シドニー・トゥ・ホバート・ヨット・レース(Sydney to Hobart Yacht Race)

シドニー・トゥ・ホバート・ヨット・レース

シドニー(Sydney)、ニュー・サウス・ウェールズ州(New South Wales)。ホバート(Hobart)、タスマニア(Tasmania)
12月

毎年ボクシング・デー(12月26日)に始まるシドニー・トゥ・ホバート・ヨット・レースは、オーストラリアの夏の風物詩です。 大型ヨットを操るプロから、週末レースのアマチュアまでが参加するこのイベントは、シドニー・ハーバー(Sydney Harbour)のニールセン・パーク(Nielsen Park)から出発したヨットの一団が、タスマニア州(Tasmania)ホバートに設けられたゴールに向けて1,100km以上の距離を進みます。 そして、レースはちょうど大晦日を祝う時間に終了します。 もちろん、船を操縦しなくてもシドニー・トゥ・ホバート・ヨット・レースを楽しむことは可能で、 スタート時のカラフルな光景は、シドニー・ハーバー(Sydney Harbour)周辺の眺めのいい観戦スポットから楽しむことができます。

シドニー・トゥ・ホバート・ヨット・レースは年に一度行われる海上ヨット・レースで、世界でも屈指の難関コースのレースとして知られています。 レースはボクシング・デーにシドニー・ハーバーからスタートし、数日かけて約1,170km(630海里)離れたホバートにゴールします。

シドニーでは、このレースの出発を見物するのがボクシング・デーの伝統的な過ごし方になっています。 毎年12月26日になると、人々はシドニー・ハーバーの周辺に集まり、シドニー・ハーバーを出発して、タスマン海(Tasman Sea)を越え、ダーウェント川(Derwent River)へと向かうレースの参加者たちを見送ります。 この迫力あるヨットのイベントを楽しみたい方は、ラッシュカッターズ・ベイ(Rushcutters Bay)からワトソンズ・ベイ(Watsons Bay)、あるいはサウス・ヘッド(South Head)の岬にかけて見物する場所を見つけてください。 シドニー湾北岸の見通しのよい場所としては、クレモーン・ポイント(Cremorne Point)、ブラッドリーズ・ヘッド(Bradleys Head)、クリフトン・ガーデンズ(Clifton Gardens)、あるいはマンリーを越えてノース・ヘッド(North Head)までの間などがあります。

ヨットの一団が南へ向かい、危険なバス海峡(Bass Strait)を渡ると、レースの中心はホバートへと移ります。 先頭集団のヨットはダーウェント川沿いでレースを繰り広げ、ゴール地点のバッテリー・ポイント(Battery Point)を目指します。ホバートの歴史ゆかしい海辺の町では、ゴールしたヨットを盛大な拍手で迎え、大みそかの夜を盛り上げます。

1945年にレースが初めて開催されて以降、シドニー・トゥ・ホバート・ヨット・レースは世界三大海上ヨット・レースのひとつとなり、今では週末にレースを楽しむヨット乗りや、しゃれた大型ヨットなどが世界中から参加。

テイスト・フェスティバル(Taste Festival)の開催期間とも重なって、市内はお祭り気分がさらに増します。 期間中は、サリバンズ・コーブ(Sullivans Cove)の上空に打ち上がる花火を眺めたり、海辺で高級タスマニア ワインを飲みながらくつろいだり、バンドの演奏やDJのパフォーマンスにあわせて一晩中、踊り明かしてみてください。

シドニー・トゥ・ホバート・ヨット・レースは、スタートからゴールまですべてが、ほかでは味わえないオーストラリアの夏の楽しみ方だということを実感するはずです。

イベントの検索









その他のオーストラリア旅行のアイデア