メルボルン

フェデレーション・スクエアの素晴らしい眺め、ヤラ川 とサウスバンク、メルボルン、ビクトリア州

秘密の裏通りや屋上、文化の中心フェデレーション・スクエア、活気あるバー、ブティック、飲食店、有名なMCGなど、メルボルンはさまざまな見所があります。 セント・キルダ、王立植物園、自由な雰囲気のブランズウィック・ストリート、国中が熱狂するスプリング・レーシング・カーニバル。 オーストラリア・グランプリのような世界クラスのイベントもあります。  モーニントン半島とフェアリー・ペンギンが見られるフィリップ島への日帰りツアーもお勧めです。

メルボルンは、迷路のような路地に高級なバーやレストラン、ブティックが隠れています。ここでは、文化を肌で感じ、多種多様な食事やワインを楽しみ、明け方まで踊り続け、のんびりと公園や木々の生い茂った道を散策してみましょう。観光ならメルボルンのランドマークの文化施設フェデレーション・スクエア(Federation Square)へ。セント・キルダ(St Kilda)の街路樹の並木道ではトワイライトタイムのビールが似合います。若者文化が香るファンキーなブランズウィック・ストリート(Brunswick Street)や、高級ブティックが並ぶチャペル・ストリート(Chapel Street)では心ゆくまでショッピングを。おしゃれなカフェ、ビストロ、バーが集まるのはサウスバンク(Southbank)、また、カールトン(Carlton)、リッチモンド(Richmond)、 フィッツロイ( Fitzroy)といったエリアではアジアからヨーロッパまで世界各国のグルメを漫遊することができます。

メルボルンはカルチャー派やスポーツ・ファン、ファッション・マニア、食通たちのおかげで、ゆっくり寝ているのがもったいないほど刺激的な街。大通りから離れてひっそりとたたずむ路地裏はメルボルンの名物。細い裏道でカフェやバー、ブティックを探してみてください。そして、サウス・バンク(Southbank)の川沿いの雰囲気や、おしゃれなカフェ、クリエイティブな人々の集るフェデレーション・スクエア(Federation Square)などへ行ってみてください。ヤラ川(Yarra River)をクルーズしたり、王立植物園(Royal Botanic Gardens)の芝生や湖のあいだを散歩することもできます。市内には高級品の町サウス・ヤラ(South Yarra)やビーチサイドの町セント・キルダ(St Kilda)、流行の先端を行く町フィッツロイ(Fitzroy)など、さまざまな雰囲気をもった地区がたくさんあり、それぞれの雰囲気を存分に楽しんでください。その後、モーニントン半島(Mornington Peninsula)まで日帰りで、ビーチやワイナリー、ギャラリー、ゴルフコースをめぐりましょう。

どこで何が売られているのか、その全体像がつかめそうもない。それが碁盤の目の形に通ったメルボルンの表通りを離れて、その背後に迷路のように続く裏通りを入った時の印象です。地元の人でさえこんな店があったのかと驚くことがあるほど。ひっそりとした小道には食事をしたり、流行りの服を買ったり、アートを楽しんだりできる場所が、隠れるようにたたずんでいます。夜遅くまで営業しているジャズ・バーを探したり、オープンエアの小さなイタリアンレストランから道行く人を眺めたり、ブティックや壁面に落書きされた絵を見て回りましょう。いかにもメルボルンらしい佇まいのこれらの通りには、誰も知らないこの町の秘密がたくさん詰まっています。

都市空間を独創的な方法で活用することにかけて、メルボルンの右に出る都市はありません。毎年夏になると、バー、映画館、レストランなど、あらゆる店が屋上で営業するようになります。街並みを上空から眺め、心地よい音楽に耳を傾けながらお酒を飲んだり、バルコニーに開かれるバーでくつろいだり、満天の星を眺めながら映画を観賞したり。メルボルンの建物の屋上は最新の技術と古き良き時代の伝統を組み合わせて作られた最高の舞台です。開かれる店やイベントの数は毎年、増えていて、夏の昼下がりや夜をのんびりと過ごすのにうってつけです。秘密のスペースとして使われるようになる場所も多く、季節を問わず街並みを眺められます。

メルボルンのソーホー・ストリップ(Soho Strip)でアート、ファッション、料理を楽しむ。
各地から人々が集まり、ショッピング、飲食、出会い、ダンスなどで活気溢れるメルボルンの通り、ブランズウィック・ストリート(Brunswick Street)に、「退屈」という言葉は似合いません。ここフィッツロイ(Fitzroy)は自由奔放なエリアとなっており、ビジネスマンの隣でライダーがラテを飲む姿や、高級ブティックの隣にある古着屋などの光景が目に飛び込んできます。  フェティッシュな洋服のショッピングや、周辺のアート・ギャラリーをぶらぶらと、また、古風なパブや流行のワイン・バーでライブ・ミュージックを楽しむのも良いでしょう。詳細はこちらから

メルボルンのフェデレーション・スクエアは、人々が集う場所です。 見どころ、博物館、美術館、レストラン、カフェ、バーが多数集まっている創造性に富んだ広場で、ユニークな文化の中心地として親しまれています。

メルボルンの中心部からわずか6kmのところにあるセント・キルダは、海辺のリゾート地です。 セント・キルダは、ポート・メルボルン(Port Melbourne)やサウス・メルボルン(South Melbourne)の近郊の町が属しているポート・フィリップ市(City of Port Phillip)にあります。

オーストラリアで最も有名な競馬レース、メルボルン・カップの日は、オーストラリア中の人が仕事の手を休めて観戦を楽しみます。でも、メルボルンっ子なら、それだけではなく春の競馬シーズン恒例のイベントに行かずにじっとしていることはありません。地元の人たちを興奮の渦に巻き込む競馬の祭典は9月に始まり、11月中旬まで途切れることなく続きます。中心となるのは、ダービー、メルボルン・カップ、オークスなど大きなレースの会場となるフレミントン・レースコース(Flemington Racecourse)。

メルボルンに行くなら、3月にアルバート・パーク(Albert Park)で4日にわたって開催されるオーストラリアン・グランプリは見逃せません。世界に名だたるF-1レーシングカーがうなり声をあげて市内を走り回る音が聞こえるでしょう。専用コースに行って、世界最速のドライバーたちが最高時速300キロもの速さで、唸り声をあげながら通り過ぎるのを眺めてください。オーストラリアのV8スーパーカー同士の壮絶なレースを見たり、フェラーリやポルシェ、ロータスといった豪華な車種がタイヤを焦がしながら疾走する様子を見学することもできます。レース以外にも、バーめぐりをしたり、音楽イベントやレース後に開かれるロック・コンサートで夢中になって踊ったりと、楽しみは尽きません。3月のメルボルンには、他にも楽しいイベントがたくさんあります。市内で催されるカーレースからファッションショー、レストラン、咲き誇る花壇まで、この時期、無いものはありません。

テニス界の大物たちと一緒にコートサイドに座って、オーストラリアの1月を楽しんでください。新年の幕開けはパースのホップマン・カップ(Hopman Cup)から。各国を代表する8組の男女のペアがプレーします。陽光まぶしいブリスベンや歴史あるホバートでは、国際的プレーヤーがオーストラリアン・オープン( Australian Open)の前哨戦を戦います。シドニーのオリンピック・パークで開かれるメディバンク・インターナショナル(Apia International)ですばらしい試合を観戦するのもいいでしょう。メルボルンで行われるオーストラリアン・オープンでは、男子・女子ともに世界最高のシングル、ダブルスの選手が戦います。開催期間は1月末、その年に行われる最初のグランド・スラムです。コートを離れても、オーストラリアの都市にはたくさんの楽しみがあり、夏らしいライフスタイルも魅力です。

オーストラリアで信仰的とされるものは、宗教ではなくメルボルンで開催されるオーストラリアン・ルールズと呼ばれるフットボール(AFL)かもしれません。これはまさにスポーツの原点が垣間見えるゲームで、そこで活躍する選手はみな地元のヒーローとして扱われ、それぞれのチームには熱狂的なファンが存在します。もちろん、ラグビー・ボールと同じ楕円形のボールを使って行われるこの勇敢で激しいスポーツでわき返るのは、メルボルンだけではありません。  AFLはオーストラリアで一番人気のあるスポーツのリーグで、熱烈なファンのいるチームがシドニーやアデレード、パース、ブリスベンにもあります。

モーニントン半島の魅力は何といっても心地いい海風。点在する海辺の村々やワイナリー、ビーチ、国立公園、ギャラリー、ゴルフコース、スパ、レストランの間を吹き抜けていきます。ロマンと安らぎ、贅沢、そして冒険が楽しめ、一週間をまるまる使って、あるいは週末をかけて遊びに来たがるメルボルンっ子たちの気持ちがよくわかります。

現代という騒がしい時代にヤラ・バレー(Yarra Valley)を旅すると、不思議なことに時がたつのを忘れてしまいます。一帯にはブドウ園や美しい村々、霧に覆われた背の高い森があり、メルボルンから1時間足らずのドライブで行くことができます。ヤラ・グレン(Yarra Glen)でワインを試飲し、ダンデノン丘陵(Dandenong Ranges)でデボンシャー・ティーを味わってください。ワイナリーに併設のレストランでゆっくりと時間をかけてランチを楽しんだり、滝のほとりでピクニックをして、地元の名物を味わうのもいいでしょう。

オーストラリア大陸の南東部一帯を旅行して、メルボルンやホバート、アデレードのビーチ、ワイナリー、世界遺産の原生地をとことん楽しみましょう。メルボルンからは、フィリップ島(Phillip Island)で大自然の中で暮らす野生動物と出会ったり、ヤラ・バレー(Yarra Valley)ではワイナリーを訪ねたり、モーニントン半島(Mornington Peninsula)でゴルフコースをまわり、料理やワインを楽しんだりすることができます。タスマニア州都ホバートからは、秘境ともいうべき国立公園すべてを見てまわることもできます。

地図を使って必見スポットやアクティビティを見つけよう

States
States

その他の観光情報