マグネティック島、クイーンズランド州

ホースシュー・ベイ、マグネティック島、クイーンズランド州 © Tourism Queensland

マグネティック島(Magnetic Island)、クイーンズランド州(Queensland)

タウンズビル(Townsville)からフェリーで20分のところにあるマグネティック島では、リラックスした熱帯のライフスタイル、人のいない静かなビーチ、手付かずのままの自然を満喫できます。さまざまな野生動物を観察したり、グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)に足を伸ばすこともできます。日帰り旅行にも長期滞在にもふさわしいこの島に出かけてみましょう。

この島は、世界遺産に登録されたグレート・バリア・リーフ海洋公園(Great Barrier Reef Marine Park)の中にありますが、その風景は、グレート・バリア・リーフ周辺の多くの島で見られる一般的な熱帯雨林の景色とは違っています。

約2億7500万年前、自然の力によって巨岩の数々がそびえ立つ岩の多い地形が形成され、他とは異なる風景が生まれました。 マグネティック島は、北側の湿潤熱帯地域や南側のウィットサンデー島(Whitsunday Island)ほど雨は降りません。 典型的な熱帯乾燥気候で、島の大半はユーカリの森に覆われています。

マグネティック島に数年前から住んでいるのはアボリジニのウルガルカバ(Wulgurukaba)族です。 この一族はこの島を「Yunbenun」と呼んでいました。 さまざまな石器や洞窟に残された壁画から、彼らが古代からこの地に住んでいたことがうかがえます。 マグネティック島の名前は、1770年にジェームズ・クック船長(Captain James Cook)が島の付近を通った際に船の磁気コンパスが狂ってしまったことに由来しています。

マグネティック島の主なエリアは、ホースシュー・ベイ(Horseshoe Bay)、アルカディア・ベイ(Arcadia Bay)、ネリー・ベイ(Nelly Bay)、ピクニック・ベイ(Picnic Bay)、ウェスト・ポイント(West Point)です。

晴天が多く過ごしやすいこの島の気候は1年中安定しており、あらゆるタイプの野外活動や水上スポーツを楽しむことができます。 マグネティック島には有名なダイビング・スポットが数多くあります。HMASヨンガラ(HMAS Yongala)号の沈没地点は、オーストラリアでも有数の沈船ダイビング・スポットであり、世界トップ5にも入る場所です。 島は浅瀬に囲まれ海水も温かいため、ビギナーでも楽しむことができます。 アルマ・ベイ(Alma Bay)、アーサー・ベイ(Arthur Bay)、フローレンス・ベイ(Florence Bay)のビーチでは、シュノーケリングで遊べます。 この島は、ゲーム・フィッシングのポイントとしても知られています。 釣り船をチャーターしたり、釣り道具をレンタルして、ウェスト・ポイントやピクニック・ベイの桟橋から釣りを楽しんだりすることができます。

マグネティック島国立公園(Magnetic Island National Park)は島の半分以上の面積を占め、全長約24kmのウォーキング・コースが完備されています。 中央には島で一番高い場所マウント・クック(Mount Cook)がそびえています。 この島は、オーストラリア固有の野鳥や野生動物の宝庫です。 夏は、ウミガメが砂浜に巣を作り産卵する姿が見られます。 ガイド付きのシー・カヤック・ツアーでは穏やかな海を探索できます。猛スピードで海を駆け抜けたい人にはジェットスキー・ツアーがお勧めです。

マグネティック島は、オーストラリアの軍事史においても重要な役割を果たしました。 ホースシュー・ベイのフォーツ・ウォーク(Forts Walk)は、島でも人気の高いスポットの1つです。 ウェスト・ポイントからは雄大な夕日を眺めることができます。 ビーチでは乗馬を、ピクニック・ベイのカントリー・クラブ(Country Club)ではゴルフを楽しむことができます。このゴルフ・コースはグレッグ・ノーマン(Greg Norman)が初めてゴルフをしたコースだと言われています。

マグネティック島のパーティにもぜひ参加してみましょう。 毎月フル・ムーン・パーティ(Full Moon Party)が開催され、3000人もの人々が集まって夜明けまでビーチでダンスを楽しみます。

マグネティック島行きのフェリーは、タウンズビルから終日定期便が出ています。カー・フェリーを利用すれば、車で島を探索することもできます。

その他のオーストラリア旅行のアイデア