アデレード: 優美な街並みの下に隠された大きな遊び心

アデレード: 優美な街並みの下に隠された大きな遊び心

アデレードのきれいな街並みで繰り広げられるクレイジーなお祭り騒ぎを満喫する
 アデレードで見かける大通りや優美な建築物、インテリ層好みのアトラクションなどから、この街にちょっと堅苦しい印象を持つかもしれません。  たとえば、図書館司書が本の分類法について話し合う会議に出席したり、アンティークの愛好家達が赤ワインを飲みながら議論に花を咲かせるような街、そんなイメージを持っている人もいるでしょう。 

でも実際には、特に2月の終わりに南半球最大のお祭り、フリンジ・フェスティバル(Fringe Festival)がこのきれいな街で開かれる時、さまざまな騒動が起こります。  アデレード・フリンジ(Adelaide Fringe)は、伝説的とも言えるオープニング・パーティーでその幕を開け、アウトドア・シアター、アート・ディスプレイ、大道芸、ダンス、キャバレー・ショー、映画、ライブ音楽などが目白押しの熱狂的なウィークエンドが繰り広げられます。 

世界トップクラスのジャグラーやマジシャン、アクロバット、奇術師、空中曲芸師、コメディアンなどが腕を競い合い、アデレードの街全体がサーカスと化すときを体験しましょう。  伝説的なオープニング・ナイトのパーティーでは、オーストラリアで一番人気のDJやダンス・カンパニーのパフォーマンスを見ることもできます。  家族連れなら、リミル・パーク(Rymill Park)で開かれるゲットイン・ゲットダーティ・ワークショップ(Get In and Get Dirty Workshops)で、体験参加型のアート&クラフト・イベントを楽しむのもよいでしょう。 

このお祭り騒ぎが終わると、この街には落ち着きが戻ると思うかもしれませんが、実はそうはいきません。  あっという間に、次のフェスティバルが始まるのです。 

おそらくは間違いなくオーストラリアで最高の芸術祭といえるアデレード・フェスティバル・オブ・アーツ(Adelaide Festival of the Arts)では、目を見張るような才能あふれる作品の数々が紹介されます。  市内の緑豊かなボタニック・パーク(Botanic Park)で開かれる世界の音楽の祭典、ウォム・アデレード(WOMADelaide)。ここでは、アデレードの「グローバル・ビレッジ」を体験しましょう。 

スカイシティ・アデレード・カップ・デイ(Skycity Adelaide Cup Day)とマジック・ミリオンズ・レース・デイ(Magic Millions Race Day)は、着飾った人々が競馬と料理を一緒に楽しむ贅沢なイベントです。  アデレード・オーバル(Adelaide Oval)でインターナショナル・ラグビー・セブンズ(International Rugby Sevens)が開催される時には、熱狂的なスポーツ・ファンに混ざってお祭り気分を盛り上げましょう。  アデレード・キャバレー・フェスティバル(Adelaide Cabaret Festival)では、音楽、パロディ、コメディ、パフォーマンス・アートを満喫します。 

この街の優美な外観にだまされないように。  活気に満ち、エネルギーにあふれたアデレードの街では、図書館司書やアンティーク愛好家でさえも、お祭り騒ぎを楽しむのですから。 

その他の観光情報