シドニー-メルボルン・海岸線のドライブ(Sydney to Melbourne Coastal Drive)

空から眺めたフィリップ島(Phillip Island)とサン・レモ(San Remo)、ビクトリア州

シドニー-メルボルン・海岸線のドライブ(Sydney to Melbourne Coastal Drive) - 7日間のドライブ

ジャービス・ベイ(Jervis Bay)の白砂のビーチで泳ぎ、パンブラ(Pambula)で獲れたての牡蠣を食べ、エデン(Eden)でホエール・ウォッチングを楽しみましょう。マラクータ(Mallacoot)ではオオワシに餌をやり、クロージンゴロング国立公園(Croajingolong National Park)の貴重な生態系を観察します。広大で静寂なギプスランド湖(Gippsland Lakes)ではボートに乗りましょう。その後、延々と続く90マイル・ビーチ(Ninety Mile Beach)に沿って、ウィルソンズ・プロモントリー国立公園(Wilsons Promontory National Park)内のオーストラリア本土最南端まで歩いてみませんか。フィリップ島(Phillip Island)では、フレンドリーなオットセイと、毎日、日暮れ時になると行列で歩く小さなペンギンたちに出会えます。人気の高いこのドライブ旅行では、のんびりとした海沿いの町や野生動物が豊富な国立公園だけでなく、あなたの足跡しか残らない人里離れた長い砂浜へと足を延ばすことができます。

10.0.34.2_highlight(1)
シドニー~ナウラ

1日目 – シドニー(Sydney)~ナウラ(Nowra)

シドニーから南下してロイヤル国立公園(Royal National Park)を過ぎると、断崖絶壁を縫って走るグランド・パシフィック・ドライブ(Grand Pacific Drive)が始まります。スタンウェル・トップス(Stanwell Tops)に立ち寄れば、スイミングやサーフィン、ピクニックのほか、絶壁の頂上から息を呑むような沿岸の眺めが楽しめます。海上665メートルに架かるドラマチックなシー・クリフ・ブリッジ(Sea Cliff Bridge)を車で渡ると、景色の良いウーロンゴン(Wollongong)市に入ります。イラワラ湖(Lake Illawarra)のシェルハーバー(Shellharbour)か、60メートルも潮水を噴き上げることで有名なカイアマ・ブローホール(Kiama Blowhole)でコーヒー休憩をとるとよいでしょう。緑の生い茂る丘を抜けて進むと、セブン・マイル・ビーチ(Seven Mile Beach)を見晴らす断崖の高台にある、ジェリンゴン(Gerringong)とゲロア(Gerroa)に辿りつきます。さらにドライブを続け、スイミングやサーフィン、ビーチフィッシングで人気のショウルヘブン・ヘッズ(Shoalhaven Heads)に行くか、内陸へ向かえば、由緒ある美しい街ベリー(Berry)のパブで昼食を楽しむことができます。美しい景色を眺めながら少し行くと、アンティークショップやギャラリー、緑の牧草地が広がるカンガルー・バレー(Kangaroo Valley)に出ます。また、沿岸に向かってドライブし、クーランガッタ・エステート(Coolangatta Estate)で受賞歴のあるワインを賞味するのもおすすめです。1日目の終点は、かわいいアンティークショップやカフェのあるナウラです。一夜を過ごす昔ながらのパブを見つけましょう。 

10.0.34.3_highlight(2)
ナウラ~ベイトマンズ・ベイ

2日目 – ナウラ~(Nowra)ベイトマンズ・ベイ(Batemans Bay)

ジャービス・ベイ(Jervis Bay)のハスキッソン(Huskisson)へ向かいます。イルカの群れを横目にクルージングしたり、ハイアムス・ビーチ(Hyams Beach)の世界で有数の白さを誇る砂浜に足を埋めてみませんか。ブーデリー国立公園(Booderee National Park)の砂浜や森では、スイミング、ブッシュウォーキング、バードウォッチングが楽しめます。カラロング(Currarong)に近いハンマーヘッド・ポイント(Hammerhead Point)やカララ(Callala)に近いレッド・ポイント(Red Point)ではピクニックができます。また、深紅のナナクサインコが風景に明るい彩りを加える、グリーン・パッチ(Green Patch)からダイビングするのも爽快です。シーカヤックをレンタルしてハネムーン・ベイ(Honeymoon Bay)周辺を漕いで巡ったり、ボーウェン島(Bowen Island)のおかげで波の静かなマレーズ・ビーチ(Murrays Beach)でスイミングを楽しみましょう。再び車に戻ったら、南下してウラデュラ(Ulladulla)に寄り、港でフィッシュ・アンド・チップスを味わうのもいいものです。北の岬に沿ったワン・トラック・フォー・オール(One Track For All)を歩いて地元のアボリジニの歴史を学んだり、カンガルーの棲むぺブリー・ビーチ(Pebbly Beach)で泳ぎます。また、ムラマラン国立公園(Murramarang National Park)のゴツゴツした海岸線とサウス・デュラス(South Durras)の湖やビーチも経験してみましょう。一日の締めくくりは、活気のあるリゾート、ベイトマンズ・ベイ(Batemans Bay)で。ここからクライド川(Clyde River)をクルーズして、獲れたての牡蠣に舌鼓を打ちましょう。

10.0.34.4_highlight(2)
ベイトマンズ・ベイ~エデン

3日目 – ベイトマンズ・ベイ(Batemans Bay)~エデン(Eden)

モゴ(Mogo)ではブティックを見て回ったり、19世紀に金鉱で栄えた村の生活が体験できます。そして、ナショナルトラストに指定されている美しい村セントラル・ティルバ(Central Tilba)を訪ね、伝統的な職人の技を見学してみましょう。ウンバラ・カルチャー・センター(Umbarra Cultural Centre)に立ち寄り、ブーメランの投げ方を教わったり、4WDツアーに参加して、グレガ(Gulaga)と呼ばれるドロメダリー山(Mt Dromedary)とワラガ湖(Wallaga Lake)も訪ねましょう。ビーチ沿いの道をミモザ・ロックス国立公園(Mimosa Rocks National Park)に向かって進んでいくと、岩礁で水遊びやシュノーケリング、打ち寄せる波でサーフィン、入り組んだ海岸線でトレッキングを楽しめます。内陸部に入り、ベガ(Bega)でチーズを試食したり、パンブラ(Pambula)の有名なカキを味わいましょう。ホエール・ウォッチングの町エデン(Eden)では、5月~11月にかけて優雅なホッキョククジラやザトウクジラの回遊が見られます。ベン・ボイド国立公園(Ben Boyd National Park)のワイルドフラワー、ビーチ、ユーカリを抜けてブッシュウォーキングを楽しんだ後は、ゆっくり休みましょう。

10.0.34.4_highlight(3)
エデン~ バーンズデイル

4日目 – エデン(Eden) ~ バーンズデイル(Bairnsdale)

ビクトリア州との州境を越えて進んでいくと、海岸沿いの小さな町マラクータ(Mallacoota)、そして穏やかに水面の光るマラクータ・インレット(Mallacoota Inlet)の湖に出ます。ボートやカヌーに乗ってジェノア川(Genoa)やワラガロー川(Wallagaraugh)をジプシー・ポイント(Gipsy Point)まで行くと、カンガルーとピクニックしたり、ウミワシに餌をあげることができます。ガボ島(Gabo Island)では、世界最大と言われるコガタペンギンのコロニーを見に行ってみましょう。クロージンゴロング国立公園(Croajingolong National Park)内の世界生物圏保護区(World Biosphere Reserve)に指定されるほど貴重な、この地域の生態系について学んでみましょう。ケープ・コンラン・コースタル・パーク(Cape Conran Coastal Park)まで南下すると、ピクニック気分でランチを楽しめます。ここでは、ヒースの原野、自然のままのビーチ、バンシアの森林などでキャンプすることもできます。またはメタング(Metung)のレイクス・エントランス(Lakes Entrance)まで足を伸ばすと、オーストラリア最大の内陸の水域ギプスランド・レイクス(Gippsland Lakes)でセイリングやクルージングも楽しめます。夜はメタングや、ギプスランド・レイクスとアルパイン地域の分岐点にあるバーンズデイル(Bairnsdale)で宿泊しましょう。

ウィルソンズ岬
ウィルソンズ岬

5日目 – バーンズデイル(Bairnsdale) ~ ウィルソンズ・プロモントリー(Promontory)

プリンセス・ハイウェイ(Princes Highway)を走ってウィルソンズ・プロモントリー国立公園(Wilsons Promontory National Park)に行く途中で、ヤラム(Yarram)に立ち寄ってランチを楽しみます。ノーマン・ベイ(Norman Bay)のタイダル・リバー(Tidal River)でキャビンを予約するかテントを張って、公園内に数多く伸びるウォーキング・コースの散策に出かけましょう。  ヒースの原野、ユーカリの森、熱帯雨林を通るリリー・ピリー・ガリー・ネーチャー・ウォーク(Lilly Pilly Gully Nature Walk)を歩いたり、スクィーキー・ビーチ(Squeaky Beach)の純白の砂浜を見に行くのがお勧めです。オベロン山(Mt Oberon)の頂上では、ビクトリア州で最も美しいパノラマ風景のひとつを楽しめます。また、11個所ある奥地のキャンプ場までハイキングするのもいいでしょう。花崗岩の崖がそびえる海岸でシュノーケリングやダイビングを楽しみながら、ウィルソンズ・プロモントリー国立海洋公園(Wilsons Promontory Marine National Park)の鮮やかな色の魚たちやカラフルな海草を堪能しましょう。夜は、タイダル・リバーや近くの町フォスター(Foster)に宿泊しましょう。

10.0.34.6_highlight(1)
ウィルソンズ・プロモントリ~ フィリップ島

6日目 – ウィルソンズ・プロモントリー(Wilsons Promontory) ~ フィリップ島(Phillip Island

ギャラリー、書店、カフェが建ち並ぶ独特な雰囲気の小さな町フィッシュ・クリーク(Fish Creek)でコーヒー休憩、またはそのまま有名な海岸沿いの町インバーロック(Inverloch)まで移動してランチをとりましょう。フィッシングとペリカンの楽園サン・レモ(San Remo)を通り抜け、橋を渡ってフィリップ島(Phillip Island)まで向かいます。リル(Rhyll)ではコアラや水鳥を自然のままの状態で観察し、サマーランド・ビーチ(Summerland Beach)では夕暮れ時にフェアリー・ペンギンがよちよちと帰巣するのを見てみましょう。別の意味でワイルドなものをお望みなら、フィリップ島のグランプリ・サーキット(Phillips Island Grand Prix Circuit)はいかがでしょうか。ここではオーストラリア・モーターサイクル・グランプリ(Australian Motor Cycle Grand Prix)とV8スーパーカー500(V8 Supercar 500)が開催されています。シール・ロックス(Seal Rocks)ではオーストラリア最大のオットセイのコロニーを、ケープ・ウーラマイ(Cape Woolami)の岩だらけの絶壁では何千羽ものハシボソ・ミズナギドリを見ることができます。宿泊はカウズ(Cowes)または入り江の港町リル(Rhyll)がおすすめです。

メルボルン
フィリップ島~ メルボルン

7日間 – フィリップ島(Phillip Island) ~ メルボルン(Melbourne)

橋を渡ってハイウェイに戻る前に、ぜひカウズの保護センターでコアラを抱いてみましょう。メルボルンへのドライブでは、砂浜が広がる湾岸地帯やサウス・ギップスランド(South Gippsland)のうねるような丘陵地帯を抜ける運転しやすい道路を通っていきます。海岸線をゆっくり楽しみたいなら、ウェスタン・ポート・ベイ(Western Port Bay)をめぐる観光ルートを通ってみましょう。

地図

 

その他の観光情報