シドニーのビーチに誘われて

ボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)、ボンダイ(Bondi)、ニュー・サウス・ウェールズ州。 © Destination NSW & Hamilton Lund

シドニーのビーチに誘われて

静かな入江から世界的に有名な砂浜まで、シドニーにある70の素晴らしいビーチから、お気に入りを見つけてください。
ボタニー(Botany)のシドニー空港に着陸する前から、シドニーのビーチはあなたを誘っています。  飛行機が高度を下げていくと、港の両側に長く金色の鎖のように連なり、緑のブッシュと海に取り囲まれたビーチが見えるかもしれません。  また、機内の歓迎ビデオで見た有名なボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)のイメージが、頭の中でリピートし始めるかもしれません。  熱心なサーファーや日光浴の大好きな人、また、ただ海を愛する人なら、波に乗り、潮の香を嗅ぎ、砂に触れるのが待ち遠しくなるでしょう。 

ビーチがあなたを呼んでいるのも当然というわけです。  シドニーには、ブッシュや国立公園に囲まれた静かな入江から、世界に名を知られた長く続く砂浜まで、70もの素晴らしいビーチがあります。  そして何より嬉しいことに、どのビーチもシドニーのハーバーサイドの中心部から簡単に行けるのです。 

最も有名なところから始めたければ、バスに飛び乗ってボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)に行きましょう。サーファー、ヒッピー、家族連れ、地元の人、海外からのツーリストが一体になっています。  1kmにも及ぶ黄金の砂浜を背景に泳いだり走ったり、また、サーフ・スクールに入って砕ける波に挑戦するのもよいでしょう。アイスバーグス(Icebergs)のロック・プールの上で夕日を眺めながらカクテルをすすり、遊歩道を行きかうさまざまな人を観察しましょう。 

ボンダイからブロンテ(Bronte)までの曲がりくねった道を歩くと、眺めている海からは、砕けちる波の細かな飛沫が飛んできます。  切り立った砂岩の崖は、10月後半のスカルプチャー・バイ・ザ・シー(Sculptures by the Sea)の展示の時には、絶好の背景になります。  崖の上を歩いて、美女が集まることから地元ではグラマラマ(Glamarama)と愛称されるタマラマ(Tamarama)と、家族向けのブロンテまで行きましょう。  さらに先の海岸線には、シュノーケル天国のクロブリー(Clovelly)、地中海のようなゴードンズ・ベイ(Gordon's Bay)、バックパッカーであふれる静かなクージー(Coogee)、大波の打ち寄せるマロウブラ(Maroubra)が続きます。 

シドニー東海岸のビーチ巡りの仕上げはワトソンズ・ベイ(Watson's Bay)です。ここはシドニー・ハーバー(Sydney Harbour)への南の入り口で最も古い漁村です。  せり出した崖の上の、素晴らしい眺めのドライブだけでもその価値があります。   シドニーで最も有名なシーフード・レストランでフィッシュ・アンド・チップスを食べたり、また、タスマン海(Tasman Sea )を眺めながらの灯台巡り、ザ・ギャップ(The Gap)、小さく静かな入江で泳ぐのもいいでしょう。 

港の北なら、フェリーかジェットキャットでマンリー(Manly)に行ってみませんか。シドニーの海好きがここに来る理由が分かります。   マンリーからスピット・ブリッジ(Spit Bridge)に続く自然のままのブッシュランドを歩き、フェアリー・バウアー(Fairly Bower)をウォーキングしたりサイクリングするのもお勧めです。  泳ぐなら太平洋に面したサーフ・ビーチもいいし、静かな内海もよいでしょう。  小さなシェリー・ビーチ(Shelly Beach)でシュノーケリングし、夕方にはノーフォーク・パインズ(Norfolk Pines)に集まる色彩豊かなロリキートを観察しましょう。  またマンリーでは素晴らしいショップをのぞいたり、レストランで世界各国の味覚を楽しめます。  

マンリーからバスで北に行くと、カール・カール(Curl Curl)、ディー・ワイ(Dee Why)、ナラビーン(Narrabeen)、モナ・ベール(Mona Vale)、ニューポート(New Port)、アバロン(Avalon)に浜辺があり、どれもくつろいだライフスタイルとサーフィンで有名なところです。  北端には長く美しい砂浜が続き、ゴルフ場、緑豊かなブッシュランドと砂丘に囲まれたパーム・ビーチ(Palm Beach)があります。

多くの浜辺は湾に接していますが、そのなかで最も人気のあるのはゴージャスなバルモラル(Balmoral)です。  湾の北側の郊外にあるトレンディーで美しいバルモラルには、カフェや洗練されたレストランがあり、黄色いとさかのキバタンが群れています。

うねる波に疲れたら、シドニーにはネットで囲まれた海水プールがあります。  小さな子供のいる家族連れにはぴったりで、ラップ・スイミングをしたり、ただ水に浮かんで空を眺めてはどうでしょうか。  これらの海水プールは、太平洋の波に洗われたり、ハーバーの近くにあったり、百万ドルの眺めが見えたりなど、さまざまな場所に設けられています。

シドニーの浜辺に魅力を感じないでいられない理由がわかるでしょう。

その他の観光情報