オレンジ・フード・ウィーク

オレンジ・フード・ウィーク

オレンジ(Orange)地方の中央部へ行き、4月の10日間をかけて開催されるオレンジ・フード・ウィーク(Orange FOOD Week)に参加、新鮮な食材や絢爛豪華な秋の色を満喫しましょう。オレンジはシドニーから車で4時間ほど。ここを舞台に60以上のイベントが行われ、会場では新鮮なこの地方の名高い味覚が味わえます。さらに、その生産者と会うこともできます。また、ワイナリーで朝食を楽しんだり、リンゴ園の中を散策したり、地元で評判のレストランの1軒で料理の講習を受けてみましょうか。お好みの料理が楽しめる ディナーや、仮装パーティーに参加したり、イベントが終わったあとに冷涼性気候の地元のワインを造っているワイナリーをめぐるのもいいでしょう。田舎らしいおおらかなムードのお祭りでは、どこへ行っても新しい味覚や食材、友だち、カントリースタイルのライフスタイルに出会うことができます。

四季折々の美しさが楽しめることから、オレンジは地元ではオーストラリアの中でも彩り豊かなエリアとされています。そしてフード・ウィークの期間は、美しい紅葉が見られるおすすめの季節でもあります。初日にリンゴ園めぐりをしている時も、カントリースタイルのランチでくつろいでいる時も、紅葉はすばらしい背景になってくれます。 収穫祭を兼ねた大規模なピクニック大会に参加すれば、ピクルスや果物の加工品、チーズ、チョコレート、冷涼性気候ワイン、焼きたてのパン、みずみずしいモモ、イチゴ、ブドウなど、旬の農産物がずらりと並んでいます。 

食事はくつろいだものからおしゃれなものまで、さまざまな方法で楽しめます。 盛装して社交ダンスをしたり、マスクをつけてイタリアをテーマにした仮装パーティーに参加したりするこもできます。 昔の料理を出すディナーで1876年に戻り、その頃の味がどんなものか試してみるのもいいでしょう。好みのメニューを選ぶディナーでは、地元のシェフたちの自慢料理を味わったり、料理の講習会で自分が食べる料理を作ることもできます。さらに軽食を出すクラブで気のきいたチーズやじっくり煮込んだカリンをつまんだり、ナイト・マーケットを一巡しておいしいデザートを探してたり。  午後の紅茶の時間に地元産のロゼ・ワインを一杯試飲し、アジアン・スタイルの宴会で地元産の野菜を味わうのもいいでしょう。100マイル以上離れたところで収穫した食材は一切使わない、「地産地消」の料理を作る「100マイル・ディナー」は、こんな地元産の食材があるのかということを教えてくれる食コンセプトが特徴です。

フード・ウィークではオレンジとその周辺地域の活気ある地方文化を楽しむこともできます。ジャズの生演奏を聴きながらおいしい食事を楽しみ、ブドウの木に囲まれながらオペラに耳を傾けましょう。 さらにオーストラリアの詩の朗読を聞いたり、アボリジニがよく利用する植物を探すコースを歩いて自然薬に関する知識を深めることもできます。長い歴史のあるオレンジ・シビック・シアター(Orange Civic Theatre)では、フード・ウィークの時期にあわせて、多数の劇も上演されます。  

正式なイベントではありませんが、オレンジ・ショーグラウンド(Orange Showground)で隔週土曜に開かれる農家直販のマーケットも見逃せません。ここではさまざまな生鮮食料品を手に入れることができます。ワイン愛好家なら、40軒ほどのワイナリーで、この地方のすばらしい冷涼性気候のワインを試飲せずに町を去ってはいけません。歴史的建造物を見ながら散歩して、燃えるように赤く色づいた公園や庭の木々の中を歩きましょう。さらに旧火山のキャノボラス山( Mt Canobolas)に登って、はるかな町並みを楽しんでください。宿泊するなら、おしゃれなゲストハウスや古い邸宅、こじんまりしたB&B、コテージ、ブティックホテルなど、選択肢はさまざまです。 

美しい景色や産地直送のおいしい食事が味わえるオレンジ・フード・ウィークを、ぜひお楽しみください。

イベントの検索









その他の観光情報