ジ・アッシュズ(The Ashes)2013

ジ・アッシュズ2013

クリケットはオーストラリアで最も愛されている娯楽スポーツの1つです。クリケット競技会の最高峰が、オーストラリアとイングランドとの間で激しい戦いが繰り広げられるテスト・マッチ・シリーズ、ジ・アッシュズです。

ジ・アッシュズはイングランドとオーストラリアで交互に開催され、オーストラリアでは2年に1回開かれます。 オーストラリアでジ・アッシュズ・テスト・マッチ・シリーズが次回、開催されるのは2013年。

この2つの国は、19世紀に始まったクリケットの大会を通して伝統的に親密なライバル関係を築いてきました。

ジ・アッシュズは、オーストラリアがイングランドに遠征してイングランドを初めて倒した1882年のクリケットの試合にちなんで名付けられました。 英国の新聞が、イングランドのクリケットが死去し、その遺体は火葬され、遺灰がオーストラリアに運ばれたという内容の死亡広告をまねた記事を掲載したのが始まりです。 そのため、英国の報道機関は次回のオーストラリア遠征試合をジ・アッシュズ(遺灰)を取り戻すための戦いと呼びました。

ジ・アッシュズ・シリーズでは通常5回のテスト・マッチが行われます。 オーストラリアでは試合ごとに開催都市が変わります。 試合会場は、ブリスベンのギャバ(Gabba)、アデレード・オーバル(Adelaide Oval)、パースのWACA、メルボルン・クリケット・グラウンド(MCG:Melbourne Cricket Ground)、シドニー・クリケット・グラウンド(SCG:Sydney Cricket Ground)。

メルボルンではボクシング・デー・テスト(Boxing Day Test)が開催され、シドニーではニュー・イヤー・テスト(New Year Test)が開催されるのが伝統となっています。 どちらも祝祭日に始まり、クリケットをこよなく愛するオーストラリア人たちが熱狂的に観戦します。

テスト・マッチ・シリーズで多く勝利した国がジ・アッシュズの勝者となり、 引き分けだった場合は、ジ・アッシュズを既に持っている国がそのまま保持することになります。 現在は、2010/11シリーズで優勝したイングランドがジ・アッシュズのタイトルを保持しています。

イベントの検索









その他の観光情報