オード・バレー・マスター、西オーストラリア州

オード川(Ord River)、カナナラ(Kununurra)、キンバリー地域(The Kimberley)、西オーストラリア州。 © Tourism Australia

オード・バレー・マスター、西オーストラリア州

今年の5月はカナナラ に行って オード・バレー・マスターを楽しみませんか。2週間にわたりキンバリー地方東部の暮らしを讃える、にぎやかな祭典です。何千人もの人なつっこい地元の人たちに混じって、周辺の野性的で魅力あふれる景色の中で開かれる50以上のイベントを楽しんでください。4WDの祭典のために仮装したり、アーガイル湖(Lake Argyle)を泳いで渡ったり、ギブ・リバー・ロード(Gibb River Road)をマウンテンバイクで走ることもできます。キンバリー産の新鮮な農産物を味わったり、アボリジニの音楽やダンスを楽しむのもいいでしょう。 路上パーティーであちこちを歩きまわったり、ダイヤモンドを探して地面を掘ったり、ロデオで暴れ馬を乗り回す人を眺めたりしてください。さらに見逃せないのが、オード・リバーの堤で開かれるコンサート、キンバリー・ムーン(Kimberley Moon)です。 

野性的で見渡す限り何もない景色が広がるキンバリー地方東部の入口の町カナナラまでパースからは、飛行機でわずか3時間しかかかりません。この地域はミツバチの巣箱のような形をしたバングル・バングル(Bungle Bungle)や広大なアーガイル湖、オード・リバー、ミッチェル高原(Mitchell Plateau)の段になって流れ落ちる滝など、すばらしい大自然の見どころがあることで有名です。また、地元の人の温かさやもてなしの心、他人に気兼ねしない態度などは絵葉書ではわからないでしょうが、オード・リバー・マスターの期間中に十分すぎるほど体感できるはずです。 

オード・バレーで開催される4WDの祭典では、仲間意識がいかんなく発揮されます。レースのスタート地点では、ライフセーバーやカントリー&ウェスタンのスター歌手、映画「プリシラ」の主人公のような女装の仮装をした各々のチームが、自分たちの車の最終チェックをしている様子を見物することができます。もちろん服を着替えて仮装の仲間に加わることもできます。参加者にとって仮装はキンバリー東部のデコボコの地面を走るレースを楽しむためになくてはならないもので、ユーモアのセンスの見せどころでもあります。

レイク・アーガイル・クラシック(Lake Argyle Classic)はもう少し真面目なレースです。プールのように囲われていない淡水域で水泳のマラソン大会が行われるのは、世界でもここだけです。オーストラリア全土からやってきた1人、2人、4人組のチームが、国内最大の人工湖、アーガイル湖を横切って10キロ、20キロと泳ぎ続けるのを応援しましょう。また、ギブ・リバー・ロードのマウンテンバイク・レースでは、競技者はみな同じ程度のしたたかさを持つ必要があります。全行程800キロの砂ぼこりの道を走るレースは、20キロずつのリレーで5日間かけて行われます。

さらに、空中でのバイク操作やハイジャンプ、美しい花火などが見られるオード・バレー・マスター・モトクロス・クラシック(Ord Valley Muster Motorcross Classic)では、個性あふれるキンバリー地方がいつも以上に冒険マインドで盛り上がります。レースの後は、ステーション・チャレンジ・ロデオ(Station Challenge Rodeo)で地元の牧牛場から来た荒くれ者のライダーたちが技を競い合うのを見物しましょう。土ぼこりを巻き上げるレースが一段落したら、次はカントリー&ウェスタンの音楽が盛り上げてくれます。

マスターのプログラムの中には、キンバリー地方東部のライフスタイルや文化が見せる、生き生きとした異なった側面に光を当てたものもあります。 アボリジニ伝来のウェルカム・ダンスや、アボリジニの子供たちのためのバスケットボールの祭典を観戦。この上なく美しいキンバリーのダイヤモンドを求めて坑道を掘ったり、珍しいピンク色の原石が掘り出されたアーガイル・ダイヤモンド鉱山(Argyle Diamond Mine)を見学することもできます。アート作品の展示会をのぞいたり、料理の講習会に参加して地元の食材の調理方法を学ぶのもいいでしょう。アーツ・カウンシル(Arts Council)の 路上パーティでは ミュージシャンやダンサー、曲芸師、ジャグラーたちと一緒に通りを練り歩きましょう。あるいはマスター・バー(Muster Bar)でくつろぐこともできます。無料のカナッペや格安の飲み物、賞金ゲーム、ライブ音楽などが楽しめます。

マスターを締めくくるのは大規模な地方音楽のコンサート、キンバリー・ムーン・エクスペリエンス(Kimberley Moon Experience)です。4,000人を超える歌手や聴衆が毎年オード・リバーの堤に集まります。地元の歌手や、ジェームズ・ブランデル(James Blundell)、マーシャ・ハインズ(Marcia Hines)、フードゥー・ガラス(Hoodoo Gurus)らオーストラリアの有名歌手の歌にあわせて踊りましょう。自由席券で入ることもできますし、銀色の円い線で囲まれたプライム・ビーチ・シートでおいしいピクニック料理に舌鼓を打ちながら楽しむこともできます。 祭りのフィナーレを飾る花火がキンバリーの広々とした満天の星空に打ち上がる様子は、会場のどこにいてもよく見えることでしょう。

オード・バレー・マスターにやってきた時は、クヌヌラの見どころの探索やキンバリー地方のさらに奥地の探索をする絶好のチャンスでもあります。4WDをレンタルしてギブ・リバー・ロードを走り、海辺の楽園、ブルーム(Broome)まで行きましょう。やわらかい白砂のビーチがあり、日本人による真珠採取の歴史が息づいています。  ブルームでは日没を眺めながらケーブル・ビーチ(Cable Beach)をラクダに乗ってトレッキングしたり、4WDで荒々しい自然の残るダンピア半島(Dampier Peninsula)沿いのドライブに出かけて、アボリジニの伝統的な生活を体感してください。

砂ぼこりの舞い上がるオード・バレー・マスターを楽しんだあとなら、どんな冒険でもできるようになっているに違いありません。

その他の観光情報