キャンベラで過ごす最高の3日間

国会議事堂(Parliament House)、キャンベラ(Canberra)、首都特別地域。 © Tourism Australia

キャンベラで過ごす最高の3日間

オーストラリアの政治と行政の中心地キャンベラで、オーストラリアの歴史と文化を気軽に学びましょう。この広大な計画された人工都市に点在する多数の国家的モニュメントや博物館は、いずれも徒歩で気軽に行き来できる距離にあり、バーリー・グリフィン湖(Lake Burley Griffin)岸から放射状に広がっています。湖の周りを一周しながらオーストラリアの政治史に想いはせた後は、市内に広がる庭園や森林で固有植物を間近に眺めてください。ディクソン(Dickson)やシビック(Civic)マヌカ(Manuka)、キングストン(Kingston)で夕食を楽しみながら、オーストラリアについての新しい発見を語りあいましょう。その後ナマジ国立公園(Namadgi National Park)に行き、ハイキングやサイクリング、乗馬、ロッククライミングを楽しみ、気持のいい道を散策して、この土地に暮らしたアボリジニとヨーロッパ人の歴史をしのんでみてください。

バーリー・グリフィン湖(Lake Burley Griffin)
バーリー・グリフィン湖(Lake Burley Griffin)

1日目:首都の見どころをめぐる

まずはバーリー・グリフィン湖(Lake Burley Griffin)岸で朝食を。ジョギングやサイクリング、セイリングを楽しむ人々や、一生懸命ドラゴンボートを漕ぐ人たちを眺めることができます。この広大な人口湖はキャンベラの中心にあり、国家に関係する観光名所の多くがその周囲にあります。ナショナル・キャピタル・エキシビジョン(National Capital Exhibition)でキャンベラの歴史に関する話を聞いたり、アスペン島(Aspen Island)にあるナショナル・カリヨン(National Carillon)の55個の銅製の鐘が奏でる音に耳を傾けたり、戦争記念館(War Memorial)を訪ねたりしてください。キャピタル・ヒル(Capital Hill)にあるパーラメンタリー・トライアングル(国会議事堂関連の3つの名所)に行き、国会議事堂や旧国会議事堂を見てまわりましょう。オーストラリアにどのようにして政治組織が誕生したのかを学び、傍聴席でオーストラリアの政治家が論戦を交わす討論の様子を見学してください。ナショナル・ポートレイト・ギャラリー(National Portrait Gallery)では有名なオーストラリア人たちの肖像画を鑑賞、国立図書館(National Library)では時間をかけて記録や写真、史実を調べ、国立公文書館(National Archives)ではオーストラリア最初の憲法を読んでみることもできます。最後はシビック(Civic)にあるキャンベラのシアター・センター(Theatre Centre)でオーストラリアの文化を存分に味わって、1日を終えましょう。

国立美術館(National Gallery of Australia)
国立美術館(National Gallery of Australia)

2日目:開拓時代の生活をしのび、芸術や科学を楽しむ

まずはオーストラリア国立植物園(Australian National Botanic Garden)に行きましょう。この植物園を代表する散策コースはタスマニアの雨林に覆われた谷を模したもので、さまざまな固有植物が植えられています。その後、ブラック・マウンテン(Black Mountain)の頂上にあるテルストラ・タワー(Telstra Tower)に登って、コーヒーを飲みながらキャンベラの記念建築や整然とした街路のすばらしい眺めを楽しみましょう。園内のブッシュの中を行くウォーキング・コースを歩くと、現地の動植物や、春から初夏にかけて咲く鮮やかなワイルドフラワーも眺められます。植物園を出たら、ブランデルズ・コテージ(Blundells Cottage)で19世紀の開拓者たちの生活をしのび、オーストラリア国立美術館(National Museum of Australia)の展示を見学してください。それから湖を渡り、家族連れで楽しめるアトラクション、クエスタコン(Questacon)へ。6メートルのフリーフォールに乗って火山の噴火を体験したり、光線を使ってハープを演奏するなど科学的なアトラクションが体験できます。クエスタコンを出て現実感覚が戻ったら、国立美術館(National Gallery of Australia)でオーストラリア美術の最高のコレクションを見て回ってください。夜はシビック(Civic)、キングストン(Kingston)、マヌカ(Manuka)、グリフィス(Griffith)で夕食を楽しんでください。

でナマジ国立公園( Namadgi National Park)
でナマジ国立公園( Namadgi National Park)

3日目:ナマジ国立公園

ドライブでナマジ国立公園( Namadgi National Park)を訪れ、オーストラリア・アルプス(Australian Alps)でブッシュウォーキングやアウトドア・アドベンチャーを楽しみます。スクエア・ロック(Square Rock)のウォーキング・コースを歩き、スノー・ガムやアルパイン・アッシュの森林を探検し、ブールーンバ・ロックス(Booroomba Rocks)までの短い登り道を歩いて、すばらしい景色を眺めてください。本物の自然が味わいたい方は、マウント・フランクリン・ロード(Mt Franklin Road)をたどって、荒々しいビンベリ(Bimberi)原生地を訪れることができます。湿原や林の中にカンガルーやワラビー、アカクサインコ、ノーザン・コロボリー・フロッグがいないか目を凝らしてください。オロラル・バレー(Orroral Valley)にある初期のヨーロッパ人が営んでいた農家を訪ねたり、何千年も前にこの地に暮らしていたアボリジニ・ヌグナワル族(Ngunnawal)の伝説を追ってみるのもいいでしょう。アボリジニたちの野営地の跡や儀式に使った石、岩絵などが、公園内の約400ヵ所に点在しています。防火用路をマウンテンバイクで走ったり、ナショナル・バイセンテニアル・トレイル(National Bicentennial Trail)を乗馬で旅したり、花崗岩の崖でロッククライミングやアブセイリングを楽しんだりしてください。川で釣りをし、冬には坂道でクロスカントリー・スキーを楽しむこともできます。たっぷり歩いた後はキャンプをして夜を過ごすか、キャンベラに戻って宿でくつろぎましょう。

キャンベラ早わかり

キャンベラ早わかり

位置:
オーストラリア首都特別地域(ACT)の北端

必要な日数 :
1日

(基本情報)早わかり:
キャンベラは年間を通じて旅行に適した都市ですが、特に美しいのは春と秋です。

 

その他の観光情報