キャンベラ(Canberra)とその周辺

オーストラリアの首都キャンベラで、この国の文化、歴史、ライフスタイルを学んでください。オーストラリア民主制博物館(Museum of Australian Democracy)や国会議事堂(Parliament House)に行くと、オーストラリアの政治や民主政治の変遷が実感できます。また国立スポーツ科学研究所(National Institute of Sport and Science)ではオーストラリアのスポーツ界のヒーローたちの逸話や、クエスタコン(Questacon)では人工的な地震体験ができます。そして、記念碑やギャラリーをすべて見尽くしてしまったら、大自然の中に飛び出しましょう。この文化の香り高い首都は、湖や緑地が豊富で、周辺には自然が広がっています。並木の木陰にはおシャレなレストランや流行のバー、ブティックがあり、フェスティバルやイベントも絶え間なく開催されています。

キャンベラで楽しむ5つの体験

首都の魅力
首都の魅力

1. 首都の魅力:国家機関から最先端科学の展示まで

オーストラリア民主制博物館(Museum of Australian Democracy)でオーストラリアの過去の政治に関する認識を深めたり、国会議事堂(Parliament House)を訪ねて議員たちが討議する様子を傍聴してください。また、オーストラリア国立美術館(National Gallery of Australia)で芸術家の目を通してオーストラリアというものを眺めてみるのもいいでしょう。家族連れでハイテクアトラクションを楽しみたい方は、オーストラリア国立博物館(National Museum of Australia)や国立科学技術センター(National Science and Technology Centre)、通称クエスタコン(Questacon)へぜひ、行ってみてください。オーストラリア戦争記念館(Australian War Memorial)ではオーストラリアの軍事史を、またオーストラリア・スポーツ研究所(Australian Institute of Sport)ではナショナルカラーである緑とゴールドのユニフォームを着た選手たちの成功の秘訣を知ることができます。国立図書館(National Library)では、時間をかけて記録類や写真、物語などを調べ、国立記録局(National Archives)ではオーストラリアで初めて制定された憲法を読むこともできます。

素晴らしいフェスティバル
素晴らしいフェスティバル

2. 素晴らしいフェスティバル:気球から改造車まで

まず1月に行われるサマーナッツ(Summernats)カー・ショウに行って、猛スピードで発進する車のゴムが焼ける匂いから、1年を始めましょう。 また2日間ノンストップで開催されるオーストラリア・デー(建国記念日)のお祝いも楽しみです。国会議事堂ではクリケットの試合が行われ、音楽の生演奏が楽しめます。 アンザック・デーにオーストラリア戦争記念館に行くと、列席した首相や閣僚といっしょに夕方の行事に参加することができます。 秋にはキャンベラ・バルーン・フェスティバルが開催され、キャンベラ(Canberra)の空は色とりどりの熱気球に埋め尽くされます。 また、「ライトアップ:夜のキャンベラを楽しもう(Enlighten: See Canberra in a whole new light)」という3日間のイベント、およびキャンベラ・フェスティバルが開催されると、キャンベラ(Canberra)は再び華やいだ雰囲気に満たされます。 さらに冬にはキャンベラ(Canberra)のカントリーサイドでファイヤーサイド・フェスティバルが開かれます。燃え盛る火のかたわらで心を温め、同時にお腹も満たしましょう。 そして春が来ると、春の祭典フロリアードが開催され、キャンベラ(Canberra)の公園という公園は花の色と香りに誘われた人々でにぎわいます。

4.1.20.3_highlight
豊富なスポーツ

3.豊富なスポーツ:見るもよし、プレーするもよし

ストロムロ山(Mount Stromlo)かオーストラリア・アルプスのブリンダベラ自然公園(Brindabella National Park)にある世界的なマウンテン・バイク・コースに挑戦してみてください。また近くのナマジ国立公園(Namadgi National Park)は、ロック・クライミングやハイキング、ホース・トレッキングに最適。市内のキャンベラ自然公園(Canberra Nature Park)に広がるブッシュも同様です。オーストラリア・スポーツ協会(Australian Institute of Sport)では、有名アスリートに会ったり、屋内練習場でボートを漕いだり、車椅子のバスケットボールやサッカーを体験して、腕試しをすることもできます。キャンベラ競技場(Canberra Stadium)ではラグビーリーグとラグビーユニオンの試合を、歴史あるマヌカ・オーバル(Manuka Oval)では、クリケットやオーストラリアン・フットボールの試合を観戦しましょう。レース好きの方には、ラリー・オブ・キャンベラ(Rally of Canberra)やサマーナッツ・カー・フェスティバル(Summernats Car Festival)がお薦めです。レースだけでなく、改造大型車の展示を楽しむこともできます。

豊かな国立公園
豊かな国立公園

4. ナマジ:豊かな国立公園

イェラビ・ウォーキング・トラック(Yerrabi Walking Track)を歩いて、荒々しいビンベリ(Bimberi)原生地の絶景を楽しむこともできます。ここは、オーストラリア・アルプス(Australian Alps)で最も手つかずの生態系が残されている場所です。ここはオーストラリア・アルプスで最も手つかずの生態系が残されている場所です。またスクエア・ロック(Square Rock)のウォーキング・トラックを歩いて、スノー・ガムやアルパイン・アッシュの森を探検するのもいいでしょう。さらに4WDに乗りこんでコリー山(Mt Coree)の頂上までドライブをしたり、マスが数多く生息する小川で釣りをしたり、冬のゲレンデでクロスカントリー・スキーを楽しむこともできます。カンガルー、ワラビー、ノーザン・コロボリー・フロッグを探したり、ユーカリの一種スノー・ガムの森や湿地帯、ワイルドフラワーが咲き乱れる平原を探検するのもはずせません。他にもヌグナワル族の人々が何千年も前に残した住居跡、儀式用の石の配置、壁画跡を見ることもできます。その後は、田園詩人や金を求めてやってきた山師たちが通った道をたどってハニーザックル・クリーク(Honeysuckle Creek)のアポロ宇宙追跡ステーションへ行き、往時をしのんでください。

料理とワイン
料理とワイン

5. 料理とワイン:ポーチャーズ・ウェイ沿道

キャンベラ郊外ののどかな田園地帯を走るポーチャーズ・ウェイ(Poachers Way)の沿道には、140ものブドウ園と33軒のワイナリーがあります。ブドウ園では長靴を履いて畑を歩くツアーに参加してみましょう。この地方の多種多様なワインを育んでいる環境がよくわかります。ブドウの種類はサンジョヴェーゼ、リースリング、シャルドネ、ピノ・ノワール、シラーなどさまざまです。農家に立ち寄って、チーズ、オイル、チャツネ、ジャム、燻製肉、自家製ワインなどを手に入れるのもいいでしょう。またワイナリーで前の年につくられたビンテージワインを片手に、かまど焼きのピザを食べることもできます。地元のスタジオやギャラリーにも立ち寄って、手造りのアート作品やガラス工芸、陶器などを見学するのもお薦めです。一日の終わりには、こじんまりとしたB&Bや古い農家、豪華な田園風のリゾートでゆっくりくつろぎましょう。

キャンベラ早わかり

キャンベラ早わかり

位置:
オーストラリア首都特別地域(ACT)の北端

旅のベストシーズン :
キャンベラは年間を通じて旅行に適した都市ですが、特に美しいのは春と秋です。

 

その他の観光情報

キャンベラ関する詳細

詳細については、キャンベラ観光局の公式ウェブサイトをご覧ください。(英語)