オーストラリアのタイムゾーン(時間帯)

ユーレカ・タワー(Eureka Tower)から見たメルボルン(Melbourne)の夜景。 © Tourism Victoria & Mr Kyeong Woo Kim

オーストラリアのタイムゾーン(時間帯)

オーストラリアには3つのタイムゾーン(時間帯)が存在します。
オーストラリア東部標準時(AEST)に含まれるのは、東部のクイーンズランド州ニュー・サウス・ウェールズ州ビクトリア州タスマニア州オーストラリア首都特別地域です。 オーストラリア東部標準時は協定世界時プラス10時間(UTC +10)です。日本との時差はプラス1時間。
オーストラリア中部標準時(ACST)には、南オーストラリア州、ニュー・サウス・ウェールズ州西部の町ブロークン・ヒル(Broken Hill)、ノーザン・テリトリー(Northern Territory)が含まれます。 オーストラリア中部標準時は協定世界時プラス9時間半(UTC +9½)です。日本との時差はプラス30分。
オーストラリア西部標準時(AWST)は西オーストラリア州で用いられています。 オーストラリア西部標準時は協定世界時プラス8時間(UTC +8)です。日本との時差はマイナス1時間。

サマータイム(デイライト・セービング)

ニュー・サウス・ウェールズ州、ビクトリア州、南オーストラリア州、タスマニア州、オーストラリア首都特別地域では、夏にサマータイム(DST、デイライト・セービング・タイム)が実施され、通常の時間に1時間を加算します。 サマータイム(デイライト・セービング・タイム)は10月の第一日曜日の2:00am(オーストラリア東部標準時)に始まり、4月の第一日曜日の3:00am(オーストラリア東部夏時間)に終わります。
ニュー・サウス・ウェールズ州、オーストラリア首都特別地域、ビクトリア州、タスマニア州は、オーストラリア東部標準時からオーストラリア東部夏時間(AEDT)、UTC +11に移行します。 南オーストラリア州、ニューサウスウェールズ州の町ブロークン・ヒル(Broken Hill)では、オーストラリア中部標準時からオーストラリア中部夏時間(ACDT)、UTC +10½に移行します。

クイーンズランド州、ノーザン・テリトリー(Northern Territory)、西オーストラリア州ではサマータイムは実施されません。

世界のタイムゾーン(時間帯)

グリニッジ標準時(GMT)は経度0度の時刻です。世界のタイムゾーンはこの経線をもとに東西に測定されます。 現在ではグリニッジ標準時よりも協定世界時(UTC)という表現のほうが広く用いられるようになっています。

太平洋を通る国際日付変更線で日付が1日変わります。 東に向かって日付変更線を超える場合は1日差し引き、西に向かっている場合は1日加えます(場所ごとの時差も考慮します)。 ロサンゼルスやロンドンからオーストラリアに直行する場合、到着は2日後になります。オーストラリアから帰る場合は、出発した日と同じ日に到着します。 すぐ帰りたくなればのことですが、念のため。日本から到着する場合は日付変更線を越えないため日付の加算は不要です。

オーストラリアの考え