パース

パース(Perth)、西オーストラリア州。 © Tourism Western Australia

コテスロー・ビーチでの夕暮れ時の一杯、スワン川クルーズ、街の片隅でのライブ・ミュージックなど、パースはくつろぎの時間が楽しめる場所です。 キングス・パークを散策し、歴史ある町フリーマントルを探訪。  ひっそりとしたロットネスト島で水泳、自転車、ロック・ロブスター獲り。  ピナクルズ、モンキー・マイア、州の南西部のビーチや金鉱にも足を延ばしてみましょう。

パースはオーストラリアで唯一インド洋(Indian Ocean)に面した州都です。 流行のワインバー、太陽が降り注ぐビーチ、緑豊かな公園ときらびやかな高層ビル、素朴さが残る近隣の町、美しいコロニアル様式の建物など、パースの数々の見どころを訪れてみましょう。 過去への情熱と未来のためのエネルギーを持ち日々進化するこの街に魅了されるに違いありません。

パース(Perth)から30分ほど行くと、世界でもトップクラスのスワン・バレー(Swan Valley)のワイナリーでの散策や、公園、摩天楼を眺めながらのスワン・リバー(Swan River)下りが楽しめます。また、ビーチの夕焼けも感動的です。 ロットネスト島(Rottnest Island)へはフェリーに乗って。自動車乗り入れ禁止のこの島にはビーチが63ヶ所、入江が20ヶ所あります。歴史に触れ、ビーチまで自転車を走らせ、人里離れた入江へとカヤックでこぎ入れましょう。 フリーマントル(Fremantle)ではディナーを堪能してみてください。19世紀の港の面影を残す活気あふれるカフェの雰囲気も満喫できます。 もちろんフリーマントル(Fremantle)の港と流刑囚の興味深い歴史に触れてみるのもお忘れなく。 ガーデニング派はキングス・パーク(Kings Park)を散策すれば、素晴らしい眺望や美しく造園された庭園とアボリジニの遺跡にきっと感動します。 パース(Perth)のサンシャイン・コースト(Sunshine Coast)には、コテスロー(Cottlesloe)やスカボロー(Scarborough)など、美しいビーチが19ヶ所あります。スイミング、サーフィン、釣り、ウィンドサーフィン、セーリングがおすすめです。 詳細はこちら

パースは陽光が燦々と降り注ぎ、美しい自然とくつろぎの時間が楽しめる場所。ここで休暇を過ごして、美しい景色をたくさん思い出に残しましょう。キラキラと青く光るスワン・リバー(Swan River)をセイリングしたり、キングス・パーク(Kings Park)から街並みや川の流れを見下ろしてみてください。コテスロー・ビーチ(Cottesloe Beach)では海水浴やサーフィンが楽しめます。もちろん砂浜にたたずみ、ただ夕日を眺めるだけでもすばらしい体験です。その後は、ノースブリッジ(Northbridge)のお手頃プライスのレストランや、おしゃれなバーでくつろいでください。インド洋で採れたシーフードを味わったり、フリーマントル(Fremantle)にある国内で最も保存された19世紀の町並みを散策するのもいいでしょう。ロットネスト島(Rottnest Island)観光には、ぜひ、丸1日使いましょう。島内は自転車やボート、あるいは徒歩でまわれます。純白のビーチで海水浴やサーフィンを楽しんだり、熱帯魚やサンゴを横目にシュノーケリングをしたり、さまざまな海洋生物を間近に観察したりしてください。詳細はこちら

パースののどかな川や広々としたビーチの向こうにはにぎやかな市街が広がり、ショッピングやナイトライフ、食事を楽しむことができます。華やかで時代の最先端を行く街の雰囲気を楽しみながら、オックスフォード・ストリート(Oxford Street)沿いのリーダービル(Leederville)にあるおシャレなブティックを見て回ったり、マウント・ローリー(Mount Lawley)で音楽の生演奏を聞いたりしてください。ノースブリッジ(Northbridge)で最新流行のバーやレストラン探索を楽しみ、をサビスコ(Subiaco)の並木道の沿道で観劇を楽しむこともできます。そうした都会的なスポットはスワン・リバー(Swan River)の北岸に集まっていて、地元の人たちと触れ合ったり、パースの街の活気を味わったりするには格好の場所です。 詳細はこちら

コテスロー・ビーチは西オーストラリア州のシティービーチの中でも最も人気の高い場所の1つです。 パースのビジネス地区と、パースの西の郊外にあるフリーマントル(Fremantle)の港の中間に位置し、市街地からもわずか15分の場所にあります。 コテスローはのんびり過ごせる場所として知られており、100年以上もの間、パースの地元の人から人気の高い海辺のリゾート地です。 この街の雰囲気と豊かな海洋の歴史が、金色の砂浜以外の場所も訪れてみたい気分にさせてくれます。 シーフードを食べながら、インド洋に沈む夕日を眺めるのにも最高の場所です。

フリーマントルの古い港町では、食事は晴れやかな楽しみです。この街では史跡にも指定された大道芸人のいる賑やかな通りで食事をしたり、アート作品の立ち並ぶ小道を歩きながらものを食べたりすることができます。ここでの食事は、開拓時代のパブの中からもれてくる音楽や港から吹いてくるそよ風を感じさせてくれます。 詳細はこちら

西オーストラリア州コーラル・コースト沿いの壮大なドライブ旅行で、白いビーチやサンゴ礁、海の香りのする漁村、大自然の美しい国立公園を楽しみましょう。まず北に向かい、ジェラルトン( Geraldton)に行って新鮮なイセエビを味わい、カーナヴォン( Carnarvon)に行ってみずみずしいトロピカル・フルーツを味わいます。ニンガルー・リーフ( Ningaloo Reef)では巨大なジンベエザメと一緒に泳いだり、近くのケープ・レンジ国立公園( Cape Range National Park)の渓谷の中を 4WDでドライブしてみてください。再び海沿いを南下し、モンキー・マイア( Monkey Mia)でイルカやクジラ、オニイトマキエイ(マンタ)、ウミガメ、サメ、ジュゴンなどと出会ったり、広大なシャーク・ベイ世界遺産地域( Shark Bay World Heritage Area)で釣りを楽しんでみてはいかがでしょう。ケープ・レンジ( Cape Range)からカルバリ国立公園( Kalbarri National Park)の深い渓谷のあいだでは、季節のワイルドフラワーが咲き誇る様子を眺めることもできます。 詳細はこちら

スワン・バレー(Swan Valley)で過ごす夏は、まさに非の打ちどころのない生活。ドライブやスワン・リバーをさかのぼる豪華クルーズを楽しんで、家族経営のワイナリーや地ビールの醸造所を訪ねてください。ワイナリーの中のレストランでは青空の下で料理を楽しんだり、公園でピクニックをしてくつろぐこともできます。かわいらしい開拓時代の村ギルドフォード(Guildford)を探索したり、アートやアンティークを見てまわったり、史跡に指定された 宿泊施設に泊って19世紀の雰囲気を味わったり。周辺には野生動物のサンクチュアリや広々としたカントリーサイド、ウォーキングや乗馬、サイクリングの楽しめる国立公園もあります。 詳細はこちら

パースからフェリーですぐのところにあるロットネスト島では、都会の喧騒を離れて静かな環境を楽しむことができます。 この島は、約7,000年前に海面が上昇した際、西オーストラリア大陸から切り離されました。 ロットネスト島に人類が生息していたことを示す最も古い記録は6,500年以上前、アボリジニのヌガー(Nyungah)族が暮らしていた時代のものです。 地元のアボリジニの人々がワジャマップ(Wadjemup)と呼ぶこの島は、アボリジニ・コミュニティにとっての精神のよりどころとして大変重要な役割を果たしています。

オーストラリア最西端の州都パースからアクティビティたっぷりの冒険心あふれた旅に出ましょう。この旅では、マーガレット・リバー(Margaret River)やニンガルー・リーフ(Ningaloo Reef)、ブルーム(Broome)、さらにはダーウィンやシドニーにまで行くことができます。まず、パースから南に向かえばマーガレット・リバーのワイナリー、インド洋の海とビーチ、森林、鍾乳洞などが待っています。途中、ダイビングで沈没船に潜ったり、ホエール・ウォッチングを楽しむこともできます。逆にパースから北へ向かうと、世界最大の環礁のひとつ、ニンガルー・リーフ(Ningaloo Reef)やブルームに行くことができます。インド洋に面したブルームでは夕暮れ時にラクダに乗ってケーブル・ビーチ(Cable Beach)の砂浜を歩くのがお薦め。そこから空路でダーウィンに向かえば、世界遺産カカドゥ国立公園(Kakadu National Park)はすぐそこです。ここが湿地帯や野生動物、古代のアボリジニの人たちが残したロック・アートなど、大自然と大地で暮らす人たちとの歴史が織りなす壮大なドラマの舞台だということを体感するでしょう。そして、パースに戻り、インディアン・パシフィック号でシドニーまで。ドラ、亜チックなオーストラリア大陸横断の旅を満喫するのもいいでしょう。 詳細はこちら

地図を使って必見スポットやアクティビティを見つけよう

States
States

その他の観光情報