シドニー

シドニー・ハーバー(Sydney Harbour)、シドニー(Sydney)、ニュー・サウス・ウェールズ州。 © Destination NSW

シドニーの 魅力を発見しましょう。シドニーはオーストラリアの有名な港湾都市で、ニュー・サウス・ウェールズ州の州都です。 

ここに掲載した3日間の旅程案を使って、シドニーで過ごす休暇を計画してみましょう。シドニー湾周辺の見どころやビーチ、市内の観光地を盛り込んであります。世界遺産のブルー・マウンテンズをくまなく歩き、シックス・フット・トラックのブッシュウォーキングにも挑戦しましょう。
 
さらにニュー・サウス・ウェールズ州のその他のおすすめスポットや、シドニーから行く景色を楽しむ旅もご紹介します。パシフィック・コースト・ツーリング・ルートを北上してハンター・バレーやポート・スティーブンス、奔放な美しさのあるバイロン湾を走り抜け、ブリスベンまでドライブしてみてください。ジャービス・ベイの白砂のビーチ経由で南下して、メルボルンに行くこともできます。 

オーストラリアの他の都市に関する情報も掲載してありますので、残りの日をオーストラリアで過ごすためのアイデアを手に入れてください。シドニーから3週間の旅に出れば、メルボルンやグレート・オーシャン・ロード、レッド・センターなどをすべて一度に楽しめます。

シドニーの観光情報をさらに詳しく知りたい方は、ハンター・バレーやシドニーのすばらしいビーチ、ボンダイからブロンテまでの崖沿いを行く海辺の道、年に1度開催されるシドニー・トゥー・ホバート・ヨット・レースのページをご覧ください。 

ボンダイ・ビーチでサーフィンのレッスンを受けたり、クージー(Coogee)の穏やかな海で泳いでみましょう。  静かで落ち着いたロックスの石畳の小道をゆっくり歩き、パディントンではマーケット、ブティック、カフェやパブを楽しみましょう。  世界に名高い港や70を越える輝くビーチ加え、シドニーでは素晴らしい食べ物やフェスティバルを体験出来があふれ、毎日が楽しみの連続です。

ハーバーやビーチと大都市のにぎわいをあわせ持つ活気にあふれた街、シドニーを探索しましょう。ハーバー・ブリッジ(Harbour Bridge)の上から日の出を眺め、オペラ・ハウス(Opera House)から夕日を見つめてください。ウルムルー(Woolloomooloo)のフィンガー・ワーフ(Finger Wharf)で食事をしたり、再開発の行われたウォルシュ・ベイ(Walsh Bay)で演劇やダンスを見るのもいいでしょう。フェリーに乗ってマンリー(Manly)に行ったり、ボンダイ(Bondi)からブロンテ(Bronte)まで景色のいい海岸の崖の上を散策したり、ワトソンズ・ベイ(Watsons Bay)でシドニー湾を眺めながらビールを飲むこともできます。サリー・ヒルズ(Surry Hills)、キングス・クロス(Kings Cross)、グリーブ(Glebe)、ニュータウン(Newtown)、バルメイン(Balmain)もそれぞれ個性があって楽しい町です。3日目はハンター・バレー(Hunter Valley)でワイナリーやレストラン、デイ・スパに行って過ごしてください。

サーキュラー・キー(Circular Quay)からわずか5分。石畳の道や路地が残るロックス(Rocks)には囚人たちが開拓にはげんでいたはるかな時代の空気が今も残されています。港からほんの少し離れただけの場所に、砂岩でできたテラスやコテージ、さらにはシドニーで最古のパブが並んでいます。歴史の香り漂う一画には博物館やギャラリー、海の眺めが楽しめるホテルもあり、週末にはマーケットでにぎわいます。シドニー中でいちばんにぎやかなイベントやお祭りが開催される半面、ゴースト・ツアーが催行されるなどロックスには過去と現在が絶妙に混じり合い、地元の人たちや観光客はそれを目当てにここに集まってきます。

シドニー・ハーバー国立公園にはオーストラリアを象徴する建物だけでなく、奥まった場所に秘密のビーチや絵のように美しい島々があり、ところどころに固有種の植物が生えた森林が残されています。景色のいい海辺で海水浴やピクニック、ブッシュウォーキングをしたり、フェリーに乗って湾内に浮かぶ島を訪れたりしてください。また、ヨットやカヤックを楽しんだり、野生動物を間近に眺めたり、先住民族アボリジニが残したはるか昔の岩絵や囚人が建てた建物を見学することもできます。加えて港や公園、岬はオーストラリア最大級のイベントが開催される場所でもあります。大みそかに打ち上げられる花火からシドニー・トゥー・ホバート・ヨット・レースまで、さまざまなイベントが繰り広げられます。

シドニー(Sydney)の都心の本の町でアイデアや理想を見つける。 グリーブ(Glebe)はいわゆる本の町で、シドニー(Sydney)の魅力的な都心の静かな住宅地に比べ、見過ごされがちです。 しかし、理想や知性にあふれていたら、高い地位や高級ファッションで目立つ必要などないのです。

ボンダイ・ビーチは、オーストラリアで最も有名なビーチの1つで、世界的にもよく知られています。 このビーチは、おそらくオーストラリアの他のどのビーチよりも多くの絵葉書やTV番組、映画に取り上げられています。バックパッカーから大金持ちまで、毎年何万人もの旅行客が、1kmにわたって続くこの金色の広い砂浜で、ウォーキングやジョギング、日光浴を楽しんでいます。 市の中心部からわずか10kmほどのボンダイ・ビーチは、シドニーで最も人気のあるビーチの1つです。 ここでは、コミュニティ・アート・ショーからシティー・トゥー・サーフ(City to Surf)マラソン大会まで、1年中さまざまなイベントが開催されています。

シドニー北部の沿岸沿いのマンリー・ビーチは、オーストラリアで人気のあるビーチの1つです。 マンリー・ビーチは、1788年、この地域に住んでいた先住民アボリジニの「自信にあふれた勇ましい(manly)行動力」に感銘を受けたニュー・サウス・ウェールズ州の最初の州知事、アーサー・フィリップ(Arthur Phillip)船長によって名づけられました。 サーキュラー・キー(Circular Quay)からマンリー(Manly)フェリーに乗れば、30分でマンリー埠頭に到着します。 マンリーでは、「シドニーから7マイル、看護からは100万マイル(Only seven miles from Sydney and a million miles from care)」というフレーズをよく耳にします。 この海辺を訪ねてみれば、そのフレーズの意味がすぐにわかります。

キラキラと輝くビーチ、広大な海岸沿いのウォーキング・コース、海洋保護区でのサーフィン、シュノーケリング、スキューバ・ダイビング。クージーにはオーストラリアのビーチでの典型的なライフスタイルが集約されています。 クージー・ビーチの弧を描いて広がる金色の砂浜と、昔からある海水プール、そしてバーベキューやピクニックを楽しめる数多くの緑の公園は、活気のあるシドニー中心部からほんの20分の場所にあります。 ライフセーバーが一年を通してパトロールを行うここは、安全に泳げるファミリー向けのビーチです。 クージーはまた、シドニー近郊の最も古い街の1つであり、多くの歴史的な建物があります。 周囲の崖の上は、壮観なブッシュ・ウォークになっており、シドニーで最もすばらしいとされる眺めを楽しめます。

市街地から1時間余りで行けるパーム・ビーチは、長く広がるシドニーの北海岸の端にあります。 長い半島の先端にあるこのビーチの片側には波、その反対側にはピットウォーターが見えます。 オーストラリアの多くのお金持ちがここに別荘を所有しています。 パーム・ビーチと言えば、人気テレビ番組「ホーム・アンド・アウェイ」の架空の町「サマー・ベイ」の撮影が行われた場所として知られています。 2kmにわたる金色のビーチは、ブロークン・ベイ(Broken Bay)の南の先端のバレンジョイ・ヘッド(Barrenjoey Head)から、リトル・ヘッド(Little Head)の砂岩に向かって湾曲しています。

夏のシドニーは海なくしては語れません。その象徴ともいうべき場所が、ボンダイ(Bondi)からブロンテ(Bronte)までの海岸です。ボンダイでサーフィンの講習を受け、タマラマ(Tamarama)に集うビーチ族の仲間入りをし、ブロンテの家族連れにも安心な岩のプールで泳いでみてください。ボンダイ・トゥー・ブロンテ・ウォーク(Bondi to Bronte Walk)は、景色のいい短距離の散策ルート。海岸線に沿って続き、3つのビーチすべてを見物することができます。

静かな入江から世界的に有名な砂浜まで、シドニーにある70の素晴らしいビーチから、お気に入りを見つけてください。ボタニー(Botany)のシドニー空港に着陸する前から、シドニーのビーチはあなたを誘っています。 飛行機が高度を下げていくと、港の両側に長く金色の鎖のように連なり、緑のブッシュと海に取り囲まれたビーチが見えるかもしれません。 また、機内の歓迎ビデオで見た有名なボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)のイメージが、頭の中でリピートし始めるかもしれません。 熱心なサーファーや日光浴の大好きな人、また、ただ海を愛する人なら、波に乗り、潮の香を嗅ぎ、砂に触れるのが待ち遠しくなるでしょう。

シドニー・トゥ・ホバート・ヨット・レース(Sydney to Hobart Yacht Race)を楽しむのに、ヨット・ファンである必要はありません。12月26日のボクシングデーに始まるレースはオーストラリアの夏を彩る代表的なイベントです。シドニー湾でピクニックやバーベキュー、クルーズを楽しみながら、ヨットが港を出て行くのを眺めてください。さらに出て行ったヨットが大晦日のパーティが行われているさなかにホバートにゴールするのを応援しましょう。レース中はヨットマンたちの不屈の精神に感動したり、地元オーストラリア人たちと一緒にヨットがバス海峡( Bass Strait)の荒波と格闘しているのをハラハラしながら見守ったりしてください。 詳細はこちら

サングラスの若者、破壊分子、コスモポリタン、そして同性愛者。みんな毎年開かれるゲイ・アンド・レズビアン・マルディグラ(Mardi Gras)を楽しみにやってきた人たちです。同性愛者でもそうでなくても、若くても年をとっていても、2月下旬から街中がエネルギーに満ちあふれ、人々が大はしゃぎを繰り広げる様子は見ていて楽しいものです。まずは、シドニー市内西部で開かれる同性愛者の親睦パーティ、フェア・デイ(Fair Day)で、祭りの始まりを盛大に祝いましょう。そしてハイライト、スパンコールのドレスを着たり、風刺的なスローガンを掲げたり、スプレーで日焼けした人たちがオックスフォード・ストリート( Oxford Street)を行進する世界最大の同性愛者のパレードを見学してください。王立植物園(Royal Botanic Gardens)やパワーハウスで開かれるファイナル・パーティで真夏の夜を踊り明かすのもいいでしょう。シドニー・オペラ・ハウス(Sydney Opera House)や市内各地にある他の会場でも、個性的な催しがたくさん行われます。

まず、シドニーからオーストラリアの冒険を始めます。シドニーでは名所ハーバー・ブリッジ(Harbour Bridge)に登ったり、世界遺産のオペラ・ハウス(Opera House)を見学してみてください。シドニー近郊の世界遺産ブルー・マウンテンズ(Blue Mountains)や、ワインの産地ハンター・バレー(Hunter Valley)でワイナリー探訪をするのもいいでしょう。また、ポート・スティーブンス(Port Stephens)でイルカと泳いだり、ジャービス・ベイ(Jervis Bay)のきらきらと光る美しい海で泳いでみてください。

地図を使って必見スポットやアクティビティを見つけよう

States
States

その他の観光情報