア州のウィルソンズ岬(Wilsons Promontory)、タスマニア州のクレイドル・マウンテン-セント・クレア湖(Cradle Mountain-Lake St Clair)、そして南オーストラリア州の国立公園などがあります。

単孔類

オーストラリアにしか生息していないもう1つの固有種は、単孔類(卵生哺乳類)です。 最も特徴的なのはカモノハシでしょう。川に住むこの動物は、カモのようなクチバシ、水をはじく毛皮、そして水掻きの付いた手足を持っています。 カモノハシは川の堤に掘った巣穴で暮らします。 恥ずかしがり屋のカモノハシを見つけるのは至難の業ですが、チャレンジするならオーストラリア東海岸の小川や川の淀みを探してみてください。 カモノハシが見られるおすすめスポットは、キャンベラ(Canberra)の近くにあるティドビンビラ自然保護区(Tidbinbilla Nature Reserve)、ビクトリア州グレート・オトウェイ国立公園(Great Otway National Park)内にあるエリザベス湖(Lake Elizabeth)、タスマニア州のクレイドル・マウンテン-セント・クレア湖国立公園(Cradle Mountain-Lake St Clair National Park)、およびニュー・サウス・ウェールズ州とクイーンズランド州の北部です。
ハリモグラも単孔類の1種です。ハリモグラはアリを主食とする動物で、針のようなトゲに覆われた体と、長いネバネバした舌を持っています。ハリネズミやヤマアラシと同様、体の表面がトゲだらけなので、決して抱き上げようとはしないでください! カンガルー島(Kangaroo Island)は、野生のハリモグラを観察できるベスト・スポットです。

鳥類

オーストラリアに生息する828種の鳥類のうち、約半数がオーストラリアの固有種です。 小さなミツスイから、2メートル近くにもなる巨大な飛べない鳥エミューに至るまで、実に多種多様な鳥類が分布しています。 野生のエミューがよく見られるのは、草原、硬葉植物の森林、サバンナの林地などです。
また、無数の水鳥、海鳥に加えて、開けた林や森にはさまざまな種類の鳥類が生息しています。 いくつか例を挙げるなら、ヒクイドリ、黒鳥、フェアリー・ペンギン、ワライカワセミ、コトドリ、フエガラスなどがいます。 ペンギンを観察するなら、南オーストラリア州のカンガルー島(Kangaroo Island)とビクトリア州のフィリップ島(Philip Island)がおすすめです。

アルバート・コトドリはウォーニング山国立公園(Mt Warning National Park)やゴールド・コースト(Gold Coast)の内陸側にあるゴンドワナ多雨林に生息しています。 もう一方のコトドリ(superb lyrebird)はアルバート・コトドリより生息数が多く、メルボルン周辺のダンデノン丘陵(Dandenong Ranges)やキングレイク国立公園(Kinglake National Parks)、シドニーの南に位置するロイヤル・ナショナル・パーク(Royal National Park=王立国立公園)やイラワラ(Illawarra)地方に生息しています。 他にも、キャンベラ(Canberra)の近くにあるティドビンビラ自然保護区(Tidbinbilla Nature Reserve)、ビクトリア州のタワー・ヒル(Tower Hill)、オーストラリア東海岸一帯のいくつかの国立公園で見ることができます。
ワライカワセミは、朝方や夕暮れ時に聞かれる人間の笑い声のようなけたたましい鳴き声が特徴的な鳥です。生息範囲は広く、田舎やしばしば都市郊外でもその姿を見る(あるいは声を聞く)ことができます。
ブルーム鳥類観察所(Broome Bird Observatory)とカカドゥ国立公園(Kakadu National Park)は、さまざまな湿原の鳥や、渡り鳥を観察するのに最適な場所です。

オーストラリアには55種類のオウムが生息しています。カラフルなだけでなく、数も多いオウムには、コカトゥー、ナナクサインコ、ロリキート、オカメインコ、パラキート、セキセイ・インコなど、目をみはるほどの多様性があります。 オウムは、田舎にも都会にも広い地域に生息しています。

爬虫類

オーストラリアには、他のどの大陸よりも多くの種類の毒蛇が分布しています。事実、地球に生息する猛毒を持つヘビ25種のうち、21種類がオーストラリアにいるのです。 しかし、すべてのヘビが毒を持っているわけではありません。オーストラリアには美しいニシキヘビや樹上性のヘビもいます。

オーストラリアは、ワニでも有名です。オーストラリアには、淡水性と海水性の両方が存在します。 ワニ生態を見るなら、キンバリー(Kimberley)およびカカドゥ国立公園(Kakadu National Park)がなんといってもおすすめです。

また、オーストラリアの海岸には、絶滅危惧種に指定されている5種類のウミガメが産卵期にやって来て巣を作り、卵を生みます。加えて、オーストラリアには淡水ガメも8種類生息。 西オーストラリア州ニンガルー・リーフ(Ningaloo Reef)とブルーム(Broome)のエコ・ビーチ(Eco Beach)は、ウミガメを見るのに絶好の場所です。

オーストラリアはトカゲの種類も豊富です。あっと驚くエリマキトカゲやフトアゴヒゲトカゲなど、「ドラゴン」トカゲやゴアナ(オオトカゲ)にも出会えます。 キンバリー地域(Kimberley)には178種ほどの爬虫類が生息しています。とりわけ目を引くのは、エリマキトカゲと、随所に出没する「タタ」トカゲです。 モロク・トカゲの生息地は、西オーストラリア州のシャーク・ベイ(Shark Bay)、カーナヴォン(Carnarvon)、エクスマウス(Exmouth)などの砂漠地帯です。

また、オーストラリア中央部や南オーストラリア州のフリンダーズ山脈(Flinders Ranges)には、フトアゴヒゲトカゲ、オーストラリア・オオトカゲ、アオジタ・トカゲなど、多様な爬虫類が分布しています。

海洋動物

オーストラリアの豊かな海には、世界に存在する2万2,000種の魚類のうち約4,000種、世界の58種の海藻類のうち30種が生息しています。 また、世界最大のサンゴ礁群で、世界遺産にも登録されているグレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)があります。グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)には、美しいクマノミなどカラフルな魚が数多く住んでいるため、すべての魚を数え尽くそうと思えば、とても1度の訪問では足りません。 加えて、サンゴも約1,700種生息しています。

大型の海洋生物には、回遊性のおとなしいジンベイザメ、ザトウクジラ、ミナミ・セミクジラやシャチ、ジュゴン、数多くのイルカ類、数種のサメ類などが含まれます。 クジラは、5月~11月までオーストラリアの東海岸および西海岸一帯で見られます。 西オーストラリア州のニンガルー・リーフ(Ningaloo Reef)は、ジンベイザメに会える確率の高い場所として世界的にも有名です。ここでは、体は大きくとも気の優しいこのサメと一緒に泳ぐことのできるツアーがいくつも実施されています。 野生のオーストラリア・オットセイを観察するなら、カンガルー島(Kangaroo Island)をおすすめします。

オーストラリアの考え