憧れの牛追いになる、南オーストラリア州

憧れの牛追いになる、南オーストラリア州

南オーストラリア州のアウトバックを貫いて走るウードナダッタ・トラック沿いで2年に1度催される牛追いのイベントに参加して、牛追いの生活を体験しましょう。隔年の8月には、一帯の荒々しい手つかずの景観を少しずつ切り開いていったオーストラリアの開拓者たちの通った道を辿ることができます。現代に生きる伝説の牛追いたちに会って、馬上で1日中500頭もの牛を追いかけ、自分も彼らの仲間に加わったかのような感覚を味わってください。いかにもオーストラリア的な広大な牧牛場を馬に乗ってくまなく走り、かつて長距離鉄道「ザ・ガン号」が走っていた線路の跡を進みましょう。夜はキャンプファイヤーを囲んで語り合い、おいしい食事をたっぷりとって、砂漠の上空に広がる満天の星空の下、豪華なテントで眠ってください。全部で5週間にもおよぶ牛追いの進路はマリー(Marree)からウードナダッタまで、ウードナダッタ・トラック沿いに進みます。このルートはかつて「ザ・ガン号」が走っていた線路の跡でもあり、またアボリジニが大昔に使っていた交易の道でもあります。  それは豊かな歴史に彩られた、何とも壮大な旅です。

まずは、アデレードか、近くのオパール鉱山の町、クーバー・ペディ(Coober Pedy)から出る5日間の牛追いツアーに参加しましょう。牛追いたちの宿営地はウィリアム・クリーク(William Creek)という小さな町に近い人里離れた場所にあり、キャンプファイヤーを囲んで交流を深めたり、広大なアウトバックの景色を楽しんだりするにはうってつけの場所です。キャンプ地でウェルカム・ランチを楽しんだあとは、馬にまたがったことのない人も、馬とチームを組んで乗馬体験が楽しめます。さらに同行する貴重な荷物、つまり牛の群れとも対面します。

毎日朝食が終わると、赤い砂の丘や見渡す限り何もない平原、ユーカリの木立、砂嵐の吹き荒れる台地を通って、牛を誘導しながら約14キロの道のりを進みます。牛追いの集団の年長者から選ばれる「牛追いのボス」とはどんな人たちなのかを学びます。彼らは牛追いの伝説を語り継ぐ屈強な馬乗りたちです。さらに牛追いに従事するアボリジニの物語に耳を傾け、彼らがこの厳格な大地と取り結んでいる聖なる絆を知ってください。「ザ・ガン号」の昔の線路跡を辿って、大陸縦断電信線(Overland Telegraph Line)の跡を見るのもいいでしょう。かつてオーストラリアとイギリスをつないでいたひと筋の銅製のワイヤーを今も見ることができます。 

牛追いはアウトバックの自然の厳しさを味わうにはうってつけの体験です。オーストラリアの中でも最も小さい町のひとつ、ウィリアム・クリークで木造トタン葺きのパブに顔を出せば、この町で暮らす10人の住人全員に会うことができます。ウィリアム・クリークを出たら、24,000平方キロの広さを持つ現役の牧牛場、アンナ・クリーク・ステーション(Anna Creek Station)の中を通りましょう。多数あるオプショナル・ツアーのいずれかに参加すると、さらに壮大なアウトバックの景色を楽しむことができます。ブレーカウェイズ(Breakaways)で燃えるような太陽が層状に溶けあうのを眺め、近くのクーバー・ペディで地下にあるオパール鉱山を訪ねるのもいいでしょう。塩が堆積した広大な湖、エア湖(Lake Eyre)や、ペインテッド・ヒルズ(Painted Hills)、ダルハウジー・スプリングス(Dalhousie Springs)の天然温泉を、遊覧飛行で空から眺めることもできます。

夜は音を立てて燃え盛るキャンプファイヤーを囲みながら、あるいはテントの中でブッシュ・タッカー(アボリジニの伝統食)をつまみながら、同行者と1日の出来事を語り合いましょう。キャンプ場には現代的なバスルームや料理道具の揃ったキッチン、さらにはバーや図書館まで備えられていて、もし前世紀の牧畜業者がこんな贅沢な場所に居合わせたら、天にも昇る心地がすることでしょう。馬上で過ごす長く楽しい1日が終わったら、熱いシャワーやキャンプのベッド、カーペット敷きのテントに勝る楽しみはありません。 

ツアーの終わりはアデレードへ戻るか、アウトバックで楽しむ別の冒険に繰り出しましょう。マリーやロクスビー・ダウンズ(Roxby Downs)など、昔ながらのアウトバックの町で小さなパブに泊まってみてください。クーンジー湖国立公園(Coongie Lakes National Park)でのキャメル・トレッキングや、ウィッジラ国立公園(Witjira National Park)にあるダルハウジー・スプリングスの周辺でのキャンプもおすすめです。4WDをレンタルしてバーズヴィル・トラック(Birdsville Track)、ウードナダッタ・トラック、ストレゼレッキー・トラック(Strzelecki Track)など砂漠の中の道に挑戦しましょう。長大なエクスプローラーズ・ハイウェイ(Explorer’s Highway)を走れば、ノーザン・テリトリーにあるアリス・スプリングスや、さらにその先のダーウィンまで行くことさえ可能です。

牛追い体験は心を広くおおらかにしてくれ、自分の可能性はまだまだ大きいということを認識させてくれます。

その他の観光情報