シドニーで過ごす最高の3日間

ボンダイ・アイスバーグ(Bondi Iceberg)、ボンダイ(Bondi)、ニュー・サウス・ウェールズ州。 © Tourism Australia

シドニーで過ごす最高の3日間

ハーバーやビーチと大都市のにぎわいをあわせ持つ活気にあふれた街、シドニーを探索しましょう。ハーバー・ブリッジ(Harbour Bridge)の上から日の出を眺め、オペラ・ハウス(Opera House)から夕日を見つめてください。ウルムルー(Woolloomooloo)のフィンガー・ワーフ(Finger Wharf)で食事をしたり、再開発の行われたウォルシュ・ベイ(Walsh Bay)で演劇やダンスを見るのもいいでしょう。フェリーに乗ってマンリー(Manly)に行ったり、ボンダイ(Bondi)からブロンテ(Bronte)まで景色のいい海岸の崖の上を散策したり、ワトソンズ・ベイ(Watsons Bay)でシドニー湾を眺めながらビールを飲むこともできます。サリー・ヒルズ(Surry Hills)、キングス・クロス(Kings Cross)、グリーブ(Glebe)、ニュータウン(Newtown)、バルメイン(Balmain)もそれぞれ個性があって楽しい町です。3日目はハンター・バレー(Hunter Valley)でワイナリーやレストラン、デイ・スパに行って過ごしてください。

1日目:シドニー湾周遊
1日目:シドニー湾周遊

1日目:シドニー湾周遊

まずシドニー湾周辺をめぐって、旅行を始めます。シドニーの開拓が始まった場所、ザ・ロックス(The Rocks)の石畳の小道を散策して、週末に開かれるマーケットをひやかしてみてください。ハーバー・ブリッジに登ったり、フェリーに乗って動物園に行ってみるのもいいでしょう。サーキュラー・キー(Circular Quay)をぐるりとまわる途中では隣接する現代美術館(Museum of Contemporary Art)へも行ってみてください。手入れの行き届いた植物園(Botanic Gardens)を通って、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(Art Gallery of NSW)や博物館、マッコーリー・ストリート(Macquarie Street)沿いの史跡をめぐります。ウールームールー・ワーフ(Woolloomooloo Wharf)や、さまざまな国の人たちが集まるポッツ・ポイント(Potts Point)のレストラン街を端から端まで歩いてみるのもいいでしょう。バスに乗ってローズ・ベイ(Rose Bay)まで行き、カヤックを借りて午後のひと時を湾内で過ごすこともできます。さらにワトソンズ・ベイ(Watsons Bay)まで行くと、ビーチ沿いのパブからシドニー湾に沈む夕日を眺めることもできます。夜はダーリング・ハーバー(Darling Harbour)の見どころをめぐってからコックル・ベイ・ワーフ(Cockle Bay Wharf)沿いのレストランで食事をしたり、サリー・ヒルズ(Surry Hills)やキングス・クロス(Kings Cross)のナイトスポットを楽しんだりしてみてください。シドニー最初の夜は、最後にこの街の象徴、オペラハウス(Opera House)で観劇をして過ごしましょう。

バスに乗ってボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)まで行き、海水浴を楽しんだりサーフィンのレッスンを受けたりたりします。もちろん芝生の丘の上から海を眺めるだけでも、すばらしいひと時が過ごせます。裏通りのブティックを見てまわったり、意匠を凝らしたカフェでバックパッカーや流行のファッションで身を固めた人たちの隣に座ってブランチを楽しむこともできます。日曜はボンダイ・ビーチ・マーケット(Bondi Beach Markets)で古着や地元デザイナーがつくった服を選んでみてください。また、疲れたらにぎやかなビーチサイドのカフェで休みながら、タマラマ(Tamarama)からクージー(Coogee)まで、波に洗われた崖の上の遊歩道を歩くのもいいでしょう。あるいはフェリーに乗ってシドニー湾を横切り、大波の打ち寄せる外洋と波静かな湾に挟まれたマンリー(Manly)まで行くこともできます。マンリーからスピット・ブリッジ(Spit Bridge)まで続く景色のいい道を歩いてみるのもお薦めです。   シェリー・ビーチ(Shelley Beach)ではピクニックが、キャベッジ・ツリー・ベイ(Cabbage Tree Bay)ではスキューバ・ダイビングが楽しめるほか、フェアリー・バウアー(Fairy Bower)までのサイクリングをすることもできます。夜はシドニー・シアター・カンパニー(Sydney Theatre Company)やシドニー・ダンス・カンパニー(Sydney Dance Company)、バンガラ・ダンス・カンパニー(Bangarra Dance Company)の拠点になっているウォルシュ・ベイ( Walsh Bay)へ。あるいはグリーブ(Glebe)、ニュータウン(Newtown)、バルメイン(Balmain)にある庶民的なダイニングや気さくなバー、パブに出かけるのもいいでしょう。

3日目:ハンター・バレーへ
3日目:ハンター・バレーへ

3日目:ハンター・バレーへ

レンタカーかバスでハンター・バレー(Hunter Valley)に向かいます。シドニーから北へわずか2時間の場所にあるワインの産地です。サイクリングや馬車ツアーで、120軒あるワイナリーをめぐりましょう。ラブデール(Lovedale)の小規模ワイナリーで地元産の上質なセミヨンを味わったり、ポコルビン(Pokolbin)で手作りチーズとワインの組み合わせを楽しんだりしてみてください。地元産のオリーブオイルを試食したり、クッキングレッスンや、料理とワインのマッチングのセミナーを受けることもできます。あるいはデイ・スパで至福のひと時を過ごしたり、3つあるチャンピオンシップ・ゴルフ・コースに挑戦するのもいいでしょう。乗馬ツアーでなだらかな丘の続くカントリーサイドを探訪したり、熱気球に乗ってブドウ畑を上空から眺めることもできます。さらにイエンゴ国立公園(Yengo National Park)でのブッシュウォーキングや、ミルブロデール(Milbrodale)でのアボリジニの岩絵見学もおすすめです。モーペス(Morpeth)、ウォロンバイ(Wollombi)、ブローク(Broke)などの古い村でギャラリーやアンティーク・ショップ、カフェ、工芸品店を見て歩くこともできます。夜はゲストハウスやB&B、おしゃれなブティックホテルに泊まりましょう。

シドニー早わかり

Sydney

位置:
ニュー・サウス・ウェールズ州の東岸

必要な日数:
最低2日間
旅のベストシーズン:
シドニーは、夏は余り暑くなく冬も涼しいくらいで、通年楽しめます。

 

その他の観光情報