オーストラリアの地方都市

ヨーク・ホテル(York Hotel)、カルグーリー(Kalgoorlie)、南オーストラリア州。 © Tourism Western Australia

オーストラリアの地方都市

オーストラリアの地方都市を紹介しましょう。どこも美しい大自然に恵まれ、オーストラリアの代表的な観光地を探索するための拠点になっています。

ケアンズは2つの世界遺産、デインツリー・レインフォレスト(Daintree Rainforest)とグレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)への入口にあたる都市です。そのさらに南には製糖の町として知られるバンダバーグ(Bundaberg)があります。ここはグレート・バリア・リーフの南端にあたり、シュノーケリングなどのアトラクションが楽しめるほか、モン・レポ(Mon Repos)のビーチでウミガメの営巣や産卵を観察することもできます。もちろん、開放感あるエネルギーに満ちあふれたゴールド・コースト(Gold Coast)もお薦めです。白いビーチと世界遺産の雨林があり、おいしい食事が楽しめる場所やテーマ・パーク、ショッピングスポットなど魅力的な場所が多数集まっています。

アリス・スプリングス(Alice Springs)ではアボリジニ・アートの魅力を心ゆくまで味わってください。周辺ではトレッキングで西マクドネル山脈(West MacDonnell Ranges)を踏破したり、レッド・センターの中心にあるウルル(Uluru)までの日帰り旅行を楽しむことができます。ブルーム(Broome)では美しいケーブル・ビーチ(Cable Beach)の砂の上をラクダの背に揺られて歩いてみてください。はるかキンバリー地方(Kimberley)の北西の端にある真珠の町です。また、西オーストラリア州南岸の町アルバニー(Albany)では釣りやダイビングをしたり、国立公園でハイキングを楽しんだり、雄大で荒々しい海岸から沖にやってくるクジラを眺めたりすることができます。

シドニーから西へ向かって車で4時間、旧火山のふもとにあるオレンジ(Orange)で、ゆったりと腰を落ち着け、地元のライフスタイルを楽しみましょう。冷涼性気候のワインを醸造するワイナリーや評判のレストランを訪れてみてください。4月開催のオレンジ・フード・ウィーク(Orange F.O.O.D Week)や10月開催のオレンジ・ワインフェスト(Orange Winefest)では、一帯のおいしい料理やワインが楽しめます。オレンジ植物園(Orange Botanical Gardens)を散策したり、シティー・ヘリテージ・トレイル(City Heritage Trail)をウォーキングしたり、大昔には火山だったキャノボラス山(Mt Canobolas)から市街を眺めるのもいいでしょう。

アリス・スプリングスは、マクドネル山脈(MacDonnell Ranges)と広大な砂漠に囲まれたオーストラリアのレッド・センター(Red Centre)と呼ばれる内陸部に位置しています。スピネフィックスの木が生える平原をシンプソン・ギャップ(Simpsons Gap)へ向けて熱気球や、バイクで疾走。あるいは4WDバイクでのサファリツアーや、マクドネル・レンジ(MacDonnell Ranges)での観光フライトはいかがでしょうか。ここはまた、先住民アボリジニのアランダ(Arrernte)族が2万年もの間、生活してきた場所。町のメインストリート、トッド・モール(Todd Mall)には現代的なアボリジニ・アートを並べたギャラリーがあります。

ブリスベンから北へ車で約4時間のところにあるバンダバーグ(Bundaberg)の周辺には、希少種のウミガメのコロニーをはじめとした、多種多様な大自然の見どころがあります。この製糖産業の拠点として長い歴史を持つ町は、グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)探索の拠点の中で最も南寄りにある町でもあります。グレート・バリア・リーフは巨大なサンゴ環礁に守られていて、その中には総延長140キロにおよぶ白砂のビーチがあります。レディー・マスグレイブ島(Lady Musgrave Island)やレディー・エリオット島(Lady Elliot Islands)ではダイビングやシュノーケリングを楽しんだり、海辺に広がる国立公園で海水浴や釣りを楽しんだりすることができます。

スタイリッシュな国際都市ケアンズからは、グレート・バリア・リーフの島々、熱帯雨林、トロピカルなクイーンズランド州北部に広がるサンゴ礁などはもう、目の前です。まずは、サンゴ礁の島々やカラフルな海洋生物の宝庫、魅惑の世界遺産グレート・バリア・リーフでシュノーケリングやダイビング、日帰りツアーへ。ケアンズ市内では、海沿いのエスプラネード通り(Esplanade)をレストラン、ショップ、バーめぐりで精力的に歩きまわってみてください。近くの川ではラフティングを体験しましょう。シーニック・レイルウェイ(観光鉄道)に乗って、が飛び交う静かな村キュランダ(Kuranda)を訪れるのもいいでしょう。

ブロードビーチ(Broadbeach)で大きな波にチャレンジ、メイン・ビーチ(Main Beach)沖では沈船のまわりをシュノーケリング。そして、サーファーズ・パラダイス(Surfer’s Paradise)では高層ビル群を眺めながら輝く黄金色の砂の上をウォーキングしましょう。ドリームワールド(Dreamworld)のバーチャル・リアリティ・ライドでスリルを味わい、シーワールド(Sea World)ではイルカと泳ぎ、ワーナー・ブラザースのムービーワールド(Warner Bros Movie World)では映画製作の様子を見学するのもこのパラダイスならでは。

タスマニア州の小さな美しい町、ロンセストン(Launceston)、デボンポート(Devonport)、バーニー(Burnie)は、とても楽しい街です。レストランやギャラリー、公園や歴史を感じさせる街並みを見て回り、フレンドリーな地元の人たちと出会い、周辺の観光地をめぐってみてください。タスマニア島の北部にあるロンセストンは文化の香り高い町。市内には荒々しい自然が魅力のカタラクト渓谷(Cataract Gorge)もあります。また手つかずの自然が残る島の北西部の海岸沿いには、小さな港町デボンポートと気持ちのいい海辺の町バーニーがあります。

ビクトリア州のかつてゴールドラッシュに沸いた町で、黄金時代にさかのぼり、当時の文化やコロニアル様式の建築を見て回ります。すでに金は掘りつくされていますが、このエレガントで歴史的なエリアの中心の町ベンディゴ(Bendigo)には、古き良き時代の時間が今も流れています。  豪華で荘厳な中国人の遺産建築、博物館でもあるこの建物は、1850~60年代にかけてこの地に変化をもたらしたゴールド・ラッシュの歴史を物語っています。

アルバニー、西オーストラリア州アルバニー(Albany)は大自然が息づく西オーストラリア州南岸の街。パースから約4時間半のドライブで行くことができ、日常の煩わしさから逃れるのにぴったりの場所です。周囲には紺碧に光る海と背の高い木々におおわれた森や国立公園が広がり、釣りやダイビング、ウォーキング、ホエールウォッチングなど、大自然の中の冒険を目いっぱい楽しむことができます。さらに、街中には先住民アボリジニや後の囚人たち、船乗りや捕鯨船員たちの歴史が息づいています。沿道に美しいワイルドフラワーがじゅうたんのように広がるビバルマン・トラック(Bibbulmun Track)を歩くと、その南端にアルバニーの町があります。

エキゾチックな真珠産業の町であり、また、オーストラリア最後の秘境、キンバリー(Kimberley)へのゲートウェイでもあるブルーム(Broome)では、愛らしいラクダたちや個性豊かな人々に出会えます。かつては娯楽場、アヘン窟などが並んでいたチャイナタウン(Chinatown)は今では観光のメインスポット。美しい真珠をショッピングしたり、多国籍な雰囲気を楽しみましょう。インド洋に感動的な夕日が沈むケーブル・ビーチ(Cable Beach)は、ラクダの背にゆられるキャメル・ライドが有名。また、近くのローバック・ベイ(Roebuck Bay)には珍しい恐竜の足跡の化石が現存。ここはまた、バード・ウォッチングにも最適です。

西オーストラリアのワイルドな西部の中心で金鉱地やゴースト・タウン、歴史、アドベンチャーを体験する。 オールド・ウエスタンが好きなら、オーストラリア最大の金鉱都市であるカルグーリー(Kalgoorlie)に来てよかったと思うでしょう。  歴史的建物とカラフルなパブ、また売春宿でさえ、100年以上も昔のゴールド・ラッシュの歴史を今日に伝えています。 

広大な湖、太古の山々、貴重なピンク・ダイヤモンド、巨大なステーションなどがある世界でアドベンチャー体験を満喫する。都会から遠く離れたワイルドなカナナラには、内気な旅行者でさえアドベンチャー精神が掻き立てられるなにかがあります。青い空、燃えるような赤い土壌そしてゴツゴツしたブッシュの風景、あるいはこの町がイースト・キンバリーや西オーストラリア州を代表する自然のアトラクションへの入り口であるという事実が気分を高揚させるのかもしれません。

地図を使って必見スポットやアクティビティを見つけよう

States
States

その他の観光情報