オーストラリアのカンガルー

フレーザー島、クイーンズランド州

オーストラリアのカンガルー

オーストラリアのカンガルー

カンガルーはオーストラリア固有の動物で、オーストラリアの紋章の中にもその姿があしらわれています。 哺乳網カンガルー科に属し、ワラビーやアカハラ・ヤブワラビーと同じ有袋類の仲間です。 カンガルーはピョンピョンと跳ねながら移動する唯一の大型動物で、繁殖期のオス同士が前足でボクシングをしたり、後ろ脚でキックをしたりして争うことがよくあります。 オーストラリア各地に55種が生息しています。 ビクトリア州(Victoria)のおすすめ観察スポットは、グレート・オーシャン・ロード(Great Ocean Road)沿いのアングルシー(Anglesea)とグランピアンズ(Grampians)です。 南オーストラリア州(South Australia)のカンガルー島(Kangaroo Island)フリンダース山脈(Flinders Ranges)にも生息しています。 またオーストラリア・アルプス(Australian Alps)のナマジ国立公園(Namadgi National Park)やコジオスコ国立公園(Kosciuszko National Park)、ニュー・サウス・ウェールズ州(New South Wales)のペブリー・ビーチ(Pebbly Beach)、タスマニア州(Tasmania)のマリア島(Maria Island)に行くと、至近距離から観察することができます。

その他のオーストラリア旅行のアイデア