アリス・スプリングス(Alice Springs)

アリス・スプリングス(Alice Springs)© Tourism NT

アリス・スプリングスで過ごす最高の3日間

オーストラリア大陸の中心からほんの少し南に位置するアリス・スプリングスで、アボリジニの豊かな伝統、畏敬の念を抱かせる景観、開拓者の歴史と触れ合いましょう。アラルエン文化地区(Araluen Cultural Precinct)や、活気あるアート・シーンを感じるトッド・モール(Todd Mall)で、この地域の先住民である西アレンテ族のアボリジニの人々について学んでください。またテレグラフ・ステーション歴史保護区(Telegraph Station Historical Reserve)、ロイヤル・フライングドクター・サービス(Royal Flying Doctor Service)、スクール・オブ・エアー(School of Air)では、勇気ある開拓者たちがこの現代の町をどのようにして建設したのかを学ぶことができます。キャメル・トレッキングや熱気球でアウトバックの冒険を楽しむのもいいでしょう。最終日には、フィンケ渓谷国立公園(Finke Gorge National Park)の先史時代の景色の中を4WDで駆け抜け、彗星の残した巨大なクレーターを訪れ、アボリジニの有名な画家であるアルバート・ナマジラが育った場所を見学します。 

10.0.40(1)
アリス・スプリングス観光

1 日目: アリス・スプリングス観光

まずアンザック・ヒル(Anzac Hill)の頂上に上り、アリス・スプリングスや遥かな東西マクドネル山脈(MacDonnell Ranges)を見渡します。次にトッド・モール(Todd Mall)沿いにあるにぎやかなカフェで朝食をとり、バスを利用して町の主要な見どころを見て回りましょう。テレグラフ・ステーション歴史保護区ではアリス・スプリングスの発祥の地を見学してください。ここは1872年にイギリスとオーストラリアをつないだ革新的な電信システムの一部です。さらにスクール・オブ・エアーでは、オーストラリア大陸のまん中にある遠隔地の子供たちとの通信による授業に参加。その後、アラルエン文化地区を散策し、オーストラリア中央部の神話や芸術、そして文化について学びんでください。この地区の見どころには、アルバート・ナマジラ・ギャラリー(Albert Namatjira Gallery)やオーストラリア中央部博物館(Museum of Central Australia)、7ヶ所の聖地を通るトゥー・ウイメン・ドリーミング・トラック(Two Women Dreaming Track)などがあります。その後トッド・モールで、アボリジニのアート作品が並ぶ通りを散策。アンザック・ヒルに戻り、心もとろけそうなほど真っ赤に焼けた夕日を眺めてから、町のレストランでブッシュ・タッカー(アボリジニたちの砂漠での食事)を味わってください。

10.0.40(2)
アウトドア・アドベンチャー

2日目: アウトドア・アドベンチャー

水のない砂だらけのトッド川(Todd River)で、早朝のキャメル・トレッキングを楽しみましょう。ここは毎年8月、ヘンリー・オン・トッド(Henley-on-Todd)と呼ばれる一風変わった乾燥した川でのヨットレースが開催される場所でもあります。あるいは、荒々しい山系のマクドネル山脈(McDonnell Ranges)の上空を熱気球で飛び、果てしない砂漠を眺めるのもいいでしょう。その後は、ツーリズム賞の受賞歴もあるアリス・スプリングス・デザート・パーク(Alice Springs Desert Park)で、レッド・センター(Red Centre)に生息する固有の鳥類や動物、生息環境などについて学びましょう。 砂漠のさまざまな生息環境を見学し、自由に飛び交う猛禽類の鳥を眺めたり、アボリジニたちが、どのようにして何千年もの間ここで生き残ってきたのかを学んでください。 さらにロイヤル・フライング・ドクター・サービス(Royal Flying Doctor Service)を訪問。ここではアウトバックで救急医療活動に携わったパイロットたちの感動秘話を聞くことができます。 現実に起こった救急医療事態の話を聞くと、オーストラリアのアウトバックでの孤立した生活の実態がよくわかるはずです。  夕方にはかつて大陸縦断列車「ザ・ガン号」の客車として使われていた車輌で食事を楽しんだり、町に出て大規模なバーベキュー大会に参加してください。

10.0.40(3)
フィンク渓谷国立公園

3日目: フィンケ渓谷国立公園

4WDをレンタルするかツアーに参加して、黄色い大地の広がるフィンケ渓谷国立公園(Finke Gorge National Park)を訪れましょう。干上がったフィンケ川(Finke River)沿いには、先史時代の生き残りの植物であるレッド・キャベジ・パームが立ち並ぶ砂漠のオアシス、パーム・バレー(Palm Valley)が。ここまでドライブします。 これらの木々は、かつてこのレッド・センターと呼ばれるエリアが熱帯林でおおわれていた時代をしのぶ名残りです。  メリーニ・ループ・ロード(Mereenie Loop Road)を走って西に向かい、トノララ(ゴッセ・ブラフ)自然保護区まで行きましょう。ここは100万年以上前に巨大な彗星が落下した場所。西アレンテ族アボリジニには、このクレーターの成り立ちを説明する不思議なドリームタイム(Dreamtime)の物語が伝わっています。反対の方向にあるアリス・スプリングスに向かって走れば、著名なアボリジニの水彩画家、アルバート・ナマジラの出生地として有名なハーマンズバーグ歴史地区(Hermannsburg Historic Precinct)に着きます。修復された19世紀の修道院内に展示されている、ナマジラのオリジナル作品群を鑑賞してください。一日の終わりは、アリス・スプリングスに戻るか、星空の下で寝袋を広げて、一夜を過ごしましょう。  フィンケ渓谷国立公園(Finke Gorge National Park)のパーム・バレー(Palm Valley)周辺にはキャンプ用施設もあります。 

アリス・スプリングズの概要

アリス・スプリングズの概要

位置:
ノーザン・テリトリー(Northern Territory)、ウルルの北西約445km アリス・スプリングズは、オーストラリアの地理的中心地点から約200km南に位置しています。

所要日数:
最低2日間 

ベストな旅行シーズン :
冬季(5月~10月)は、さほど暑くありません。  また冬の夜は、気温が非常に低くなることもあるので要注意です。

 

その他の観光情報