オーストラリア最北端(Top End)の味

ミンディル・ビーチ・サンセット・マーケット(Mindil Beach Sunset Markets)、ダーウィン(Darwin)、ノーザン・テリトリー。 © Tourism NT

オーストラリア最北端(Top End)の味

5月~10月まで、ダーウィン(Darwin)のミンディル・ビーチ・サンセット・マーケット(Mindil Beach Sunset Market)のトロピカルな雰囲気の中で、アジア料理を堪能する。
夕日を浴びながらヤシの木が揺れる中、辺りには香ばしいサテやスパイスの利いたヌードルの匂いが漂います。 

いえ、これはタイ料理ではありません。オーストラリア最北端(Top End)の料理です。  ダーウィン(Darwin)のミンディル・ビーチ・サンセット・マーケット(Mindil Beach Sunset Market)へようこそ!ここでは、心地よいトロピカルな雰囲気の中、さまざまなアジア太平洋のシーフードが楽しめます。 

5月~10月までの乾季に毎週火曜日開かれるこの活気あふれるマーケットは、地元の人々と同様、旅行者にも人気です。  夕暮れとともにテーブルやいす、ラグ、グログ(酒)を持参した子連れの家族たちが現れ、ビーチに腰をおろして、夕日が沈んで星が現れるのを眺めます。 

ダーウィン(Darwin)には50か国以上の人々が住んでおり、その豊かな地域融合は、ミンディル・ビーチ・マーケット(Mindil Beach Market)の多様な料理にも反映されています。  ダーウィン(Darwin)はCanberra(キャンベラ)よりもインドネシアに近いため、インドネシアの食べ物もたくさんあります。  ピーナッツ・ソース・サテ、ガドガド、チャーハン、ヌードルなど、おいしい伝統料理を味わってみましょう。 

もうひとつのマーケット名物となっている、タイ料理もお勧めです。  スパイスのきいた夕食なら、ヒリヒリするほど辛いトムヤンクン・スープやグリーン・チキン・カレーが一番です。  繊細で香り豊かなベトナム風春巻きを食べると、ダーウィン(Darwin)の大きなベトナム人コミュニティの影響を垣間見ることでしょう。  多文化料理の中でも、日本やラオス、フィリピン、インド、カンボジアの独特な料理を楽しみましょう。串焼き、ハンバーガー、フィッシュ・アンド・チップスなどもあるので、味に保守的な人も満足できます。  ケーキや手芸の売店とフルーツサラダ・バーもあり、時にはバンドやストリート・シアター系のエンターテイメントも見られます。

その他の観光情報