オーストラリアの気候

ウルル・カタ・ジュタ国立公園(Uluru Kata Tjuta National Park)、ノーザン・テリトリー。 © Tourism Australia

オーストラリアの気候

オーストラリアはほとんど1年中穏やかな気候に恵まれていますが、大陸の面積が広大なため、場所によって気候が異なります。

通常、南部の州では比較的涼しい冬があるのに対し、北部の州はほとんど常に暖かな気候に恵まれています。

オーストラリアは世界でも特に乾燥した大陸で、平均年間降水量は600ミリメートル未満です。

南半球にあるすべての大陸と同じように、オーストラリアの季節は北半球とはちょうど反対です。

12月から2月は夏、3月から5月は秋、6月から8月は冬、9月から11月は春です。

ニュー・サウス・ウェールズ州は温帯地域に位置します。 州東部にあるグレート・ディバイディング山脈 (Great Dividing Range)が気候に大きな影響を与えており、海岸、高原、西斜面、西平野に4つの異なる気候帯を作り出しています。 シドニー(Sydney)の気候は年中快適な気温で、年間の晴天日数は340日以上です。 シドニーの夏(12月から2月)の平均最高気温は約26度。 夏には湿度が高くなり、平均湿度は65パーセントに達します。 冬(6月から8月)の平均最高気温は約16度。 降水量は3月から6月にかけて最も多くなります。

ビクトリア州の気候は、北西の高温で乾燥した地域から、高山地帯の雪原まで、気候帯が多様であることが特徴です。 平均年間降水量は、250ミリメートル未満の地域から、1800ミリメートルを超える山岳地までさまざまです。 メルボルン(Melbourne)は天候が変わりやすいことで知られていますが、通常温暖な気候に恵まれています。夏は温暖で暑くなることもあり、春と秋は暖かくさわやかで、冬には涼しい気候になります。 夏の平均気温は25度、冬は14度です。 降水量は5月から10月に最も多くなります。

南オーストラリア州の気候は、内陸部の暑くて乾燥した気候から、州南部と南東部海岸の温暖で湿潤な気候まで、多種多様です。 通常、アデレード(Adelaide)の冬は温暖かつ湿潤で、夏は暑く乾燥した気候です。 また、アデレードはオーストラリアの中で最も雨の少ない大都市でもあります。 1月と2月(夏)の平均降水量は約20ミリメートルですが、数ヶ月雨が降らないこともまれではありません。 6月は1年で最も湿潤な月で、平均降水量は80ミリメートルです。 夏の平均最高気温は29度、冬は15~16度です。

広大な面積を持つ西オーストラリア州には数多くの気候帯があります。 北西部の夏は「雨季」に当たり、豪雨を特徴としますが、内陸部はほとんど常に乾燥しており、夏には気温が高くなります。南西部の冬は温暖湿潤、夏は暑くて乾燥した気候です。 パース(Perth)の降水量は5月から9月にかけて最も多くなります。 通常2月が1年のうち最も気温が高くなる月で、平均気温は31度です。 「フリーマントル・ドクター」と呼ばれる潮風が南西から吹き込み、暑さを和らげてくれます。 冬は比較的涼しく湿潤で、気温は約18度です。

ブリスベン(Brisbane)は、年間を通してほとんど常に温暖または高温な亜熱帯気候に属します。 夏(12月~2月)の最高気温の平均は約30度。 夏に最も降水量が多くなり、大雨を伴う雷雨にもなります。 この時期は湿度も非常に高くなります。

冬は通常雨が少なく、温暖で過ごしやすい気候になります。 冬は晴れの日がほとんどで、平均気温は約17度。 年間の月平均降水量は約96ミリメートルです。

クイーンズランド州の気候は、西部内陸部では夏の降水量が少なく気温が高いこと、北部はモンスーンの季節があること、海岸沿いは温暖な気候であることが特徴です。 乾燥した内陸部の平野では夏に最高気温を記録します。この時期の年平均降水量は200ミリメートル未満です。 ケアンズ(Cairns)は熱帯性の気候に恵まれていて、夏は気温が高く湿潤、冬は温暖で乾燥した気候となります。 平均年間降水量は1,992ミリメートルで、主に1月から3月にかけて降水量が多くなります。 ケアンズの(Cairns)標準的な日中の温度は、真夏は23~31度、真冬は18度です。 また、沿岸水域では11月から5月にかけてサイクロン(熱帯低気圧)が時折発生します。

タスマニア州は島で、海岸までの距離が最も遠いところでも115キロメートルを超えることがありません。このため、気候は海洋性の温帯に分類されます。 夏は温暖で、冬の時期に最も雨が多くなるとはいえ、降水量は年間を通して一定しています。 緯度の高いタスマニア州では、オーストラリアの他の州よりも季節がはっきりとしていて、ホバート(Hobart)には四季があります。 最も暖かくなる1月と2月は、最も雨の少ない時期でもあり、平均気温は約21度。 ホバート(Hobart)は南極からの南風にさらされてはいますが、市内にあるウェリントン山(Mt Wellington)がさえぎってくれるおかげで最悪の気候条件から守られています。

キャンベラ(Canberra)の気候はほとんど常に乾燥した大陸性気候で、夏は温暖な気候から暑くなることもあり、冬は涼しくなります。 平均年間降水量は629ミリメートルで、降水量は年間を通じて一定しています。 最も雨の多い月は10月で、最も雨の少ない月は6月です。 冬には近くのオーストラリア・アルプス(Australian Alps)に雪が降ります。 最も気温が高い月は1月で、平均最高気温は28度です。 最も気温の低い月は7月で、日平均気温は11度、夜には0度を下回ることもあります。 キャンベラ(Canberra)の夏の日照時間は1日当たり約9時間、冬には約5時間になります。

ノーザン・テリトリー(Northern Territory)の気候は南オーストラリア州の気候とははっきり異なり、「トップ・エンド」として知られる北部と南端部でもも気候に大きな差があります。 「雨季」(10月から4月)と「乾季」(5月から9月)のはっきりと異なる2つの季節があります。 アリス・スプリングス(Alice Springs)の気候は極端で、夏は気温が高く、冬には夜間の気温が0度を下回ることもあります。 降水量は年によって著しく異なりますが、年平均は約286ミリメートル。 夏の日中の気温は通常30度代後半と高く、夜には乾燥して涼しくなります。 春には雷雨やあられ、砂嵐になる場合もあります。

ブルーム(Broome)は熱帯性気候で、夏は気温と湿度が高く、冬は温暖です。「雨季」(12月から3月)と「乾季」(その他の月)の2つのはっきり異なる季節があります。 10月から4月には気温は約33度に達します。 冬(6月から8月)は温暖で、7月の日中の平均気温は約27度です。 夜間の気温が5度を下回ることはほとんどなく、夏の最低気温はさらに高くなります。 平均年間降水量は532ミリメートルですが、時には続けて数ヶ月雨が降らないこともあります。 1年のうち最も雨が多いのは1月から3月にかけてです。 11月から4月にかけて、特に1月と2月には熱帯低気圧が発生することがあります。

ノーザン・テリトリー(Northern Territory)のトップ・エンド(最北端)に位置するダーウィンには、「雨季」と「乾季」という2つのはっきりした季節があります。 雨季は11月~4月で、湿度が高く、モンスーンによる雨や嵐が特徴的です。 日中の気温は、最低25度~最高33度程度です。 乾季は5月~10月で、温暖で乾燥した晴天と、涼しい夜という特徴があります。 気温は21度~32度程度で、湿度は非常に低くなります。 こちらでは、ダーウィンへの旅行計画に役立つ、気温、降水量、季節のアクティビティの情報をお知らせします。

クイーンズランド州のゴールド・コーストは亜熱帯気候に属し、一年中快適にアウトドアでの遊びをお楽しみいただけます。 ゴールド・コーストは、1年のうち平均245日が晴天、年間平均降水量は約1,400ミリメートルで、そのほとんどが夏(12月~2月)に降ります。 一般的に、日中の気温は20度台の半ばです。 ヒンターランド(Hinterland)はいくぶん涼しく、冬の最高気温は約16度です。 冬は、澄み切った空と乾いた空気により、夜間は冷え込みます。 ここでは、ゴールド・コーストへの旅行を計画する際に役立つ、気温、降水量、季節ごとのアクティビティに関する情報を紹介します。

オーストラリア各州と大都市の天候に関する最新の情報については、オーストラリア気象局のウェブサイト www.bom.gov.au をご覧ください。

オーストラリアの気候

オーストラリアの気候

オーストラリア各州と大都市の天候に関する最新の情報については、オーストラリア気象局のウェブサイトwww.bom.gov.auをご覧ください。

 

オーストラリアの考え