キャンベラの地産地消型ショッピング・シーンのすばらしさを再認識

ビーバー・ギャラリー(Beaver Galleries)、キャンベラ(Canberra)、オーストラリア首都特別地域。 © Beaver Galleries, part of the Poacher's Way

キャンベラの地産地消型ショッピング・シーンのすばらしさを再認識

キャンベラでは大型のショッピングモールも国際的なブランドも、地元産の製品を売る店にはかないません。市内のマーケットやブティック、小型店舗はどこも付近から届いたばかりの地元産のハンドクラフト製品や食材、ワインを並べています。たくさんの人でにぎわうロンスデール・ストリート(Lonsdale Street)では地元でデザインされた絵画や宝石、生活用品、洋服を探したり、賞を受賞したこともある週末の人気マーケット、オールド・バス・デポ・マーケットではバラエティに富んだ商品が並んだ屋台を見てまわってください。とにかくキャンベラはどこへ行っても地元産の掘り出し物であふれています。

キャンベラの中心街にある大規模なハンドクラフトショップに並んだ興味深い絵画や工芸品などは一見の価値ありです。ここは地元の職人が作ったさまざまな品物が集まる場所で、年に4回開かれる手作りの作品をそろえたマーケットの会場でもあります。ドールハウスや人形、ぬいぐるみ、木のおもちゃ、操り人形など、子どもへのお土産にしたくなるかわいらしいものがたくさん。音の出るおもちゃや、オーストラリアらしいオブジェをあしらったおもちゃを選んでみましょう。たとえばコアラやカンガルーの形をしたもの。ユニークなところでは、砂漠に生息するイモムシ、ウィチティ・グラブをかたどったものまでさまざまです。

大人向けのギフト用品も実にさまざまな製品が売られています。年代物の宝飾品や昔風のデザインの靴、フランスの田舎のキッチンにありそうな陶製の白い水差しや壺などを探してみてはどうでしょう。熊の毛皮を模してつくった敷物、女の子っぽいデザインのゴムブーツ、デザイナーが作った肘掛け椅子、おもしろい形をした飾り物などが見つかるはずです。

続いて、近くにあるロンスデール・ストリートでもぜひ、買い物を楽しんでください。一風変わったものを扱うギフトショップやファッション・ブティックが並んでいます。おシャレなキャンドル、手作りのハンドバッグ、世界にひとつだけの宝飾品などを選んでみましょう。変わったデザインのカードを探したり、ちょっとしたメッセージを込めた花瓶を買ったり、キャンベラの最先端のデザイナーが作った洋服やアクセサリーを選んでみるのも楽しいものです。

また、キャンベラは魅力たっぷりのマーケットが数多く開かれる街でもあります。毎週土曜日には中心街から程近いブラッドン(Braddon)でゴーマン・ハウス・マーケット(Gorman House Markets)が開催されます。掘り出し物の骨董品や古本、ジュエリー、外国産の食品を探してみてください。マーケット内はレストランや美容室、普段はあまり使わない生活用品やおシャレなオーストラリアン・ファッションを売るコレクションのショップなどが渾然一体となっているのもユニークです。

キャンベラで人気のオールド・バス・デポ・マーケットには、一種独特のコミュニティ感覚があります。このマーケットは毎週日曜日にキングストン・フォアショア(Kingston Foreshore)沿いにある旧バス待合所で開かれます。出店は200軒以上にのぼり、生活用品から手作りの宝飾品、絵画、洋服、家具、おもちゃ、さらには地元産のワインまで、あらゆるものが手に入ります。食べ物の店も多く、ここでランチを食べるのが地元の人のお気に入りです。出来たての食べ物をほおばり、淹れたてのコーヒーを味わいながら、流しのミュージシャンの演奏に耳を傾けてください。

このほか、毎週土曜の朝に開催されるのが、キャピタル・リージョナル・ファーマーズ・マーケット(Capital Regional Farmers Market)です。ここでは果物や野菜、植物、花、シーフード、肉、チーズなどが売られています。さらに毎月第一日曜には、近くのホール(Hall)の町で大規模な工芸品のマーケットが開かれます。

キャンベラへ行ったら、ぜひ地元の人たちと同じように買い物をしてください。この街では地元産の食材やワイン、それに手作りのギフトなど、気に入った商品が手に入ります。

その他の観光情報