ツアー・ダウン・アンダー(Tour Down Under)

ツアー・ダウン・アンダー

アデレード(Adelaide)および南オーストラリア州(South Australia)の各地
1月

毎年1月に開催されるツアー・ダウン・アンダーは、世界有数のプロのサイクリストたちがスピードを競う競技です。 世界各地を転戦する国際自転車競技連合(UCI)プロツアーのうち1年で最初に行われる試合で、6日間かけてアデレード市街と南オーストラリア州一帯を走ります。大会期間中はさまざまな催し物もあります。 選手がスピードをあげてアデレード・ヒルズ(Adelaide Hills)を越え、バロッサ・バレー(Barossa Valley)やフルリオ半島(Fleurieu Peninsula)の美しい田舎道を駆け抜けるのを観戦しましょう。 アデレードの街を走り抜けるファイナル・レースには、何千人もの観客が集まります。 選手やチームは優勝者だけに贈られるジャージを手に入れるために戦いますが、ツアー・ビレッジ・アンド・バイク・エキスポ(Tour Village and Bike Expo)に立ち寄れば、そんな彼らと交流することができます。

ツアー・ダウン・アンダーは単なる自転車レースではありません。南オーストラリア州の各地でさまざまな関連イベントやフェスティバルが開催される、楽しいパーティーのような雰囲気のサイクリングの祭典で、 この1月の真夏のホリデー・シーズン真っ只中に開催されるイベントには州全体が参加します。 メインとなるレースのスタートとゴールはにぎやかなアデレードの街中に設定されていますが、コースは南オーストラリア州の各地方を通ります。

観客が楽しめるイベントがたくさんある一方で、アマチュアのサイクリストもイベントに参加し、世界大会で使われるコースの一部を走ることができます。

ツアー・ダウン・アンダーは1999年に初めて開催され、南半球最大級のサイクリング・イベントにまで成長しました。 さらに、2008年には由緒あるUCIワールド・ツアー(UCI World Tour)に登録されました。これにより、伝統的にヨーロッパを拠点としてきた自転車競技が初めてヨーロッパ以外の地域で開催されることになりました。 今では、世界の自転車競技シーズンの皮切りとして行われる大会となり、

過去15年間、ツアー・ダウン・アンダーではロード・サイクリングの強豪選手が戦ってきました。 ツール・ド・フランス(Tour de France)で優勝したオスカル・ペレイロ(Oscar Pereiro)、アルベルト・コンタドール(Alberto Contador)、カルロス・サストレ(Carlos Sastre)は全員、オーストラリア人の大物選手で、スチュアート・オグレディ(Stuart O’Grady)、ロビー・マキュアン(Robbie McEwen)、カデル・エヴァンス(Cadel Evans)、アラン・デイヴィス(Allan Davis)とともにアデレードのレースに参加したこともあります。

イベントの検索









その他のオーストラリア旅行のアイデア