AFL - オーストラリア・フットボール・リーグ(Australian Football League)の最終戦

エティハド・スタジアム、ドックランズ、ビクトリア州 © Tourism Victoria

AFL - オーストラリア・フットボール・リーグの最終戦

国内各地、メルボルン、ビクトリア州(Victoria)
9月

毎年3月から9月にかけて、オージー・フットボール(AFL)の全チームが9月にメルボルン(Melbourne)で開催される最終戦に向けてベスト8の座をかけて戦いを繰り広げます。 AFLはオーストラリアで最も観客動員数の多いスポーツ・リーグで、熱烈なファンのいる人気チームがシドニー(Sydney)やアデレード(Adelaide)、パース(Perth)、ブリスベン(Brisbane)にあります。 優勝決定戦には9万5千人近くのファンがメルボルン・クリケット・グラウンド(MCG)に詰めかけ、テレビで観戦するファンは何百万人にものぼります。 最終戦の試合が開催される場所に居合わせるのは、何より最高の体験。 期間中、熱狂的なファンたちが自分の好きなチームの応援に集まって来るので、街中はまるでカーニバルのような雰囲気に包まれます。 これこそまさにここでしか味わえないオーストラリア体験だといえるでしょう。

オージー・フットボール(AFL)はオーストラリアで最も観客動員数の多いスポーツ・リーグで、熱烈なファンのいる人気チームがシドニーやアデレード、パース、ブリスベンにあります。 試合は3月からオーストラリア各地で行われ、9月のメルボルンでの最終戦で頂点に達します。

オージー・フットボールが正式に誕生したのは1859年、この年にメルボルン・フットボール・クラブ(Melbourne Football Club)が結成され、初めてルールが定められました。 1897年にはカールトン(Carlton)、コリングウッド(Collingwood)、エセンドン(Essendon)、ジーロング(Geelong)、メルボルン、セント・キルダ(St Kilda)のチームが加盟して、ビクトリア州フットボール・リーグが発足しました。 これが元になって1989年にオーストラリアン・フットボール・リーグ(AFL)が発足し、今日ではオーストラリア各地の17チームが参加するまでに育っています。

なお、このスポーツの起源については議論が分かれるところですが、歴史家によると、アイルランド人たちが楽しんでいた「ケイド」(caid)というゲーム、ラグビー、マーングルック(marngrook)などアボリジニの伝統的なゲームなどがいずれも影響を与え、それらが混じり合う形で生まれたのではないか、 と言われています。

現在では18人の選手で構成される2つのチームが対戦し、楕円形のボールを蹴り、投げ、走りながらゴールポストに向かって進むというスピード感あふれる激しい競技となっています。 ボールを持って2本のゴールポストのあいだを駆け抜けるか、ボールを蹴ってゴールポストの間を通すと得点が入り、その得点の多さを競うゲームです。 また、オーストラリアン・ルールズは体をぶつけ合うスポーツで、手を使ってタックルしたり、体をぶつけて他の選手の動きを妨害することが許されています。

シーズンは3月末から9月までで、ホーム・アンド・アウェイ形式で100試合以上が行われています。 シドニー・クリケット・グラウンド(Sydney Cricket Ground)でのシドニー・スワンズ(Sydney Swans)の試合や、パースのWACCAでのウェスト・コースト・イーグルス(West Coast Eagles)の試合、そしてブリスベン・クリケット・グラウンド(Gabba)でのブリスベン・ベアーズ(Brisbane Bears)のプレーをぜひ、観戦してみてください。

そして、AFLならではの興奮を味わいたい方には、オーストラリアを代表する競技場、メルボルン・クリケット・グラウンドで開催されるグランド・ファイナルが何といっても一番でしょう。 2つのチームが勝利をかけて戦う中、街中がまるでカーニバルのような雰囲気に包まれます。 何世代にもわたって一つのチームを応援しているファンも多く、大会前後にはメルボルンの街はグランド・ファイナルの話題でもちきりになります。

さらにAFLはオーストラリアのあらゆるスポーツの中で最もアボリジニの選手の多い競技でもあります。 このスポーツはアボリジニのコミュニティ内でもきわめて人気で、例えばダーウィンの沖合にある緑豊かな島、ティウィ諸島は、3月のグランド・ファイナルが開かれる頃になると島全体が静まり返ってしまいます。

イベントの検索









その他のオーストラリア旅行のアイデア