ワイングラス・ベイ、タスマニア州

ワイングラス・ベイ、フレシネ国立公園、タスマニア州。 © Tourism Tasmania & Chris Bray Photography

ワイングラス・ベイ(Wineglass Bay)、タスマニア州(Tasmania)


世界の10大ビーチのひとつに数えられるワイングラス・ベイは、タスマニア州のフレシネ半島(Freycinet Peninsula)にあります。 ピンクとグレーの花崗岩の丘陵地帯を背景に、三日月の形をしたこのまばゆい白い砂浜、サファイア色の海が広がるワイングラス・ベイは、オーストラリアで最も美しい自然景観の一つです。 釣りやセーリング、ブッシュウォーキング、シー・カヤック、ロック・クライミングを体験したり、海岸の絶景を眺めるのもおすすめです。 また、ワイングラス・ベイはハネムーンナーに人気のスポットでもあります。ここでは、世の中の喧騒を忘れ、リラックスした時間をお過ごしいただけます。 静かな砂浜、豪華なエコ・ロッジ、上質のタスマニア・クルージングを楽しめるフレシネ半島で、心ゆくまでおくつろぎください。

タスマニアの東海岸にあるワイングラス・ベイは、フレシネ半島の一部であり、手つかずの自然が残る沿岸地帯の岩礁です。 フレシネ国立公園(Freycinet National Park)は、フレンドリー・ビーチ(Friendly Beaches)、ワイングラス・ベイ、シューテン島(Schouten Island)からなる半島です。

ターコイズ・ブルーの海に囲まれ、見事な曲線を描く純白の砂浜が広がるワイングラス・ベイは、世界で十指に入るビーチとして知られています。

また、グレート・オイスター・ベイ(Great Oyster Bay)に面した半島の西側にあるブライアンズ(Bryans)やクックス(Cooks)にも、誰もいない広々とした美しいビーチとアクアマリン色の浅瀬が広がっています。 フレシネ半島の東側では、海食崖の絶壁、静かな入江、目もくらむような大海原の景色を楽しめます。 半島の北端には、ハザーズ゙岳(The Hazards)と呼ばれるピンク色の見事な花崗岩の丘陵地帯が広がり、半島の南側には無人のシューテン島があります。

ワイングラス・ベイは、コールス・ベイ(Coles Bay)のキャンプ場から歩いてすぐの場所にあります。 ワイングラス・ベイへ行くには、ハザーズ岳を抜け、岩がむきだしになった見晴台へと上り、その後ビーチへと下ります。 フレシネ国立公園の入口からワイングラス・ベイまでは徒歩で約2時間です。

受賞歴のあるフレシネ・エクスペリエンス・ウォーク(Freycinet Experience Walk)の4日間のガイド付きウォークでは、ワイングラス・ベイを含む半島全体を巡ることができます。 フレシネ半島には、タスマニアのアボリジニ、オイスター・ベイ(Oyster Bay)族が、少なくとも2万年前から暮らしていました。 ウォーキング・コースのいくつかは、この地域に最初に住んでいたアボリジニが何千年も前に実際に歩いていた道です。 この楽園を最初に発見したフランス人の冒険家達について学んでみましょう。 シロハラ・ウミワシ、フクロネコ、ワラビー、ウォンバット、タスマニアン・デビルなどの野生生物ウォッチングも楽しめます。

また、遊覧クルーズでは、季節によってはイルカの群れや回遊するクジラの姿を見ることもできます。 4WDでブルーストーン・ベイ(Bluestone Bay)の玉砂利の海岸沿いの道や、忘れられない景色に出会うケープ・トゥアービル灯台(Cape Tourville Lighthouse)へドライブするのもいいでしょう。

また、深海釣り、ロック・クライミング、スキューバ・ダイビング、マウンテン・バイキングなども体験することができます。 遊覧飛行では、上空から壮大なパノラマをお楽しみください。

世界屈指の透明度を誇る海で取れた伊勢エビ、ホタテ、新鮮なカキや、世界的に有名なタスマニアの冷涼性気候ワインを味わってみましょう。

豪華なロッジでくつろぎながら、海の向こうに沈む太陽を眺め、自然の美しさと奥深さを感じてください。

ワイングラス・ベイは、ホバート(Hobart)から北へ車で2時間半、ロンセストン(Launceston)から南へ車で2時間半の距離にあります。

その他のオーストラリア旅行のアイデア