カカドゥの刻々と変化する自然

カカドゥの刻々と変化する自然

「こんな体験したことある? カカドゥ国立公園、イエロー・ウォーターの日の出。現実を超えた美しさとのどかさ。」

ゲリーはキャンピングツアー会社のガイドをしているので、カカドゥ国立公園(Kakadu National Park)には数え切れないほど行ったことがありました。それでも飛び立つ何百羽ものカササギガンがイエロー・リバー(Yellow River)から飛び立つところを見たのは、それが初めてでした。

「これだからオーストラリアのアウトバックは好きになられずにいられないんですよ。前にも行ったことがあるよ、なんて絶対に言えません。いつ行ってもすばらしい発見がありますから」とゲリーは言います。

ゲリーはイギリスやオランダ、日本、ドイツから来た観光客14人を案内して、夜明け前に寝袋をたたんでイエロー・リバーのクルーズを楽しんでいました。カササギガンが飛び立つところを見たのはその時です。しかし自分が案内したこの早朝のクルーズでは、他にもたくさんの「魔法」のような出来事に遭遇しました。

「どんな旅行にも案内役として参加しようと努めてきました。そして同じ場所でも違った季節に行くと全く異なった表情を見せてくれることは、いつ行っても新鮮な驚きでした」

カカドゥのツアーのもう一つのハイライトは、ウビル・ロック(Ubirr Rock)の上から夕日を眺めたことでした。

「これほど静謐な時間は世界のどこに行っても絶対に味わえません。200人近い人が同じ場所にいて、その感動を共にしました。もっともそこにいた人たちは日が沈むまでの間ほとんど恍惚状態にあり、静かに物思いにふけっていたので、針1本落ちる音がしたとしても耳に入らなかったかもしれません」と本人。

写真を撮った時、ゲリーはシドニーから42日かけて時計回りに国内を一周する旅行の途中でした。一行はメルボルンやグレート・オーシャン・ロード(Great Ocean Road)、アデレードを通って北上し、レッド・センター(Red Centre)を抜けてトップ・エンド(Top End)までやってきました。そしてそこから大陸東海岸へ抜け、グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)やゴールド・コースト(Gold Coast)、バイロン・ベイ(Byron Bay)などの観光地を巡りながら、シドニーに向かいました。

ゲリーは楽しみ満載な今回のオーストラリア旅行で、すばらしい思い出がたくさんできたといいます。「夕暮れ時にスチュアート・ハイウェイ(Stuart Highway)の脇で景色を眺めていたら、ものすごいカミナリが空いちめんを覆いました。シドニーで大晦日に打ち上げられる花火も真っ青のすばらしいショーでした」

ノーザン・テリトリーではワニを眺めながら船でサウス・アリゲーター・リバー(South Alligator River)を下り、リッチフィールド国立公園(Litchfield National Park)にあるフローレンス・フォールズ(Florence Falls)の滝壺で泳ぎ、ダーウィンですばらしい夕日を眺めました。スチュアート・ウェル(Stuart’s Well)のドライブインを兼ねた宿ではディンゴの遠吠えを聞き、テーブルランズ・ハイウェイ(Tablelands Highway)では一面平らで木が1本も生えていない光景にあっけにとられました。また、キングス・キャニオン(Kings Canyon)の絶壁の上も歩き、本人によると「この国随一のハイキングコースだった」ということです。

ゲリーのすばらしい体験談は留まるところを知りません。ケアンズ近郊のタリー・リバー(Tully River)で「ホワイトウォーター・ラフティングをしましたが、これが最高でした」。他にもグレート・ケッペル島(Great Keppel Island)の手つかずの砂浜をハイキングしたこと、「12人の使徒」を空から眺めたこと、リマーカブル山国立公園(Mt Remarkable National Park)で人なつっこいエミューに出会ったことが印象に残っているそうです。

「ツアーガイドなので、オーストラリア中どこへ行っても自分の家のような気がしますが、今回の旅行のおかげで、このすばらしい国をとても誇りに思えるようにもなりました」

ゲリーは今、イギリス出身の夫人とニューキャッスルで暮らしています。夫人と出会ったのは自分が案内したツアーでのことです。週末は2人でよくオーストラリア東部の色々な場所を旅行しますが、ゲリーはもっと長い時間をかけて西オーストラリア州北西部を旅してみたいと思っています。

「ブルーム(Broome)やカルバリ(Kalbarri)、モンキー・マイア(Monkey Mia)、パヌルル国立公園(バングル・バングル)(Purnululu National Park (Bungle Bungles))、カリジニ国立公園(Karijini National Park)に行ってみたいですね。あと妻を連れてウルル(Uluru)やキングス・キャニオン、カカドゥにも行ってみたいです」



他の「イチオシ体験」を表示

自然を愛する人々の町、キャンベラ
ゴールド・コーストで過ごした夢のような休暇
ホバートのハネムーン - どこへ行っても日帰り圏内
カリジニは地質学の別天地
パースからピナクルズへ
世界遺産オペラハウスで眺める朝日
オーストラリアの冒険旅行 - レッド・センターからタスマニアまで
家族で楽しんだマーガレット・リバー
カカドゥの刻々と変化する自然

タンガルーマ、モートン島
タスマン国立公園
キンバリー、オーストラリアの感動的な思い出
バレー・オブ・ザ・ジャイアンツ
感動の連続、オーストラリア・ワーキングホリデー体験
タスマニア旅行の思い出
グレート・オーシャン・ロード沿道の楽しみ
ウェーブ・ロック、西オーストラリア州にある不思議な岩

その他の観光情報