タスマニア州の手付かずの自然

ハザーズ(Hazards)、フレシネ国立公園(Freycinet National Park)、タスマニア州。 © Tourism Tasmania

タスマニア州の大自然

世界遺産に登録されているタスマニア州の美しい原生地域や国立公園に足を踏み入れてみましょう。 ホバートからブルーニー島に渡って野生の生態を体験し、トレイルをウォーキング。イースト・コースト・エスケープをドライブして、フレシネ国立公園内のワイングラス・ベイに行ってみましょう。 ロンセストンは、クレイドル・マウンテン-セント・クレア湖国立公園内を通るオーバーランド・トラックの基点であり、ウェスト・コーストの自然のままの河川や急流を巡る拠点です。

フレシネ国立公園とワイングラス・ベイ
フレシネ国立公園とワイングラス・ベイ

1. フレシネ国立公園とワイングラス・ベイ

フレシネ国立公園(Freycinet National Park)の入り口、のどかな雰囲気のコールズ・ベイ(Coles Bay)に宿をとり、ワイングラス・ベイ(Wineglass Bay)まで歩いてみましょう。 ワイングラスのような完璧な曲線をカメラに収めたら、スイミング、シュノーケリング、フィッシング、シーカヤックと、美しい砂浜での楽しみは尽きません。 フクロネコ、ワラビー、ウォンバット、シロハラ・ウミワシなどの生き物たちに出会うこともできます。 さらにワイングラス・ベイ(Wineglass Bay)の展望台まで登って息を呑むような景色を眺めましょう。遠くには、ピンクとグレーに輝く花崗岩の岩肌が美しい、ハザーズ山脈(Hazard Ranges)が見えます。 湾内へのクルージング、シーカヤック、驚くほど透き通った海でのスキューバ・ダイビングもおすすめです。

クレイドル・マウンテン - セント・クレア湖国立公園
クレイドル・マウンテン - セント・クレア湖国立公園

2. クレイドル・マウンテン - セント・クレア湖国立公園

ロンセンストンからわずか2時間余りのドライブで、何百万年も昔にタイムスリップしたような大自然に出会ってみませんか?  ダブ湖に沿って歩き、滝を過ぎ、キングビリー・パインの森を抜けていくと、白雲石の荒々しい姿をしたクレイドル・マウンテン(Cradle Mountain)にたどり着きます。   もっと険しいコースをお望みなら、全長80 キロの有名なトレッキング・コースのオーバーランド・トラックに沿って南に向かい、オーストラリアで最も水深のあるセント・クレア湖(Lake St Clair)まで歩いてみましょう。  途中、タスマニア州で最も高いオーサ山(Mount Ossa)の絶景を楽しんだり、6千万年以上前から生き続ける太古のブナの原生種を観察することもできます。  さらに、エンチャンテッド・ウォーク(Enchanted Walk)に沿って、滝のように流れ落ちていく川や古い熱帯雨林の密林のを歩いたり、一日かけて山に登るのもいいでしょう。  この他にも、マウント・キャンベル(Mount Campbell)、ハンソンズ・ピーク(Hanson’s Peak)、ツイステッド・レークス(Twisted Lakes)、ロッドウェイ湖(Lake Rodway)、リラ湖(Lake Lilla)、ボールルーム・フォレスト(Ballroom Forest)など、1時間から5時間ほどで歩けるウォーキング・コースも人気です。

南西部国立公園
南西部国立公園

3. 南西部国立公園

ホバートからドライブして、ペダー湖(Lake Pedder)湖畔の巨大なスコッツ・ピーク・ダム(Scotts Peak Dam)、マウント・アン(Mount Anne)、マウント・エライザ(Mount Eliza)、ウェスタン・アーサーズ(Western Arthurs)といった絶景を見に行きましょう。 あるいは、60万8000ヘクタールにわたる超大陸ゴンドワナ時代の熱帯雨林や低木地帯、珍しいヒューオン・パインなどを上空からの遊覧飛行で眺めるのはいかがですか? ゴードン・ダム(Gordon Dam)の壁の上を歩いたり、ジグザグにアブセイリングで下りていったりすることもできます。 バサースト・ハーバー(Bathurst Harbour)付近では、10月から3月にかけて、絶滅の危機に瀕しているアカハラ・ワカバインコ(Orange-bellied parrot)の姿が見られることもあります。 クリーピー・クローリー・ネイチャー・トレイル(Creepy Crawly Nature Trail)では、コケに覆われた木々の中を、巨大な丸太を踏み越えて進んでいきます。 氷河によって削られて形作られた水深の深いジャッド湖(Lake Judd)では、湖に沿って歩く、丸一日かかるトレッキングに挑戦してはどうでしょう? オーストラリアで最もきついコースは、ポート・ダビー(Port Davey)やサウス・コースト・トラック(South Coast Tracks)から、人里離れたメラルーカ(Melaleuca)へのルートで、このコースには数日を要し、到着後は飛行機でピックアップしてもらう必要があります。 ルシェルシュ・ベイまでカヤックで行くと、密生した森と白い砂浜に囲まれた18世紀のフランス風の庭園にたどり着きます。

マウント・フィールド国立公園
マウント・フィールド国立公園

4. マウント・フィールド国立公園

3つの滝の流れが美しいラッセル・フォールズ(Russell Falls)までは、ホバートからわずか1時間のドライブ。ここでは、深い緑のシダの森と、世界でも最も背の高い木々が見られます。  レディ・バロン・フォールズ・サーキット(Lady Barron Falls Circuit)では、ドブソン湖(Lake Dobson)のほとりを歩き、ヤシの木に似たパンダニの林や、そびえ立つように背の高いユーカリの一種スワンプ・ガムの森を越えていくと、やがてレディ・バロン・フォールズ(Lady Barron Falls)にたどり着きます。  さらにターン・シェルフ(Tarn Shelf)の平原地帯まで上がると、眼下に広がる谷や湖の絶景のパノラマが楽しめます。  秋になる4月から5月にかけては、山々の斜面がオーストラリア唯一の落葉樹ファガス(ブナの一種)の赤や黄色、オレンジの美しい紅葉で彩られます。  6月から8月の冬の間は、スノウ・ガムや小さな松の木の間を縫うように、クロスカントリー・スキー場がオープンします。

フランクリン-ゴードン・ワイルド・リバーズ国立公園
フランクリン-ゴードン・ワイルド・リバーズ国立公園

5. フランクリン-ゴードン・ワイルド・リバーズ国立公園

西海岸の漁村ストローン(Strahan)から、雄大なゴードン川クルーズで、あるいは曲がりくねったライエル・ハイウェイ(Lyell Highway)をドライブ、ドラマチックな景観を楽しみながら行くのもお薦めです。  公園に到着したら、荒々しいフランクリン川でホワイトウォーター・ラフティングに挑戦してみませんか。途中、森に覆われた谷、深い渓谷、氷河によって形作られた山々などの景観が楽しめます。  また、この大自然がダム建設のために壊されてしまうことを、環境保護グループがどうやって食い止めたのか。そんな経緯を学ぶこともできます。  ボートに乗れば、ピクトン川(Picton River)やヒューオン川(Huon River)をホバート付近まで下っていくこともできます。  たっぷりとフランクリン川の景観を眺めたいなら、ドナヒーズ・ルックアウト・ウォーク(Donaghys Lookout Walk)を歩くか、山の頂上まで上るといいでしょう。  フレンチマンズ・キャップ・トラック(Frenchmans Cap Track)は数日かかるレベルの高いコースで、ボタングラスの野原や氷河でできた渓谷、ヒューオン・パインやキングビリー・パインが繁茂する太古の雨林を通っていくトレッキング・ルート。  向かう先に待っているのは、オーストラリアの中でも一、二を争う古さの露出岩、フレンチマンズ・キャップ(Frenchmans Cap)のそびえ立つ頂のふもとにあるタフネ湖(Lake Tahune)です。

地図を使って必見スポットやアクティビティを見つけよう

States
States

その他の観光情報

タスマニア州のウィルダネスに関する詳細

詳細情報、旅行プラン、各種予約については、タスマニア州政府観光局(Tourism Tasmania)の公式ウェブサイトをご覧ください。